スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サドンアタック』一周年記念に退会処理!?

ひっそりと始まったこのブログですが、現在もその当時と同じく物静かなブログです。
知る人ぞ知るという感じですが、知る必要は全く無いという(笑)あまり役に立たない内容となっております。

そんな隠者の如きブログが、これまた知らない内に開設一周年を一ヶ月も経過していました(爆)
別に面白い読み物がある訳でもない当ブログに来て下さった方々に、改めて御礼申し上げます。
有難う御座いました。

これからも適当にお付き合いの程、お願い申し上げます。


何となくブログのテンプレートも数日前から変えています。
ブログを開設してずっと同じテンプレだったので、変えてみようとは思っていたのですが、ゲームを題材にしたブログのテンプレートって何が似合うのか悩んでいました。

で、悩むのが面倒なので秋っぽくてシンプルなものにしてみました。
結構気に入っていますが、冬になる頃にはまた変えようと思っています。


さて、秋といえば退会処理ですよね!(意味不明ww)

SAのサブ垢は使っていないので退会処理をしようと思い立ちました。
唐突にそんなことを思ってしまいましたが、使っていないアカウントを残す必要も無いし、ポイントを維持出来ないので武器の購入もままならない状態です。

そこで「え~い面倒だ!退会処理をしてしまえ!」みたいなノリで退会手続きをしました。

正確には「しようと試み」ました。

しかし!
出来なかったのです!

退会時には何故か入会時に設定した「質問」と「答え」が必要なのです。
これって自分のパスワードを忘れた時に使うものだと思っていたので、パスワードは忘れる事も無いという考えからテキトーに入力しました。

従って、そんな質問や答えを聞かれても分かるはずも無いのです。

そういえば会員登録時に運営からメールが来てたはずだから、それを見れば書いてあるかも・・・。
ちょっと期待しつつ会員登録完了メールを確認してみると・・・

書いてねぇ!!(笑)

何故か質問と答えだけはメールに書いてないのです。
つまり、会員登録の時にちゃんと忘れずに覚えておかないと、退会処理は出来なくなるって事です。
何だよ。面倒だなぁ。


そんな訳で、退会処理は行えなかったのでした。


スポンサーサイト

テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『サドンアタック』 おっさんの悩み!?

最近はログインしたら先ずは占領MAPの「ラッシュ」をプレイします。
もちろんクイックで入場します。
ログインしたばかりの慣らし運転には丁度いいMAPです。
入れない場合は「ストームビル」や「シャークテイル」でしょうか。


それにしても、最近は自分の反射神経や動体視力の衰えを痛感しますね。
相手が速いって事もありますが、自分の衰えもあると思います。

例えば置きAIMで、まんまと敵がやって来たのに反応が遅れてしまい、普通の銃撃戦になってしまう事が多くなっています。
昔であれば反応出来る速度だと思うのですが、今はダメになってきましたね。

発見→射撃というプロセスには矢印上に反射という要素があります。
つまり、敵であろうと味方であろうと、動く物に反射して撃っていると思います。

でも自分の場合は、発見→認識→射撃みたいに、反射的な行動ではなく敵を認識してから発砲しているので、再AIMが必要となり結局は敵と同じタイミングで行動している事が多くなり、置きAIMの有効性が全く発揮されない形となってしまいます。

FPSのみならず、ゲーム全般で考えても致命的と言える問題点です。
久しぶりに「グラディウス」をやってみると、一面でゲームオーバーになるほど反射や動体視力、更には判断力までもが衰えています。
残されたゲームはアクション性が低いパズルゲームやAVG、SLGでしょうか。

でもアクションゲームを止めた途端に一気に老いてしまうかも知れないので、止めてしまうのも怖いですね。
やはりのんびり楽しみながら遊ぶのが正解でしょうね。

歳にせいにはしたくないけど、こればかりはどうにもなりませんからねぇ。(苦笑)

テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『ペーパーマン』 最新情報

さて、ガメポに運営が移管されて着々と準備が進んでいる「ペーパーマン」。
ここに来てサイカン時代のIDが引き継がれない事が正式に発表されました。

私のデータも消滅するんですね。
まぁ、あまり遊んでなかったので良いのですが。

その代わり、特典を受ける権利を得る事ができるらしいです。
詳細はこちらで確認して下さい。

一応、運営のお知らせをコピペしておきます。

----------------------------------------------------------------------
■ペーパーマンの再開スケジュールについて
お待たせしておりますペーパーマンのオープンベータテストは12月に再開する予定です。
大変お待たせしておりますが、サービス再開まで今しばらくお待ちください。

●ID移管に関しての変更点について
今まで「ID移管」ということで、キャラクター名を初めとしたゲーム内データの引継ぎに関して尽力してまいりましたが、
ゲームシステムの仕様変更等によりゲームデータを引き継ぐことが困難となりました。
つきましては、株式会社サイカンゲームズ運営時にIDを取得された方には、10月30日より下記の特典をお申し込みいただける権利を
「ID移管」の代わりに付与させていただきます。ご了承ください。

【特典】
・キャラクター名の事前登録が可能。 (11月中旬より事前登録開始)
・オープンベータテスト再開時に限定アバターアイテムをプレゼント。

●今後のスケジュール(2008年10月28日現在)
特典申し込み        :2008年10月30日から
オープンベータテスト  :2008年12月開始予定

今後も詳細なスケジュールに関しましては随時公式サイトにて告知してまいります。
また、運営ブログでも開発状況や新要素を随時公開いたしますので、是非ご覧ください。
----------------------------------------------------------------------

うーむ。
限定アバターってところがガメポらしい特典ですね(笑)


テーマ : 無料オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

『OPERATION7』 戦闘その2

OP7プレイ中の説明の続きです。

次はレーダーについてです。
実はこのレーダーにはソナーが付いていて、敵が発砲をした場合、ある一定時間だけ敵の位置を赤色で表示するのです。

これがまた絶妙なシステムで、発砲しなければ相手のレーダーにはこちらの位置は表示されないので、敵に気付かれずに裏取りするのも可能です。
しかし、発砲してしまうとたちまち相手にその存在がバレてしまうので、裏を取ったとしても発砲にはリスクが発生するのです。

もしも位置がバレると、姿が見えなくてもレーダー射撃をして来るので(特に草原では)非常に危険です。
このかけ引きというか緊張感がこのゲームをより面白くしているんでしょうね。


あと、相手の名前は一切表示されないのもこのゲームの特徴でしょうか。
味方は名前が常に表示されていますが、敵は照準を合わせても名前は表示されません。

これにより、迷彩効果やリーンによる覗き見が有効となっているのです。
もしも名前が表示されてしまうと、例えこちらが姿を認識していなくても名前が表示されている箇所を撃てばいいんですからね。
これがまた良い緊張感を演出する事に繋がっているのです。


面白いのは、相手に与えたダメージが視覚的に分かるようになっている点です。
これにより相手のHP残量がある程度判断出来るのです。
もしも討ち漏らしたとしても、相手のHP残量が分かっていればそれ以降の戦い方も変わってきますからね。
特にクラン戦の時には、この情報は有効となるでしょうね。

ただし、問題なのは名前が表示されない点です。
誰にダメージを与えたのかが分からないのです。

このゲームは、これらの紹介した要素が絶妙なバランスで成り立っているので、非常に面白いゲームになっているのです。
特にSAやSFに飽きた人や、CODシリーズが好きだがもっとライトな感覚で遊びたい人等には丁度いい仕上がりだと思います。

AVAが正式オープンしたので、基本プレイ無料のオンラインFPSの分野は生き残りを賭けて更に激しいせめぎ合いとなりそうです。
12月には「ペーパーマン」もやってきますからねぇ。

OP7はユーザーへのアプローチの方法は間違っていないと思うので、もっと面白いMAPが実装されれば人気が出ると思うんですがね・・・。

テーマ : OPERATION7
ジャンル : オンラインゲーム

『サドンアタック』 TAVOR実装!

さて、SAに新武器が実装されました。
「TAVOR」です。

SA_TAVOR

FAMASやステアーAUG(SAではUAR)と同じブルパップ方式を採用したARです。

実際に使ってみた感想は・・・
「FAMASとM4A1を足して2で割った感じ」です。
この表現は良く耳にする表現方法ですが、実際に使ってみると本当にそんな感じです。

連射速度はFAMASに次いで実装されているARの中では2番目に速いです。
また、反動もK1とM4に次いで3番目に少ないARとなっているので、フルオート好きにはたまらない銃でしょうね。

確かに使いやすいです。
でも・・・何か物足りない!

敵に弾を当てた感が少ないというか、連射してたら相手が死んでいたっていうか、どうも全てにおいて「軽い」感覚がします。
個人的には連射中は「P90」に近い感覚です。

連射速度が速いので調子に乗ってフルオートすると、あっという間に撃ち尽くしますので注意が必要です。
そういった意味ではFAMAS使いの人が乗り換えるとあまり違和感が無いかもです。
残弾数管理も慣れているでしょうからね。

装弾数では(30発なので)FAMASよりも勝り、連射速度ではM4A1よりも勝るこの銃は、十分メイン武器として考えられるARと言えます。

まぁ、個人的にはAK-47を使用しますがね。



テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『ぼくは航空管制官』 東京国際空港<中級>

携帯アプリ版のぼくは航空管制官、略して「ぼく管」。
気が付くと新しいシナリオが追加されていました。
早速ダウンロード。

今回は東京国際空港<中級>です。
つまり羽田空港って事ですね。

この空港は滑走路3本もあるので、かなり多忙な管制が必要になるとヒヤヒヤしていましたが、そこは中級なので2本までしか使用しないようです。
残念!

しかし、国際会議が行われるという設定らしく、各国の首脳がやって来ます。
この人達はすぐに機嫌を損ねるようなので注意しないといけません。

まぁ、あの成田<上級>を制覇した自分にとって、東京国際空港の中級くらい楽にクリアしちゃうよ!?
と、言いながらもうっかり管制ミスしてしまい、何度か激突させてしまいました。

今回のシナリオは着陸のアプローチに入ってから着陸までの時間が、今までのシリーズの中では一番短いので、アプローチ許可を出す暇があまりありません。
従って、管制の優先順位としては着陸を一番上位にする必要があります。

それさえ注意していれば中級なので、比較的楽にSランクを取れると思います。

それにしても、ゲームをダウンロードして40分くらいでSランクを取ってしまうとは・・・。
1シナリオ525円って高い気がするのは自分だけでしょうか?

中級だから比較的簡単だと知りながらダウンロードしたので文句は言いませんがね。


テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『OPERATION7』 戦闘その1

さて、今回はプレイ中の話をしたいと思います。

先ずは「リーン(覗き見)」の話。
CODシリーズで遊んだ事がある人には馴染み深いシステムです。
壁際から頭だけを出して様子を伺う時に使えます。

リーンを使えば頭しか出ていないので被弾箇所が狭く相手は当て難いと思うかもしれません。
でも慣れれば頭しか見えないので狙いを限定し易いので、逆にHSで先に倒される事も多々あるので過信は禁物です。

オブジェクトに隠れる敵を見つけた時、相手がリーンしてくる可能性が高いので、それを見越してAIMしてみると結構HSで倒せるので試してみてはいかが!?

まぁ何であれ、リーンはこっそりスナイプする時には絶大なる威力を発揮する事は確かです。
後は遮蔽物の無い場所での撃ちあいの時もリーンを使う事でHSポイントをずらしている人も見かけます。
これを見たときは「なるほど!」と思いましたね。

問題なのは左右に移動しながらのリーンが操作的に難しい点でしょうか。

デフォルト設定では左右移動はAとDキーです。
リーンはそれぞれQとEキーです。
これを同時押しなんて難しすぎです。
必ず自分に合ったキー設定をすべきだと思います。


次に「全力疾走」です。
いわゆるダッシュですが、ダッシュ用の体力ゲージがありダッシュ中は徐々にゲージが減少し、ダッシュを止めるとゲージは回復します。
基本的には移動はダッシュを使います。
これを使いこなさないとすぐにスナイプされるので使えるようにしましょう。

尚、ダッシュは装備重量が関係してきます。
装備重量が軽い方がダッシュ速度は速く、重ければ遅くなります。
従って、接近戦主体の人は重量にも気を配った方が良いでしょう。

尚、ダッシュ中は攻撃が出来ません。
しかもダッシュから攻撃へ移行するにはタイムラグが発生するので、直ぐに射撃を開始出来ません。

この辺のサジ加減が本当に絶妙なんですよね。
リーンにしてもダッシュにしても、必ず長所と短所が存在しているので、使いこなせば有利なのは間違いないのですが、崩す事もまた可能にしてあるのです。
このバランス調整が非常に良く出来ています。


さて、更に面白いのは「グレネード」です。
特に手投げの場合ですが、距離調整が可能であり、しかも爆発時間の調整も可能なのです。
まぁ、爆発時間の調整が出来るんだったら、距離は常にMAXでもいいんですがね(笑)

爆発時間の調整は本当に便利です。
グレネードを持ち、右クリックでピンを抜きます。
爆発までのカウントダウンが始まるので、好きなタイミングで投げればOKです。

これにより、相手に回避する暇を与えることなく爆殺する事が可能になります。
グレネードのスキルが高い人は、これだけでキル数を伸ばしますからね。
しかも、ベルトの種類によってはグレネードを複数持つ事が可能なので、本当に脅威となります。

しかし、そんなグレネードにもやはり弱点は存在します。
先ずは時間調整中はグレネードを持ったまま数秒間も無防備に近い状態となります。
ここを敵に攻撃されれば死は確実となります。

実は、結構この死に方は多いんです。
リスポーン後にグレネードを投げる人が多いので、突撃型の人はこの瞬間を狙って距離を一気に詰めて苦も無く倒してしまいます。

私が自爆した(チームキル数としてカウントされている)のも、このパターンですね。
グレネードを投げようとしたら敵に攻められ、焦ってグレネードを投げたら距離調整をしておらず自分の足元にぽろり(笑)
見事に自爆してしまいました。
グレネードの使いどころは注意が必要です。


ところでプレイ中のスクリーンショットですが、いくらやっても撮れないんですよね。
ロビーやショップ等では問題無いです。
前は大丈夫だった気がするんですが、メンテ後からダメになったような感じです。
困ってしまいます。



テーマ : OPERATION7
ジャンル : オンラインゲーム

『AVA』 正式サービス開始

さて、ほとんどバグらしいバグも無かったAVA(Alliance of Valiant Arms)のクローズドβテストが10/12に終り、正式サービス待ちとなっていましたが、何と早くもサービス開始となるらしいです。
しかも新MAP2つと新武器やアクセサリーも大量追加となるようで、かなり期待出来そうな感じです。

ゲーム的にはありふれた感じで、オリジナリティに欠ける気がしていましたが、逆に言えば安心して遊べるゲームとも言える訳で、特にSAプレイヤーはかなり違和感無く楽しめる作りだと思います。
(走り撃ちの是非については議論するつもりはありません)

以下に公式アナウンスを貼っておきます。

--------------------------------------------------------------

【「Alliance of Valiant Arms」オープンサービス日程】

2008年10月27日(月)12:00 公式Webページ公開。
2008年10月27日(月)15:00 オープンサービス開始。

※現在公開中のティザーサイトは、
 10月24日(金)10:30から10月27日(月)12:00まで
 メンテナンスを行いますのでクローズいたします。

【次期アップデート情報】

1.護衛マップ「Rising Dust」、殲滅マップ「Chromite」追加。

≪マップ解説≫
■「Rising Dust」
護衛マップである「Rising Dust」はドイツの古都、フランクフルトの
新市街を再現しており、1本の大きな幹線道路を中心に、複雑に
入り組んだ路地や小部屋が散在する市街戦マップとなります。

同じ護衛マップである「Storm Blitz」に比べて、幹線道路を
見渡すことができるビルが多く、スナイパーの活躍が勝敗を
左右する戦場となることでしょう。
上級者向けのマップです。

■「Chromite」
殲滅マップである「Chromite」はNRF軍の前線の補給基地を再現した
マップになります。積み上げられた補給物資や修理中の車両など、
プレイヤーの視界を遮る障害物が多く存在します。
また、階段や2階管制室などが存在し、高低差の激しい作りになって
います。
迅速な索敵と敵の発見が勝敗を分けることになります。
初心者プレイヤー向きです。

2.メイン武器6種、サブ武器1種類、アクセサリ系装備4種追加。

≪メイン武器≫
ポイントマン:「Bizion PP-19」、「Uzi」
ライフルマン:「AK47」、「M4A1」
スナイパー :「SV98」、「MSG90A1」

≪サブ武器≫
Glock21C

≪アクセサリ≫
アクセサリA
メイン武器追加弾装+1
投擲武器追加スロット+1

アクセサリB
メイン武器追加弾装+1
投擲武器追加スロット+1(階級制限)


運営もかなり力が入ってるようなので、ちょっと期待しちゃいますね。

テーマ : A.V.A
ジャンル : オンラインゲーム

『サドンアタック』 FAMASとAXE

さて、いつの間にかKDが52⇒53%になっていました。
普段はあまり気にしていなかったのでクラメンに言われるまで気付きませんでした。

まぁ、どうでもいいんですがね。

それはそうと、また戯れにFAMASを購入してみました。
久しぶりに使うと、強く感じましたね。
連射速度があり、弾が素直に飛ぶので扱いやすかったです。

ただし、連射速度が遅いAKと同じ要領で撃つと、タップ撃ちのつもりでも2発くらい発射しちゃってるので、残弾管理が非常に難しく感じました。


で、更にAXEも何気なく購入。
このナイフを買ったのは、初めて実装された時に試しに使った時以来かもしれません。

使ってみた感想は・・・強い!
もうこの一言ですね。

前にレビューした時に「ナイフ版TRG」とか意味不明な事を言った記憶がありますが、文字通り一撃必殺です。
値段が高いだけありますね。

でもナイフを使わない立ち回りを心掛けてきた自分にとって、AXEはまさに猫に小判です。
ナイフはあくまでも移動用です。
よって、AXEはもう購入しないかもです。

テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『サドンアタック』 クランイイカンジ

最近VCを導入した事もあり、うちのクランも連携を意識した動きをするようになってきました。
当初はトーテムなんてした事がなかったのに、最近では積極的に使っています。
これはすごい進歩ですよ!

確かにまだまだスムーズに動けていないので、もっと練習は必要です。
でも、やろうとしなければ出来ないままだったはずなので、これはかなり良い事です。

こうなってくるとクラン戦が面白くなってきます。
多分、クランとしても一番良い時でしょうね。

メンバーのログイン率が上がり、活気があって、ワイワイVCしながらいろいろな事に挑戦し、実際に成長している事を実感しながらプレイ出来ます。
この時期のクランは本当に楽しいです。
全員が常に前向きな思考となっていて、本当にいい状態です。


ところで「予選AC女DEあり」。
SAではこのルールが定着していますが、これってどこまでが適用されるのでしょうか?

例えば「SOCOM-K」という武器はSAAC時点では実装していなかった武器です。
これを使用しても良いのかがクランによって変わってきます。
頑なに「なし」と言ってくる場合もあります。
まぁ、うちのクランでソコムを使ってる人はいないのでいいんですがね。

それよりも、一番疑問なのは「全体チャット」です。
ACルールでは最初の挨拶以外は全体チャットは使用禁止のはずです。
でも、平気で使っているクランをたまに見かけます。

まぁ相手にしなきゃ良いだけなので、それ程実害は無いのですがやっぱり気になるのです。
正確には「気が散る」のです。
ACルールの時は全体チャットは禁止でお願いしたいですね。


テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

Perfume First Tour『GAME』

当初、発売の予定がなかったFirst Tour「GAME」のLIVE DVDですが、その出来の良さにファンは大満足だったのではないでしょうか?

gameDVD

基本的に全LIVE会場でカメラは回しているとは思いますが、LIVE DVDを発売する目的で回している訳では無いはずなので、凝ったカメラアングルや機材を導入しているはずも無く、カメラの絶対数も少ない中でこれほどの内容のDVDとは、本当にビックリです。

しかも、ラストは噂で聞いていた例のドッキリまで収録されていて、こっちまでもらい泣きしそうになりました(笑)
この映像が見たかったので本当に嬉しいです!

それなのに何この値段。
安すぎだよ!?徳間さん!(笑)

いや~、それにしても、かしゆかの魅力が存分に発揮された内容になってますね。
出だしからサラサラの髪を振り乱す姿を見せられたらノックダウンするのは至極当然です。
それ以降、かしゆかを中心に見る事になるように仕向けられた罠です!(笑)

是非、皆さんもこの罠にかかって欲しいと思います。



テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

『OPERATION7』 みんなでプレイしてみよう!

このゲームの面白い点は、ロビーで他のプレイヤーを確認する事が出来ない点です。
名前さえも表示されません。
従って、友達とロビーで待ち合わせしても、それを確認する事は出来ないのです。

op7_ロビーロビー画面。ここでは他プレイヤーは見ることは出来ません。

これにより、ロビーでの荒し行為が皆無であり、快適に遊ぶことが可能となっています。
他のオンラインゲームで全体チャットがウザイと感じた人は多いと思います。
このゲームではロビーに人がいるのかどうかも分からない状態なので、荒し行為を未然に防いでいると思われます。

では、全く友達を確認出来ないのかと言えば、そうではないようです。
私は未確認ですが、フレンド登録した人やクランメンバーについては、状況がわかるようになっているらしいのです。
これにより、最低限困る事は無いと思われます。

でも、クラン戦の募集とかは大丈夫なのだろうか?
誰もクランサーバーにいないのに対戦相手を募集してるのも微妙じゃないですか。

ちなみにOP7はアビューズ行為に厳しく、MAP研究部屋(交戦禁止部屋)やタイマン部屋(1対1部屋)は禁止しています。
友人にこのゲームを教えてあげようと思い、1対1部屋を作成したとしてもゲームをスタート出来ないようになっているのです。
運営が断固として不正を許さない姿勢が良く分かる部分ですね。


あとこのゲームの売りは何といっても「Weapon Assemble System(WAS)」でしょう。
簡単に言うと武器のカスタマイズです。
銃は6個のパーツに分けられるので、自分に合った改造をする事が出来ます。

op7_武器画面バレルだけでも4種類あります

これが結構良い感じなのです。

私はSMGを使っているのですが、普通SMGは接近戦を主体とした運用が基本である為、精度よりも制御を極めた改造をするようです。
しかし、私はあえて精度にも若干振り分ける事で中距離にも対応した改造にしています。
UMPは25発しかないので、確実に当てたいという思いもありますね。

このように、人によっていろいろな改造が出来るので楽しいです。

しかも、このゲームは射撃訓練所があり、いつでも利用する事が可能です。
新しく銃を買う場合や、改造をする場合でも利用する事が出来るので、試し撃ちをする事で自分に合った改造を確かめながら行う事が出来るのです。
これにより、プレイスタイルの確認や、無駄な買い物をする必要も無くなるのでめちゃくちゃ便利です。

op7_射撃練習場ここで試し撃ちをしながら好みの銃に仕上げます

更にこのゲームで特徴的なのはアバターです。
様々な衣装が用意されており、レゲエファッションから本格的な迷彩効果を狙った衣装まで幅広く用意されています。

特に迷彩効果はMAPや時刻でかなり影響を与えますので、非常に重要な要素だったりします。
例えばギリースーツを着て草原MAPでプレイすると、その迷彩効果により草むらと同化します。
草むらの中で動かずにじっとしていれば、すぐ隣に来ないとわからない程です。

op7_アバターこのギリースーツは草原で大活躍

アバターが単なる着せ替えではなく、戦略的にも重要な要素である事から、その存在価値は他のゲームよりも格段に上であると言えます。


あと、面白いのが各MAPには時刻設定が可能である点です。
朝、昼、夜それぞれで光源処理が違っています。
特に夜は屋外MAPの場合、ナイトビジョンが無ければ視認が困難となります。

これにより、同じMAPでも違った感覚で楽しむことが出来る点が面白いです。


どうですか?
まだゲーム中の説明はほとんどしておらず、本当に大枠部分だけの紹介なのに非常に特徴的である事がわかると思います。

次回はプレイ中の話をしたいと思います。


テーマ : OPERATION7
ジャンル : オンラインゲーム

『サドンアタック』 徹夜はつらいよ

この連休はSA三昧でした。
10/10から10/13のクラン戦の総数は42回です。

平日のクラン戦回数は一日2回のスローペースだったので、恐ろしい程の回数をこなしています。
まぁ、さすがに全てのクラン戦に参加している訳ではないので、実際に私がクラン戦を行った数はもうちょい少ないのですが、それでも3日連続で3時過ぎまでSAをやったので昼夜が逆転してしまい、昨日はなかなか寝付けませんでした。
今はモーレツに眠いです・・・。

私個人としては、あまり回数をやると集中力が低下するので、ボロボロの成績が多かったです。
また、普段から一日中パソコンを使う仕事をしているので、長時間ゲームをすると体も辛くなってきます。
「歳」というキーワードは伏せておきます(笑)

ちなみに42回のクラン戦の3分の2以上は負けてますからね。
ほんと弱小クランですが、いいんです。
これから強くなっていきますから!たぶん(笑)
居心地は非常に良いクランです。

で、この連休は、いろいろ強いクランとも戦ってみました。

特に眠り猫さんとのクラン戦はうちのクランメンバーは非常に勉強になったようです。
戦う前からペアで行動するはずだから注意するように言っていましたが、その連動した動きと常に有利な立場を作り出す動きは参考になりました。

うちは指示を出す人がいないので、どうしても動きがバラバラになっちゃうんですよね。
ちょっと敵を見ただけで「Enemy spotted」「○ Site」を連呼されると、それに惑わされてしまい動きがバラバラになっちゃいますからね。

VCも導入した事だし、そろそろうちのクランも動きとか作戦とかを考える時期に入ってきたかもです。


テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『OPERATION7』

世間では糞MAPが多いと言われている(?)OP7。

個人的に糞MAPと思うのは「BIG BRIDGE」いわゆる「橋」と「3-WAY INTERSECTION」いわゆる「渋谷」、「SNAKE COIL」です。
どれもスナMAP(芋MAP)です。
さらに橋はグレが飛び交うので、さながら雪合戦状態です。
雪合戦は「INDUSTRY TOWN(屋根)」も同様ですね。

ってか、どうもバランスが悪いMAPが多い気がします。
戦い方が「Call of Duty4」に近く、交戦しているっぽさで言うとSAよりも格段に上なのに残念です。


あと、デスマッチ部屋が大多数を占めていて、その他のミッションはほとんど見当たりません。
SFやSAでは爆破部屋が多いので不思議でした。

まぁ、理由は明白で「金稼ぎ」の為らしいです。

このゲームの武器は修理制を採用しています。
プレイしてキルを取るほど武器の耐久度は下がっていきます。
武器の耐久度が下がると排莢不良(ジャム)の確率が上昇し、発射トラブルとなってしまいます。
こうなると一度リロードする事で一時的に復旧する事が可能ですが、再発する可能性があるので修理はこまめに行う必要があります。

この修理費が結構高いのです。
特に高額な銃・パーツで構成されている場合、その金額に比例して修理費も高くなります。
従って、この修理費を稼ぎ、さらにGoldをプラスにするには「デスマッチ50キル部屋」が一番効率が良いのです。

例えば、INDUSTRY TOWNでデスマッチ50キル部屋と100キル部屋では、プレイ終了後に貰えるGoldはほとんど同じです。
つまり50キル部屋の方が短い時間で回せる為、効率的に稼ぐ事が可能なのです。

しかし自チームが敗北した場合、勝利したチームの約半額くらいのGoldしか貰えないので、やるからには勝利しなければ赤字になるようです。
でも、それほど勝ちにこだわらなくても普通にプレイしていればGoldは増えると思いますがね。
みんなは早くいろいろな武器を購入したいようです。

さて、次回からはOP7の良い点やプレイ日記的なものを書こうかと思っています。
実はここ最近では一番気に入っているゲームがこのOP7なのです。

たしかにMAPが微妙だったり、ラグがあったりしますが、この面白さは他の無料オンラインFPSではなかなか味わう事が出来ないと思います。
今後はそんな面白い点を紹介していければと思っています。

では、最後に私の個人データを晒してみます。
これでやり込んでいる事が多少はわかってもらえるかな?

op7_成績
ニックネームはSFでも使用している「消灯」。特に意味はありません。
レベルは9になったばかり。
チームキルが4回ありますが、実際に味方をキルしたのは1回だけです。
残りの3回は自爆です(笑)
どうして自爆なのにチームキルにカウントされるんだろう?
KDはまぁ普通でしょうか。


続いて武器データ。

op7_武器
SMGであるUMPにロングバレルをつけて多少精度を上げています。
これにダットサイトをつける事で中距離でも安定してHSを出せるようになりました。
あとのパーツは全て制御が高くなるような装備にしています。
この銃は弾数が25発なので弾切れには注意が必要です。

テーマ : OPERATION7
ジャンル : オンラインゲーム

『A.V.A』に手を出してしまった

正式名称は「Aliance of Valiant Arms」です。
長くて覚えにくいです(笑)

さて、クローズドβテストに応募するのを忘れたのですが、友達紹介制度で見事に参加出来ました。

AVAロビー ロビー画面。左のキャラは装備に応じて変化します。

で、やってみた最初の感想は・・・
「あんまり面白くない」
です。

どんなに画面が綺麗でもゲームとしてはそれほど目新しい部分が無く、本腰を入れてプレイするほどでもないと感じました。

そんな中でも「護衛ミッション」はそこそこ面白いです。
まぁ、簡単に言うと戦車を守って制限時間内に目的地まで進撃するゲームです。
もちろん相手側は対戦車ロケットで戦車を破壊して足止めします。

これが結構白熱した展開になり面白いんですよね。
でも一回のプレイ中に攻守入れ替わって戦うのですが、おかげで物凄く時間が掛かります。
気軽にちょっと空いた時間に出来るミッションでは無いので注意が必要です。

AVAゲーム画面戦車を護衛します。武器はM16。

AVA_MP5MP5のダットサイトを覗いたところ。

このミッション以外はあまり面白い感じはしませんでした。

◆ファーストインプレッションのまとめ
武器の改造、ダッシュが出来る、ダットサイトを覗いて射撃出来る等の点でOP7っぽいですが、どれも中途半端な感じがしてOP7の足元には及びません。

また、走りながら射撃しても初弾の精度は高めである事から、ゲーム中の射撃感覚はSAっぽいと感じました。

以上の事から、既に正式サービスしている他FPSの良い所を取ったゲームと言えます。
良い所を取ったのだから面白いはずなのですが、どうも中途半端な感じがして、オリジナリティに欠ける気がするのです。

まだβテストなので、今後の展開に期待したいと思います。
もしかすると化けるかもしれません。


テーマ : A.V.A
ジャンル : オンラインゲーム

『サドンアタック』風邪でやられてます

風邪でノドとアタマが痛くて最悪な体調です。
ホント、ブログの更新どころでは無かったのですが、更新しないとただでさえ閲覧数が少ないのにさらに人がいなくなっちゃうじゃないですか。

まぁ、それもアリかもしれませんね。

ってことで、サドンアタックですが、いよいようちのクランもVCを導入しました!
これで更に連携が取れるはずです!
さあ、クラン戦に行ってみよう!

ちょwww雑談や笑い話ばかりで報告や戦術の話をしてないじゃんwww

確かに異常に盛り上がって面白かったけど、クラン戦に集中出来なくていつも以上に成績悪い結果となりました。
せめて最低限の報告はして欲しいです。

でも、お腹がねじれるほど笑ったなぁ。
これはこれでいい気がしてきた(笑)

でも、やっぱり体調が悪いせいか、頭痛が酷くなってきたのでクラン戦を2回やって落ちました。
あーしんど


テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『サドンアタック』 クラン戦

最近はコンスタントに1日2回ほどクラン戦を行っています。
でも今日は週末なので、多分いつもよりは回数が多くなると思います。

ちょっと前までは2回だと物足りない感じがしてましたが、最近は回数が増えると集中力が落ちて動きが雑になってしまう傾向が強いようです。
まぁ、どちらにしてもnoobですが。


それにしてもうちのクランにはSRが来ないなぁ。
SRを本職にしている人をずっと募集しているんですが、主戦力となるくらいの人は来ません。
来るのはKD40前後の軍曹や伍長くらいの人達。
これなら、正直今SRをやっているメンバーの方が強いです・・・。

自分はSRが肌に合わないと分かったので、落ちていても拾わなくなりました。

では、昨晩のクラン戦の成績でも晒してみますか。
先ずはクラン戦一回目。
SA_1002_1
見事勝利。
特にマスター(成績表の自分の下の人)が良い動きをしていました。
私は地味な感じです(笑)


続いて二回目。
SA_1002_2
勝ちました。
マスターは確変中らしく、いい感じでした。
自分はいつも通り目立たない成績です。
いいんです。クランにはこんな人も必要でしょう!?

ああ、そういえば今日は飲み会だった。
また酔っ払ってクラン戦に出る事になりそうだなぁ。


テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『セガラリーチャンピオンシップ』

セガが「デイトナUSA」の人気に続けとばかりに発表したラリーゲーム。
セガラリー_1

その出来の良さは「ラリーゲームは売れない」という神話を打ち砕き、見事に大ヒットした傑作ゲームとなりました。
しかし、そのヒットはある意味必然と言えるでしょう。

先ず、登場する車が実際のWRCで活躍する実車をそのまま使っている点です。
プレイヤーは「ランチア・デルタ」と「トヨタ・セリカGT-FOUR」から1台を選択してレースを開始します。
どちらもメーカーから許諾を得て、WRCワークスマシンそのままの姿で登場するのです。

それを運転してラリーに出場出来るんですよ!?
ホントに車好きな人には夢のような体験です。

セガラリー_2

しかも、そのマシンの挙動はリアルそのもので、ダートと舗装の摩擦係数が違ったり、路面のわだちや水溜りの抵抗までも感じる事が出来るのです。
これほどまでに実際に運転している感覚をシミュレートしたゲームは過去にはありませんでした。

セガラリー_3

更にラリーを盛り上げる一因として、コ・ドライバーがいる設定があげられます。
カーブが迫ってくると、そのカーブが右なのか、左なのか、緩いのか、キツイのかをしゃべってくれるんです。
自然と気分が盛り上がってきます。

セガラリー_4

また、完全にWRCをシミュレートしている訳ではないのがこのゲームを成功させたポイントでもあります。
WRCはタイム制であり、出走時は一台づつ時間差をつけてスタートします。
つまり、実際のラリーでは複数台がデッドヒートを繰り広げる事は無いのです。

それをあえて他車とデッドヒートを展開するようなゲームにする事で、より一層熱くなることが出来たのです。
この辺のサジ加減が絶妙でしたね。
どこをリアルにして、どこをゲームとして割り切って魅せるのかの調整が完璧です。

勿論、セガサターン版も購入しました。
さすがにグラフィックス的にはアレでしたが、ラリーレースゲームとしては本当に面白く、画面を2分割にした対戦モードがめちゃくちゃアツかったです!

尚、サターン版では隠し要素として「ランチア・ストラトス」が登場しました。
このじゃじゃ馬を乗りこなすのが男です!(笑)

いや~記事を書いていたらまた遊びたくなってきたなぁ。
GO!GO!セガラリ~♪

テーマ : 懐かしのゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。