スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロストクロニクル」すごいです

最近アクセス数が増えたと思ったら、ほとんどの方が「ロストクロニクル」の記事を読まれているみたいです。

でも注意して欲しいのですが、私の記事は「攻略」ではなく「プレイ日記」です。
従って、普通に間違えたり悩みながらゲームを進めている(しかもRPGは苦手)ので、この記事を読む事で余計に混乱させてしまうかもしれませんのでご了承下さい。


それにしてもこのゲームは本当に面白いです。
しかも2年以上前の古い機種にも対応しているのが嬉しいところです。

個人的にはアクションRPGじゃない点も気に入っています。
何故か携帯電話のRPGはアクションRPGが多いんですよね。
ナムコでは「ワルキューレの栄光」がそれです。
(イースシリーズも有名ですね)

携帯電話の画面でアクションゲームをするのは疲れるんですよ。
っていうか、RPGの醍醐味である謎解きで悩むのであればまだいいのですが、アクション部分で躓いて先に進めないとか意味不明です。

どっちにしてもRPGは滅多に遊ばないので関係無いのですがね(笑)



※2010/03/24追記
日記の方はもう一年以上前に書いたものですが、今でも沢山の方が「ロストクロニクル」の記事をご覧になっているようです。
改めてこのゲームの人気の高さに驚かされます。
DSやPSPでそのまま発売されてもおかしくない程の完成度を誇る携帯アプリです。
やり込み要素もありますので存分に楽しんで下さい。

え?私ですか!?
もちろん面倒なのでやり込んでません(笑)



スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その28

細い通路を北に向うとペカードとその仲間が待っています。

・ペカード
「神は創造と破壊を繰返してきた。それは無限に続く神の計画。ニルヴァーナは魔王カーマよりも私の方が相応しいでしょう。貴方達に未来はありません。私が倒されニルヴァーナが無くともね・・・魔王カーマを泉に落とせ。」

もはやペカードに逆らえる者は居ないようだ。
魔王カーマが連れてこられて泉に落とされる。

続いて魔王アルタ、ダーマが泉に落ちる。
これらが三位一体となってニルヴァーナの蓋が開き、トリヴァルガーが誕生する。

トリヴァルガーとの戦闘に突入!
主人公は剣の舞Lv1、ダビッド君はライトニングLv3を連発。
サクっと倒しちゃいました。

トリヴァルガー:「私を倒しても状況は変わらぬ。世界は再び神の計画の振り出しに戻ったに過ぎぬ」
モーリア:「神の計画第二章からやり直しです。私もアザトホート様の元に返るとしましょう。あなた方を受入れてくださったツァオバト・・・。いえ、ヴィシュヌ様に感謝するのですな。維持神ヴィシュヌ様はいつでも見守ってくださる」

どいつもこいつも訳の分からぬ事を言う。
はっきり言って聞いてませんから!

主人公は泉に歩いていくとエクスカリバーを掲げ浄化に成功。
王城の魔物は消えました。

王都は時空ごと現実世界に引き戻され、世界は聖なるマナで満たされていきました。
世界は救われたのです。

マジ!?
こんなにあっさり世界を救っちゃったの!?


<<彷徨えるサビドリア>>
■プリシオン砂漠

サイモン老師:「ありがとう若者よ。世界は救われたのじゃな。」
フェルナンド:「よう!覚えてるかい?」
誰だ?

フェルナンド:「ルミノッソ地下遺跡で助けてもらった傭兵だぜ。あんたが世界を救っちまうとはな。」
おい、傭兵。我を崇めよ。


この後、各地を回り皆から祝福を受け、登場キャラの今後の事とかを聞く。
ロード時間が長いので、全部を回るにはかなりの時間を必要とするので面倒です・・・。
でも強制イベントなので回避出来ない・・・。

こうして主人公は真王として即位し、世界は千年前の姿を取り戻します。

-THE END-


どうやら現在の装備のまま2周目をはじめからプレイ出来るようです。
しかも、真のエンディングは2周目をクリアしないと見れないらしい。
面倒くせぇ!


==ロストクロニクル 総評==

携帯アプリとしてはかなりのボリュームでやり応えはあります。
テキスト量が多く、ストーリーも凝っていてなかなか楽しめる作りです。

ゲームシステムもかなり気に入っています。
まず、普通のRPGのようにモンスターを倒して経験値とお金を稼ぐような作りではない点がいいです。
モンスターを倒して得られるのは経験値とアイテムのみ。
お金はギルドで依頼を達成して得るのです。
そもそもモンスターがお金を持ってるはずがないですからね。

また、目的地へはリスト選択方式ですぐに移動出来るのも良いです。
よくあるRPGのように、ワールドマップを船やら気球で行ったり来たりするような面倒な作業が必要が無いので非常にうれしいです。
感覚的には「ファイナルファンタジーⅩ」が近いでしょうか。

セーブも基本的にはどこでも出来るので携帯ゲームとしては合格です。
これにより、ちょっとした空いた時間に気軽にゲームをする事が出来ます。

更にモンスターのデザインが非常に良く出来ています。
こんなにいいと思ったのはRPGではかなり久しぶりです。
FC版「ウィザードリィ」には及びませんが、かなりいい線イってます。

・評価(5点満点):★★★★(4点)

マイナス1点はゲームバランスを崩すほど強力なアイテムが存在している事です。
特に最後のボスキャラが非常に物足りない事になり、クリア時の達成感が薄らいでしまったのが残念です。

また、真のエンディングを見る為に条件をつけるのもマイナス要因です。
昔からよくあったこの2周クリアの手法。
ほんと面倒なんで勘弁して欲しいものです。

でも、全体的には非常に良く出来たゲームでした。
バンダイ・ナムコの携帯アプリに対する力の入れ方がハンパ無い事がこれで分かりますね。
私が唯一、携帯電話でマイメニュー登録しているのが「ナムコ・ゲームス」なのです。
月額315円で数あるゲームを遊び放題なのだからかなりお得感があります。
是非、遊んでみてください。



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その27

<<虚空のディシムラード>>

■シエロの闇
宇宙空間にいるような感じ。
そこに宝箱が点在している。

するとプリムラの声が聞えてきて星が十字となる中心を調べるように言われる。
いわゆるグランドクロスの真ん中という事だろう。

調べてみるとあっさりカッサ門へ行ける。


■カッサ門
どこまで進んでも闇。
どんどん北へ進んでいく。
すると古の王都コロナへの道を阻止すべくリヴァイアサンとの戦闘になる。

まあ、それほど強くは無いのでサクっと倒しましょう。


<<古の王都コロナ>>

■城下町
東西それぞれに門のような入り口があるがここは入る事が出来ない。
十字路を北へ行くと神の吐息が濃くて進めない。
東西へ進むとそれぞれ王都東域と王都西域に行く事が可能。
全く城下町っぽくない。


■王都東域
・石碑
王都とマナの泉は北極星と北斗七星に例えている。

石碑の右下あたりで魔物が待ち構えている。
マナの光で死んだはずの龍、ヴリトラだ。
でも、雷神剣とライトニングであっさり勝ちました。

そのまま南エリアへ。
・石碑
王都は太陽と月と星の信仰である

石碑の南側に魔物が待ち構えている。
またヴリトラだ。
かなりしつこい。

さらに南エリアへ。
・石碑
王都東域は日の出日の入りが早い。
東側に貧しいものが集められた。

えーと。また魔物がいます。
そうです。ヴリトラです。
サクッと倒す。


■王都西域
・石碑
星の誕生の研究について書かれている。
全く興味なし

恒例のヴリトラが待っています。
軽く倒します。

はい、南へ移動。
・石碑
プリンキピア(自然哲学の数学的諸原理)について書かれている。
勿論読み飛ばす。

ヴリトラ?
当然いるので軽くねじ伏せる

南へ移動。
・石碑
西域は日の出、日の入りが遅いので、夜活動する芸術等が住んでいる。

ヴリトラもやっぱりいるので倒す。


城下町に戻って北へ行くと神の吐息が引いてます。
さあ、王城へ行こう!


■王城
北の入り口から城内に入ります。
すると、シャパルロンが待ち構えています。
・シャパルロン
「我らの崇高な計画を止めさせはせぬぞ」

入り口から城内に入ると自動的にシャパルロンとの戦闘へ突入するので、回復等は入り口に入る前に行っておく事。

さて、今回は主人公に「剣の舞」を装備しているので使ってみる。
ダビッド君には「アトムブレイカー」を装備。
うは!剣の舞つえぇぇ!
Lv2なのに6000オーバーのダメージを与える。
逆にアトムブレイカーはLv3で4000オーバーくらいなので微妙かも。

比較的簡単に倒す事が出来ました。

さて、東西に通路があり先に行くと宝箱があるので取り忘れないように。
ちなみに東側には隠し通路があり、そこを行くと「輝くボロ布」(鑑定後「聖蓋布」が手に入ります。ATK、STR、VITが上昇しますが、個人的には「ナーガラジャ法衣」の方がお勧めです。(TPとINTがMAXまで上昇。DEF値もなかなか高い)

北に進むと中庭みたいな場所に出ます。
神殿っぽい作りで石碑もありますが、神代時代よりも前の文字のため読めません。
宝箱を回収しつつさらに北の入り口に入ります。

いよいよこの先にクライマックスが待っています。


テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その26

■浮遊島ラピュータ
あれ?
ミゲルの姿が見えないな。
まぁいいや。

・石碑1
親愛なる息子よ、後は任せたぜ。

ミゲルのペンダントを入手した。

・ミゲル
「こんなでかい大地が空の上にあるなんて信じられねぇな」
ミゲルのペンダントを渡した。

「これは・・・俺が親父に贈ったもの・・・やっぱり親父はここで亡くなってたんだな。ツァオバトの威光が体に毒だって知ってて・・・大悪党が世界を救う・・・これがアンタの生きた証、予見ってやつか?」
独り言ならよそでやってくんな。
こちとら急いでんだ。

「それに引き替え今の俺は・・・」
え~い、うるさい。バッサリ省略(笑)
調査を再開。

それにしても、ここで登場する敵は結構・・・っていうかかなり強い!
ユグドラシルの守護神鳥フレスベルグが雑魚キャラとして登場するほどです。

そんな中でも何とか2Fへ。

・石碑1~2
神代文字よりも古い文字で読めない

はい。3Fへ。

・石碑3
神代文字よりも古い文字で読めない

さて、3Fの中心に行くには見た目に惑わされないように注意しなければなりません。
でもそれとなく石が置いてあるので気付くと思いますがね。
サクッとすり抜けて中心部へ行き、調べてみると魔物が現れます。

はい、きましたハストゥールです。
シャンバラの石碑ではディシムラードに住むって書いてあったが・・・。

ハストゥールはサイクロン等の全体攻撃が強力で、しかもヒールにより999ポイント回復するので例によって長期戦です。
焦らないでじっくり戦うと勝ちました。

やはりツァオバトはおらず、その代わりハストゥールを配したようです。
エクスカリバーを使うか聞かれるので、もちろん「はい」。

無事にマナを正常化し、ラピュータから魔物がきえた。

それじゃミゲルの所にも行ってみるかな。
・ミゲル
「こんなでかい大地が空の上にあるなんて信じられねぇな」
正常化に成功したのにセリフに変化がないとは、お前の方が信じられないな。

アトランティスで待ってるはずのレオンの所にいってみよう。
転送装置に乗ってアトランティスへ・・・と。

・・・。

誰もいねぇ!!(爆)

ワールドマップに戻ってみると虚空のディシムラード地方が追加されました。
いよいよ終盤戦に突入って感じかな!?



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その25

■世界樹ユグドラシル
いつも通り位相結界の術式を使ってマナシールドを突破。
ん!?
ユグドラシルの門番がいないぞ。速攻で中に進入。
どんどん上に登って行く。

6Fまで行くと部屋になっており、複数の人影を確認できる。

・レイヴン
「何しに来た?もしや貴方はペネロペが言っていた・・・。最上階へ行きなさい。そこにアールヴの王、カルメルが居る」

・メルビル
「怪しい奴め。ヴィクトリア様の子孫でなければ射殺してあげたのに」

・メメト
「ようこそ聖域へ」

・カイ
「何事か?」
これはドルアーガの塔のカイか?

・オベリスク
聖母ビクトリアの碑。
ユグドラシルはマナシールドにて守られている。
賢者ヴィクトリアの力の賜物である

さらに上に行く。
やっと屋上。ほんとこういうの面倒だ。

・カルメル
「マナシールドの解放は無理です。えーい、この者達をひっ捕らえよ!」
ほう、この俺にたてつこうと言うのか?
面白い。望むところだ。叩き殺してくれる!

「お待ち下さい!」
何者!?

・大老カラバジオ
「私めでございます」
ちっ、ジジイか。

レイヴン:「このお方は第5代アールヴ王、大老カラバジオ様に在らせられる。控えおろう。」
カルメル:「ひいぃぃぃ!お許し下さい!」
ふん。とんだ茶番だな。

カラバジオ:「わしがエンテンディエンドで隠居している間にオスクロ族をデュエンデ境界へ追放し、オスクロの赤子を迷いの森に捨てるなど、お主の行い我慢出来ん。ドゥヴェルガの紋章を邪悪とおとしめた罪、万死に値する!」
種族間闘争か。面倒だな。
早いところ片付けてくれ。

レイヴン:「偽王カルメルをひったてい!」
むしろお前は何者だ!?

カラバジオ:「実はレイヴンはペネロペの兄だ」
あそ。ありがちな流れだ。

テイラム長老:「貴方のお陰で大老もやっと動いて下さいました。大老宛ての手紙はカルメルの悪行を書いた訴状だったのです」
いつの間にあんたまでここにいたんだ?

カラバジオ:「さあマナシールドの解放を。ユグドラシルの守護神鳥フレスベルグが守っています」
わかってるよ。

魔物が襲ってきた!
さて、こちらの攻撃パターンはいつもの雷神剣と魔法攻撃だ。
数ターンで倒した。フレスベルグあまり強くないぞ。

エクスカリバーを掲げマナを正常に戻す。
はい、おしまい。


次に行く前にアイテムの未鑑定品を調査しておこう。
・輝きを失わない槍:ブリューナク(太陽神ルーの魔槍)
・風のように軽い槍:ゲイボルグ(クーフーリンの魔槍)
・貧乏剣:ティルヴィング(使用者を破滅させる魔剣)
・村雨丸:妖刀村正(使用者を狂気に狩り立てる刀)
・神妙な弓:源頼政の弓(妖怪退治の弓)
・諸刃の枝付き剣:七枝刀(七又の剣)
・先祖代々の鎧:楯無(源氏八領の秘宝)
・黒い雌鳥:カースオブデス
・アルマデル書:サイクロン
・アブラメリン書:ブラックホール
・連射性能強化本:ガトリング(銃の高速連射攻撃)
・剣士究極奥義:斬鉄剣(フェンサー用)
・狩人究極奥義:阿修羅斬(スカウト用)
・魔導師究極奥義:マターブレイカー(メイジ用)
・黒騎士究極奥義:死神剣(ダークナイト用)


次はアトランティスの転送装置からラピュータに行けばいいのか?
レオンの修復作業がどうなったのか見てこよう。


■アトランティス
既に浄化済なので魔物は出てこないはず。
とにかく一番奥の転送装置の所へダッシュ。

レオン:「丁度修復が終った。」
ミゲル:「俺も行くぜ」
主人公:「ツァオバトの威光の中ではアールヴは生きられないはず」
レオン:「大丈夫です。ラピュータから神の吐息が観測されました」

ふむ。既にラピュータはやつらの手に落ちたか。
躊躇せずに真ん中の転送装置で浮遊島ラピュータへ向う!



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。