スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始の過ごし方!?

2008年最後の書き込みとなります。

皆さんは年末年始はどの様に過ごしますか!?
私は観ていないDVDが結構あるのでのんびり観ようかなと思っています。
その合間に「桃鉄」や「西村京太郎サスペンス2」をまったりやって、みかん食べながらTVみたりします。

「スペシャルフォース」とか「スカっとゴルフパンヤ」とか「ペーパーマン」等、この機会に久しぶりに復帰してみようかと思ったり、全く新しいオンラインゲームを開拓してみるのも良いかもしれません。
それでもRPG系は全く興味が無いので多分あり得ないですがね(笑)

まぁ、結局は「サドンアタック」でわいわいクラメンと騒いでいる可能性が高いです。
なんだかんだ言ってもやっぱり面白いですからね。SAは。

今年1年、私の独り言に付き合って頂き有難う御座いました。



スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

『電車でGO!山手線一周』for S!アプリ

何度か電車でGO!は遊んだ事があるのですが、本格的にやるのは初めてです。
そこで、中央線やら京浜東北線やらある中で、やっぱり駅の数が多い方がお得でしょう、と言う理由から山手線一周となった訳です。
しかし、プレイを始めてちょっと後悔。
やはり中央線(中野~東京間)にしておけば良かった。

各駅停車よりもこの区間の中央線のように快速電車の方が爽快で楽しかったと思う。
そもそも私が東京に住んでいた時は中央線を使っていたので、一番思い出がある路線です。
それなのにどうして中央線を選ばなかったのだろう・・・。
総武線を追い抜いて優越感を得たりしたかったなぁ(笑)


で、ゲームですが、制限速度を守って走り、停止線で止まればいいだけです。
それ以上でも以下でもない、本当に単調なゲームです。
うっかり居眠り運転をしてしまうほど退屈です。

しかも各駅停車なので走り始めたら直ぐに止まるんですよ。
運転中に快速電車の通過待ちがあるとか、スイッチングがあるとか、そんなイベントも特に無く、淡々と走って止まるのを繰返します。

ホントマジで眠くなるので、突発的なイベントが欲しいですね。

例えば飛び込み自殺に遭遇するとか、地震が発生するとか、突風が吹き荒れるとか、爆弾テロが乗車するとか・・・。
うーむ。これだともはや別のゲームだな(笑)

でも走行中に何かもう一つ別の要素が無いと、山手線一周は退屈すぎですね。
景色も変わり映えしないので何とかして欲しいです。
しかも一日で全区間走破しちゃいました。
これで525円は高いと思うのは自分だけでしょうか!?


 個人的な評価(5段階):★★(2点)


テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

クリスマス!?

今年は世界的な不況の煽りを受けてボーナスが寂しい事になった私にとって、そんな西洋かぶれ的なイベントにお金を使う事は出来ないのであります。
むしろ、来年の夏のボーナスがかなり不安なので今から無駄遣いは慎む必要があるのです。

本気で世の中がヤヴァイ状況であるのが肌身に感じますからね。
この不況の中で職を探すのは不可能なので、うちの会社は持ちこたえて欲しいと切に願う今日この頃。

そんな中、現実逃避を兼ねて(笑)サドンアタックにINしてはクラン戦の時にAK47でお手玉に興じている私はどうなんでしょう?
まぁ、どうって事無いのですがね。


さて、年末だと言うのに家族でまた風邪が流行り始めました。
うちの家族は誰か一人が風邪を引くと、間違いなく全員に感染します。

しかも私以外は全員ゼンソク持ちなので、ちょっとした風邪でも油断できません。
正月早々風邪で寝込むのだけは避けなければ!

そんな中、現実逃避を兼ねて(爆)サドンアタックにINしてはクラン戦の時にMGを何度も持ち替えて「うんうん」言わせてる私はどうなんでしょう?



テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『バイオハザード ディジェネレーション』

12/17に発売予定だったDVDですが12/26に変更となりました。

さて、本作品はフルCG長編映像作品なのでゲームじゃありませんが、今まで「バイオシリーズ」は全てプレイしてきた者にとって、映像作品と言えど避けることは出来ないのです。
ましてや、登場人物がレオンとクレアである以上、手にしない訳にはいきません。

でも、予約とかしてまで必死にはならない点が私のいい所(?)です。

そんなに急いで誰よりも早く見る必要性が無いですからね。
自分の時間が空いた時に「見たい」と思えば見ますし、そんな時間を割くのが勿体無いと思えば見ません。

だって90分以上も時間を拘束されるんですよ?
本当に気分が乗った時じゃないと見る気になれません。

従って、急いで購入する必要も無いのでぶっちゃけレンタルDVDで旧作品になってからでも全然OKです。
そのまま見る機会を失って見ていない映画も沢山あったりしますが(笑)


「ファイナルファンタジー」のフルCG長編映像作品がありましたが、ちょっと微妙だったりしたじゃないですか。
あの作品は莫大な制作費を投入したけど、事実上興行収入的には大失敗でした。
ぶっちゃけ、内容的にも面白いとは言えないものでした。

そんな事があったので、今回のバイオにしてもちょっと不安な気もしています。


テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

『STAR BLADE』スターブレード

バンダイ・ナムコの携帯アプリ。
3Dポリゴンのガンシューティングゲームです。

ルールは簡単で、自機の操縦は出来ません。オートパイロットです。
とにかく照準を敵機に合わせて撃ちまくるだけのゲームなのです。

サドンアタック等のFPSで鍛えたAIM力を持ってすれば、こんなゲームサクっと・・・ゲームオーバー(笑)

敵がワンサカ出てくるし、しかも硬い。
そもそも携帯電話で微妙な照準が出来るわけも無く、それはもう悲しい現実ですよ。

敵の出現パターンと攻撃パターンを覚える必要もあるし、そもそも初めてのプレイで良い結果を残せるはずが無いのです。

ゲーム自体は良くて来ていて、宇宙空間・隕石群・建造物の間等バラエティに富んだステージ構成です。
なかなかポリゴン処理も良く出来ています。
メガCDの「シルフィード」並みのグラフィックスです。(言いすぎ?)

画面のエフェクトもかなり凝っていて本当に力作と言える本作品です。

ただ、個人的には携帯電話でシューティングは無理です。
特に911SHは。
そもそもこの頃のシャープ製の携帯は電源キーが右シフトキー(Y!キー)のすぐ下に配置されています。
こんな所に電源キーがあると、うっかり押してしまう事が多々ありイラっとします。

ほんと、つい最近までシャープの携帯は伝統的にこのキー配置でした。
私の記憶では930SHからやっと他社機と同じキー配列になったはずです。

そういう訳で、5段階評価では3.0点くらいです。


テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『サドンアタック』AKノススメ

HSを意識する為にこの一週間はM4A1を使ってました。
おかげさまでクラン戦のHS率が上がりました。
中~近距離ではヘッドしか狙ってません。(まぁ、普通はそういうものなんだろうけど)

では、戦績が良いかと言えばそうではありません。
むしろAKを使っていた時の方が良かったです。

M4A1は連射速度でFAMASに劣り、威力はAKに劣ります。
しかし反動が少ないので扱いやすさでは全ARの中でトップクラスでしょう。

FAMASとM4A1のいいとこ取りのARとしてTAVORがあります。
連射が速くて反動が少ないので扱いやすいARです。
でも威力がM4A1よりも若干低いです。

AK47は非常に重く射撃時の反動も強いARです。
その為、3発目以降は上方向に激しく照準がずれるのでリコイルコントロールが必須となりますが、それにも限界があるくらい当たらないです。
しかも連射速度が遅く、FAMASと比べるとその遅さに驚きます。

ではAK47は使えない銃なのかと言うと、そうではくむしろ一番使える銃なのです。

第一に初弾の精度がめちゃくちゃ高いです。
ほぼ狙った所を撃ち抜きます。
いろいろARは試していますが、やはりAKが一番初弾の精度が高いように感じます。
(スコープ付のARの方が精度が高いのは、まぁ、置いといてw)

第二に連射速度が遅いのが逆にいいのです。
AKは反動がキツイのでそもそも連射は出来ません。
従ってタップ撃ちになるのですが、タップ撃ちに連射速度は関係ありませんし、逆に連射速度が速いとタップがし難いのです。

第三に威力が高いです。
相手のHPが40くらいだと胴体1発で倒せますからね。
これは魅力ですよ。
私がAKを使う最大の理由がこれです。

まぁ、ARは完全に好みの問題だし、自分が気に入った銃を使い続けることで銃の特性に合った戦い方が知らぬ間に出来るようになるはずです。
コロコロ銃を変えずに、しっかりと自分に合ったものを選んで使い続けましょう。
・・・って私が言っても説得力が無いですがね(笑)



テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

ソフトバンクでニコ動

いつの間にかソフトバンク携帯でもニコニコ動画モバイルに対応していました。
ちょっと前に新機種発表会かなんかでニコ動を使っていた気がしますが、その時に対応するようになったのかな?

まぁ、いずれにしても良い事ですね。
試しにチャレンジしてみました。

先ずはユーザー登録。
携帯にメールを送ってもらい、メール本文に書いてあるURLにアクセスして登録処理をします。
PCのユーザーIDをそのまま使えるので結構楽です。

さあ、動画を見ようかな。
どうせならサドンアタックの動画でも見てみよう。

「この動画を再生する」を押してっと・・・。

・・・。

反応なし。
何故だろう?

よく見ると「アプリを起動する」というボタンが。
そうか、動画再生用の携帯アプリをダウンロードしておいて、その携帯アプリで動画を再生するのか。
だとすれば多分「アプリを起動する」を押すと、アプリをダウンロードしていない場合はダウンロード画面に自動的にジャンプするはず。

押してみる。
「携帯動画プレイヤーをダウンロードしますか?」みたいなメッセージがでた。
予想通りの展開。
サクっとダウンロード。

これでニコ動を見るための全ての準備が完了。
2年前の911SHでも問題無く見る事が出来ました。

しかも、思っていた以上に動画が綺麗でビックリ!
コメントもちゃんと読めます。

動画表示サイズがPC版よりも小さく、粗い画質が目立たなくなるので携帯画面の方が画質が良く見えるようです。


テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

『サドンアック』 CWで

ノリが良いクラン様と対戦する時ってホント面白いですよね。
突然「MG vs SG」でクラン戦をする事になり、うちが全員MGで相手が全員SGになりました。

いや~爆笑しながらクラン戦してましたね。
全員でMGを持ってテロ部屋で無意味に「ウンウン」言ってるんですから(笑)

Aラッシュの時の全員で乱射しながら走ってる様子が面白すぎです。
全力疾走なのにMGが重くて走るのが遅い!
しかもガリガリうるさくてVCが聞えない!
全員で乱射してるのに全く当たらない!
でも相手を圧倒する迫力だけは凄まじいです(爆)

あまりにも撃ち過ぎてMGを全弾撃ち尽くすという、どんだけ乱射してんだって感じでした。

その後、ノリで全員SGとナイフのみ、HG・投げ物系無しでクラン戦をしました。
これもなかなか楽しかったです。
SGは連射出来ないので一発で倒す緊張感がいいです。
実はSGってAIM調整や立ち回りの練習になったりするかも!?

さらにノってきたので全員MGでクラン戦をやりました。
敵味方入り乱れての乱戦ぶりに大笑いしてました!

普段AKでタップ撃ちや2点バースト撃ちをしているので、何も考えずに乱射するのが楽しくてしょうがない(笑)
めちゃめちゃストレス解消出来ました。
ホント、抱腹絶倒のクラン戦でした。

うちらに付き合ってくれた相手クラン様、本当に楽しかったです。
有難う御座いました!

これだからSAはやめられないんだよねぇ(笑)


テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『ロストクロニクル』その28

細い通路を北に向うとペカードとその仲間が待っています。

・ペカード
「神は創造と破壊を繰返してきた。それは無限に続く神の計画。ニルヴァーナは魔王カーマよりも私の方が相応しいでしょう。貴方達に未来はありません。私が倒されニルヴァーナが無くともね・・・魔王カーマを泉に落とせ。」

もはやペカードに逆らえる者は居ないようだ。
魔王カーマが連れてこられて泉に落とされる。

続いて魔王アルタ、ダーマが泉に落ちる。
これらが三位一体となってニルヴァーナの蓋が開き、トリヴァルガーが誕生する。

トリヴァルガーとの戦闘に突入!
主人公は剣の舞Lv1、ダビッド君はライトニングLv3を連発。
サクっと倒しちゃいました。

トリヴァルガー:「私を倒しても状況は変わらぬ。世界は再び神の計画の振り出しに戻ったに過ぎぬ」
モーリア:「神の計画第二章からやり直しです。私もアザトホート様の元に返るとしましょう。あなた方を受入れてくださったツァオバト・・・。いえ、ヴィシュヌ様に感謝するのですな。維持神ヴィシュヌ様はいつでも見守ってくださる」

どいつもこいつも訳の分からぬ事を言う。
はっきり言って聞いてませんから!

主人公は泉に歩いていくとエクスカリバーを掲げ浄化に成功。
王城の魔物は消えました。

王都は時空ごと現実世界に引き戻され、世界は聖なるマナで満たされていきました。
世界は救われたのです。

マジ!?
こんなにあっさり世界を救っちゃったの!?


<<彷徨えるサビドリア>>
■プリシオン砂漠

サイモン老師:「ありがとう若者よ。世界は救われたのじゃな。」
フェルナンド:「よう!覚えてるかい?」
誰だ?

フェルナンド:「ルミノッソ地下遺跡で助けてもらった傭兵だぜ。あんたが世界を救っちまうとはな。」
おい、傭兵。我を崇めよ。


この後、各地を回り皆から祝福を受け、登場キャラの今後の事とかを聞く。
ロード時間が長いので、全部を回るにはかなりの時間を必要とするので面倒です・・・。
でも強制イベントなので回避出来ない・・・。

こうして主人公は真王として即位し、世界は千年前の姿を取り戻します。

-THE END-


どうやら現在の装備のまま2周目をはじめからプレイ出来るようです。
しかも、真のエンディングは2周目をクリアしないと見れないらしい。
面倒くせぇ!


==ロストクロニクル 総評==

携帯アプリとしてはかなりのボリュームでやり応えはあります。
テキスト量が多く、ストーリーも凝っていてなかなか楽しめる作りです。

ゲームシステムもかなり気に入っています。
まず、普通のRPGのようにモンスターを倒して経験値とお金を稼ぐような作りではない点がいいです。
モンスターを倒して得られるのは経験値とアイテムのみ。
お金はギルドで依頼を達成して得るのです。
そもそもモンスターがお金を持ってるはずがないですからね。

また、目的地へはリスト選択方式ですぐに移動出来るのも良いです。
よくあるRPGのように、ワールドマップを船やら気球で行ったり来たりするような面倒な作業が必要が無いので非常にうれしいです。
感覚的には「ファイナルファンタジーⅩ」が近いでしょうか。

セーブも基本的にはどこでも出来るので携帯ゲームとしては合格です。
これにより、ちょっとした空いた時間に気軽にゲームをする事が出来ます。

更にモンスターのデザインが非常に良く出来ています。
こんなにいいと思ったのはRPGではかなり久しぶりです。
FC版「ウィザードリィ」には及びませんが、かなりいい線イってます。

・評価(5点満点):★★★★(4点)

マイナス1点はゲームバランスを崩すほど強力なアイテムが存在している事です。
特に最後のボスキャラが非常に物足りない事になり、クリア時の達成感が薄らいでしまったのが残念です。

また、真のエンディングを見る為に条件をつけるのもマイナス要因です。
昔からよくあったこの2周クリアの手法。
ほんと面倒なんで勘弁して欲しいものです。

でも、全体的には非常に良く出来たゲームでした。
バンダイ・ナムコの携帯アプリに対する力の入れ方がハンパ無い事がこれで分かりますね。
私が唯一、携帯電話でマイメニュー登録しているのが「ナムコ・ゲームス」なのです。
月額315円で数あるゲームを遊び放題なのだからかなりお得感があります。
是非、遊んでみてください。



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その27

<<虚空のディシムラード>>

■シエロの闇
宇宙空間にいるような感じ。
そこに宝箱が点在している。

するとプリムラの声が聞えてきて星が十字となる中心を調べるように言われる。
いわゆるグランドクロスの真ん中という事だろう。

調べてみるとあっさりカッサ門へ行ける。


■カッサ門
どこまで進んでも闇。
どんどん北へ進んでいく。
すると古の王都コロナへの道を阻止すべくリヴァイアサンとの戦闘になる。

まあ、それほど強くは無いのでサクっと倒しましょう。


<<古の王都コロナ>>

■城下町
東西それぞれに門のような入り口があるがここは入る事が出来ない。
十字路を北へ行くと神の吐息が濃くて進めない。
東西へ進むとそれぞれ王都東域と王都西域に行く事が可能。
全く城下町っぽくない。


■王都東域
・石碑
王都とマナの泉は北極星と北斗七星に例えている。

石碑の右下あたりで魔物が待ち構えている。
マナの光で死んだはずの龍、ヴリトラだ。
でも、雷神剣とライトニングであっさり勝ちました。

そのまま南エリアへ。
・石碑
王都は太陽と月と星の信仰である

石碑の南側に魔物が待ち構えている。
またヴリトラだ。
かなりしつこい。

さらに南エリアへ。
・石碑
王都東域は日の出日の入りが早い。
東側に貧しいものが集められた。

えーと。また魔物がいます。
そうです。ヴリトラです。
サクッと倒す。


■王都西域
・石碑
星の誕生の研究について書かれている。
全く興味なし

恒例のヴリトラが待っています。
軽く倒します。

はい、南へ移動。
・石碑
プリンキピア(自然哲学の数学的諸原理)について書かれている。
勿論読み飛ばす。

ヴリトラ?
当然いるので軽くねじ伏せる

南へ移動。
・石碑
西域は日の出、日の入りが遅いので、夜活動する芸術等が住んでいる。

ヴリトラもやっぱりいるので倒す。


城下町に戻って北へ行くと神の吐息が引いてます。
さあ、王城へ行こう!


■王城
北の入り口から城内に入ります。
すると、シャパルロンが待ち構えています。
・シャパルロン
「我らの崇高な計画を止めさせはせぬぞ」

入り口から城内に入ると自動的にシャパルロンとの戦闘へ突入するので、回復等は入り口に入る前に行っておく事。

さて、今回は主人公に「剣の舞」を装備しているので使ってみる。
ダビッド君には「アトムブレイカー」を装備。
うは!剣の舞つえぇぇ!
Lv2なのに6000オーバーのダメージを与える。
逆にアトムブレイカーはLv3で4000オーバーくらいなので微妙かも。

比較的簡単に倒す事が出来ました。

さて、東西に通路があり先に行くと宝箱があるので取り忘れないように。
ちなみに東側には隠し通路があり、そこを行くと「輝くボロ布」(鑑定後「聖蓋布」が手に入ります。ATK、STR、VITが上昇しますが、個人的には「ナーガラジャ法衣」の方がお勧めです。(TPとINTがMAXまで上昇。DEF値もなかなか高い)

北に進むと中庭みたいな場所に出ます。
神殿っぽい作りで石碑もありますが、神代時代よりも前の文字のため読めません。
宝箱を回収しつつさらに北の入り口に入ります。

いよいよこの先にクライマックスが待っています。


テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

久しぶりにA.V.Aをやってみた

思った程人が増えていないので驚きました。
もっと人気があると思ってました。

OP7もいまひとつブレイクしないし。
やはりSAの牙城はゆるぎないですね。

SAの良い点は通信方式がP2Pじゃないのでラグによる相打ちが無い事です。
私がSFに見切りをつけた理由でもあります。

さらにPCスペックはそれほど高くなくても遊べるところも人気の一つです。
でも逆に言えばそのせいで親の使っていないPCでINするお子様が増えたんでしょうね。

ん?
そうだ!
A.V.Aの話しだった

えーと、、
護衛マップよりも爆破の方が人気がでてきたようです。

あと、みんな上手くなっていて、全体的にレベルが上がってる気がしました。



『ロストクロニクル』その26

■浮遊島ラピュータ
あれ?
ミゲルの姿が見えないな。
まぁいいや。

・石碑1
親愛なる息子よ、後は任せたぜ。

ミゲルのペンダントを入手した。

・ミゲル
「こんなでかい大地が空の上にあるなんて信じられねぇな」
ミゲルのペンダントを渡した。

「これは・・・俺が親父に贈ったもの・・・やっぱり親父はここで亡くなってたんだな。ツァオバトの威光が体に毒だって知ってて・・・大悪党が世界を救う・・・これがアンタの生きた証、予見ってやつか?」
独り言ならよそでやってくんな。
こちとら急いでんだ。

「それに引き替え今の俺は・・・」
え~い、うるさい。バッサリ省略(笑)
調査を再開。

それにしても、ここで登場する敵は結構・・・っていうかかなり強い!
ユグドラシルの守護神鳥フレスベルグが雑魚キャラとして登場するほどです。

そんな中でも何とか2Fへ。

・石碑1~2
神代文字よりも古い文字で読めない

はい。3Fへ。

・石碑3
神代文字よりも古い文字で読めない

さて、3Fの中心に行くには見た目に惑わされないように注意しなければなりません。
でもそれとなく石が置いてあるので気付くと思いますがね。
サクッとすり抜けて中心部へ行き、調べてみると魔物が現れます。

はい、きましたハストゥールです。
シャンバラの石碑ではディシムラードに住むって書いてあったが・・・。

ハストゥールはサイクロン等の全体攻撃が強力で、しかもヒールにより999ポイント回復するので例によって長期戦です。
焦らないでじっくり戦うと勝ちました。

やはりツァオバトはおらず、その代わりハストゥールを配したようです。
エクスカリバーを使うか聞かれるので、もちろん「はい」。

無事にマナを正常化し、ラピュータから魔物がきえた。

それじゃミゲルの所にも行ってみるかな。
・ミゲル
「こんなでかい大地が空の上にあるなんて信じられねぇな」
正常化に成功したのにセリフに変化がないとは、お前の方が信じられないな。

アトランティスで待ってるはずのレオンの所にいってみよう。
転送装置に乗ってアトランティスへ・・・と。

・・・。

誰もいねぇ!!(爆)

ワールドマップに戻ってみると虚空のディシムラード地方が追加されました。
いよいよ終盤戦に突入って感じかな!?



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その25

■世界樹ユグドラシル
いつも通り位相結界の術式を使ってマナシールドを突破。
ん!?
ユグドラシルの門番がいないぞ。速攻で中に進入。
どんどん上に登って行く。

6Fまで行くと部屋になっており、複数の人影を確認できる。

・レイヴン
「何しに来た?もしや貴方はペネロペが言っていた・・・。最上階へ行きなさい。そこにアールヴの王、カルメルが居る」

・メルビル
「怪しい奴め。ヴィクトリア様の子孫でなければ射殺してあげたのに」

・メメト
「ようこそ聖域へ」

・カイ
「何事か?」
これはドルアーガの塔のカイか?

・オベリスク
聖母ビクトリアの碑。
ユグドラシルはマナシールドにて守られている。
賢者ヴィクトリアの力の賜物である

さらに上に行く。
やっと屋上。ほんとこういうの面倒だ。

・カルメル
「マナシールドの解放は無理です。えーい、この者達をひっ捕らえよ!」
ほう、この俺にたてつこうと言うのか?
面白い。望むところだ。叩き殺してくれる!

「お待ち下さい!」
何者!?

・大老カラバジオ
「私めでございます」
ちっ、ジジイか。

レイヴン:「このお方は第5代アールヴ王、大老カラバジオ様に在らせられる。控えおろう。」
カルメル:「ひいぃぃぃ!お許し下さい!」
ふん。とんだ茶番だな。

カラバジオ:「わしがエンテンディエンドで隠居している間にオスクロ族をデュエンデ境界へ追放し、オスクロの赤子を迷いの森に捨てるなど、お主の行い我慢出来ん。ドゥヴェルガの紋章を邪悪とおとしめた罪、万死に値する!」
種族間闘争か。面倒だな。
早いところ片付けてくれ。

レイヴン:「偽王カルメルをひったてい!」
むしろお前は何者だ!?

カラバジオ:「実はレイヴンはペネロペの兄だ」
あそ。ありがちな流れだ。

テイラム長老:「貴方のお陰で大老もやっと動いて下さいました。大老宛ての手紙はカルメルの悪行を書いた訴状だったのです」
いつの間にあんたまでここにいたんだ?

カラバジオ:「さあマナシールドの解放を。ユグドラシルの守護神鳥フレスベルグが守っています」
わかってるよ。

魔物が襲ってきた!
さて、こちらの攻撃パターンはいつもの雷神剣と魔法攻撃だ。
数ターンで倒した。フレスベルグあまり強くないぞ。

エクスカリバーを掲げマナを正常に戻す。
はい、おしまい。


次に行く前にアイテムの未鑑定品を調査しておこう。
・輝きを失わない槍:ブリューナク(太陽神ルーの魔槍)
・風のように軽い槍:ゲイボルグ(クーフーリンの魔槍)
・貧乏剣:ティルヴィング(使用者を破滅させる魔剣)
・村雨丸:妖刀村正(使用者を狂気に狩り立てる刀)
・神妙な弓:源頼政の弓(妖怪退治の弓)
・諸刃の枝付き剣:七枝刀(七又の剣)
・先祖代々の鎧:楯無(源氏八領の秘宝)
・黒い雌鳥:カースオブデス
・アルマデル書:サイクロン
・アブラメリン書:ブラックホール
・連射性能強化本:ガトリング(銃の高速連射攻撃)
・剣士究極奥義:斬鉄剣(フェンサー用)
・狩人究極奥義:阿修羅斬(スカウト用)
・魔導師究極奥義:マターブレイカー(メイジ用)
・黒騎士究極奥義:死神剣(ダークナイト用)


次はアトランティスの転送装置からラピュータに行けばいいのか?
レオンの修復作業がどうなったのか見てこよう。


■アトランティス
既に浄化済なので魔物は出てこないはず。
とにかく一番奥の転送装置の所へダッシュ。

レオン:「丁度修復が終った。」
ミゲル:「俺も行くぜ」
主人公:「ツァオバトの威光の中ではアールヴは生きられないはず」
レオン:「大丈夫です。ラピュータから神の吐息が観測されました」

ふむ。既にラピュータはやつらの手に落ちたか。
躊躇せずに真ん中の転送装置で浮遊島ラピュータへ向う!



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その24

えーと。
大老カラバジオの情報量が多くて何から着手すればいいのか分からんぞ(笑)
・・・とにかくもうエンテンディエンドには追加依頼が無いのでサビドリアに行ってみる。

すると・・・お、新たな依頼があったぞ。

■プリシオン砂漠
<依頼内容>プリシオン砂漠にてペネロペと合流しオリハルコンを見つけよ
報酬:ヒールオール

スタート地点を東に行くとすぐにレオンとペネロペがいる。

・レオン
「オリハルコン、手に入らないかなぁ・・・」

・ペネロペ
「転送装置を作った民族はラベリント砂漠のオアシスに住んでいた。ラベリント砂漠は迷宮なのでアーカーシアの葉を忘れずに」
ああ、そう言えばラベリント砂漠の向こう側にはピラミッドとオアシスがあるんだったな。

「オアシスまではペットのカエルが向く方向に従って進めば良いナリ」
おいおい、いくらカエルが両生類だからって、水のある方向を常に向いている訳ではないだろう。
まぁ、それしか手が無いのだから仕方ないが。

「それではラベリント砂漠にレッツゴーナリ!」
完全にキテレツ口調になったな。


■ラベリント砂漠
強制的にここに連れてこられた。

・ミゲル
「オリハルコン・・・うーむ・・・」
お前には一切期待してないよ。

さて、砂漠の入り口でマナレーダー改を使うか聞かれるので「いいえ」。

・ペネロペ
「メテオクラッシャーくん。頑張るナリ」
ちなみにメテオクラッシャーとはカエルの名前だ。
なかなかすごい強そうな名前だ。

・カエルくん
「ぷ~い」
どうやら右って言ってるらしい。

右に行ってみる。
画面が切り替わる。
あれ!?
反応がない。

さらに右に行って見る。
やはり反応がない。

もう何回も何回もずーっと右に行き続ける。
何も起こらない。
さすがにおかしいだろう。

一度ワールドマップに戻って再び砂漠に入ってみる。

「メテオクラッシャーくん。頑張るナリ」
「ぷ~い」
やっぱり右って言ってるな。

はっ!!!

も、もしかして!!
自分は主人公がスタート地点で向いている方向(この場合は東)を基点として右って事は南に行くのかと思っていたけど、まさか方向キーの右って事(つまり東)なのかも!?

どうやら正解みたい。
普通、ゲームの世界では上下左右じゃなくて東西南北で表現するのが普通だろう。
紛らわしいなぁ。

その後は言われた通りに方向キーを押す事で無事にオアシスに到着。
ラベリントメモを手に入れた。
オアシスまでの順路が書いてあるメモらしい。
「→・→・↑・↑」か。

さて、オリハルコンを探すか。


■オアシス
・オベリスク
サビドリアの砂漠はドゥヴェルガの呪いによって生まれた。
ドゥヴェルガから生まれたアールヴ達は改心し光を求めた。
しかし闇の神であるドゥヴェルガはそれをよしとしなかった。
光に寝返ったアールヴ達はサビドリアに集められた。
ドゥヴェルガはこの地に呪いをかけた。
「光だけの世界を与えてやる」
こうしてサビドリアは灼熱の土地となった。

はぁ。
最近のオベリスクや石碑、キャラのセリフ、どれも皆テキストが長いよ。
もっと簡潔に表現しようぜ。

で、オアシス周辺を調査したけどオリハルコンは発見出来なかった。

・レオン
「残念です。」

・ミゲル
「やはりオリハルコンは無かったみたいだな」
ほう。貴様何か知ってるようだな。

「まぁそんなに落ち込むなって。ほれっ」
金属片を受け取った。まさか、これは・・・!?

「オリハルコンだ。大盗賊だった親父の形見さ。実は俺もオスクロアールヴさ。ドゥヴェルガの聖痕もある。親父の名はセルバンテス、天下無双の大盗賊さ。」
まぁ、種族には興味がないし、貴様の親父が凶悪な犯罪者って事も分かった。

「アトランティスのオリハルコンを全部盗んでラピュータへ運んだのが最後の仕事だったらしい」
そういえば、アトランティスにそんな碑文が書いてあったな。

「クソ親父の亡骸がラピュータにある。俺も連れて行ってくれ」
やだ。

・レオン
「わかりました。必ず君たちをラピュータに送ります」
オリハルコンをレオンに渡した。

「しばらくしたらアトランティスに来て下さい」
あの転送装置の所に行けばいいんだな。

依頼完了。

これで全地域の調査進度が100%になった。

さて、大老カラバジオの通りに動く時が来たようだ。
まずはユグドラシルのマナの泉を開放しよう。



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その23

エンテンディエンドに戻った。
お。新しい依頼が追加されていた。
ロウランから使者が来てご指名

■隠れ里ロウラン
<依頼内容>隠れ里ロウランへ向え 報酬:ミスリルアーマー

・ブディン
「魔法のお菓子はいかが?デュエンデ境界では魔法が使えないので夜は好きじゃないけど仕方ない」
あっそ。

・ペネロペ
「いらっしゃい」
ミサリコルディアのバンコアレナで会った事があるらしい。

「特使だったのです。ミサリコルディアからつけて行動を観察してました。結果、信頼できる人間と判断し招きました」
あっそ。
時々、「・・・なり」というキテレツ語を話す癖があるっぽい。

・大老カラバジオ
「もう少しで1103歳になります」
また歳の話しか。
こいつらの種族はすぐに歳の話をする。自慢か?

「私は3つの染色体によって生まれた特殊なアールヴなので大老として1000年を生きています」
じゃあ大崩壊を体験してるな?じじい。

「妻と娘を失った・・・辛い出来事でした。幸い今はペネロペが孫代わり。ペネロペはユグドラシルのアールヴの赤ん坊だったが、不吉とされるアザが背中にあります。ドゥヴェルガの名残で聖痕というのだが、これは数千人に一人の遺伝異常です。いや、異常なのは本当はユグドラシルのアールヴですが・・・・」

眠くなってきた。
ペネロペの話はまだ続くのか?爺さんよ。

「このアザのためにペネロペは種族の掟により迷いの森に捨てられました。この子を救ったのがデュエンデ境界のテイラム長老です。彼もまたドゥヴェルガの聖痕を持つ者であり、ロウランで育ったオスクロアールヴ。我らオスクロ族には神の吐息に耐性があり、神の吐息の中でも自由に旅が出来ます。我らの同志は世界各地に碑文を残しています」

あの石碑はオスクロ族によるものなのか。

「ロウランの民は全てオスクロ族。中でもドゥヴェルガの聖痕を持つ者が多いのです。」

俺は違和感は無かったが、主人公はエンテンディエンドにアールヴ族が住んでいる事に矛盾を感じてたらしい。
白マナのアールヴ族が常夜の世界に住んでいるのが不自然だというのか?

ここでやっとテイラム長老から親書を預かっている事を告げる主人公。
遅せーよ。

「ほう。そなたはテイラムの希望であったか。ではそなた達の話を聞こう。」
はぁ!?
ジジイ。お前が話があるから来いって言うから来たんじゃねーか。
それなのに逆に話を聞こうって何だよ!?

「マナの道について聞きたいのですが」
主人公は俺の意思とは関係なく素直にジジイに質問した。

「それではマナの道について話しましょう」
爺さん、偉そうだな。まあいい、続けろ。

「王都を中心に7つのマナの泉が放射線状に並んでいる。このマナの泉を丸く結んだ線を円環のマナと呼び、王都から各マナの泉に伸びる線を収束のマナと呼ぶ。この二つの総称がマナの道。バベルを頂点にアトランティス、シャンバラ、ピラミッド、ユグドラシル、ハイブラシル、ラピュータ」

どうやら神代よりラピュータはレイノにあるっぽい。

「天より降り注ぐツァオバトの威光・・・という一節をご存知ないか?」
知るか!!!

「レイノのファシル洞窟のオベリスクにその様な碑文がありました」
え!?
あったの??主人公、記憶力良すぎだ!

「天城ラピュートスに住む天の威光ツァオバトの神のことです。世界に残された楽園はレイノだけでした。」

このジジイ伊達に1000年以上も生きてないな。

「父や祖父が環状世界を探した旅は無駄だったと!?」
主人公は健気に質問する。

「既に環状世界は神の吐息に侵食されていた。ツァオバトは神代の頃はヒトガタの長で率先して闇を葬っていた。・・・我らからすれば許されざる存在。」
はい。身内の行いは無駄だった事が判明。

「しかしニルヴァーナの時は近づいている。神の計画に則って。ニルヴァーナとは世界を終らせる邪法。星の血統であるマナを停止させ内部から腐らせる。全てのマナが黒マナとなって逆流した時にそれは始まってしまうのです。それを阻止してきたのがツァオバトでした。その威光は強力で光側のアールヴでさえレイノには近づけなかった。ドゥヴェルガの血を分けし者達にはレイノでは生きる事ができない」

もう!話しが長いし複雑だし、何より「ヴ」を使いすぎだって!

「そのツァオバトは今、ペカードに狙われています。ペカードはドゥヴェルガ系譜の中で唯一、神の血を受け継いだ皇子。彼はツァオバトの威光の影響を受けない。そしてグロリア王の体を手に入れシャパルロンとなった魔王アルタ、クレスタ王。彼もまた神の血によって威光を無力化できる存在。」
うーん。なるほど。あの二人はラピュータを狙ってるのか。

「シャパルロンはアリシアの部下ジョバンニだった。その頃からレイノにいたはずなのに威光の影響を受けていないのか?」
つまりグロリア王の体を乗っ取る前なので威光の影響を受けるはずだと。
なかなか主人公も鋭いな。

「魔導で自分の分身となった人間を意のままに操っていたのでしょう。あなた方が直接対面したのはアイスラム大空洞のはず。その時にはアリシアも彼の術中にあったのです。」
おい。ジジイ。
まるでその場にいたかのように詳しく知ってるな。

「私は話してるはいての事を自然体のまま予見出来るのです」
でた。テイラム長老も言ってた予見。

「今からではラピュータを救う事は難しいようです。闇聖剣ダインスレイヴを手にしたペカードは天城ラピュートスへ向った。ダインスレイヴはツァオバトの光の守りを切り裂く事の出来る唯一の剣。魔物を使って空から天城を攻めるでしょう。しかし我らにはラピュータへ行く手立ても無い。レオンが転送装置を作り上げるには時間がかかる」

考えてみればこんなセリフをいちいち書いていてはきりが無いな。
バッサリ省略すべきか!?

「まずはラピュータ以外のマナの泉を復活させ、転送装置が完成したらラピュータへ向え。ユグドラシルのマナの泉も解放しなければならない。ツァオバトがいなくなればレイノは楽園ではなくなる。幸いラピュータは海上にあり海流と陸風のおかげでラピュータからの神の吐息がレイノに届くには時間が掛かる。レイノのマナの泉は敵の手に落ちるがもう一度奪還し、外なるマナの道を復活させるのです。そうすれば収束のマナの力で聖域メネトンが作られ、その聖域の中に『虚空のディシムラード』が姿を現す。魔界となった『古の王都』への道が開かれる。そこにはシエロという異空間が広がっているが迷わず進みなさい。やがてカッサ門という魔界の門が現れます。王都はその先にある。元老院に最後のマナの泉はある。」

重要なことを言ってるんだと思うが長いよ!
覚えられるか!
バッサリ省略出来ないだろう!

「クレスタ王は魔導に堕ち魔王カーマとなった。彼らを止めるのは真王たる貴方の役目。グズグズしてる暇はありません。神の計画・・・ニルヴァーナを阻止するのです!」

おいおい、だったらもっと早く教えてくれよ。
ギリギリになってから言う事じゃないだろ!?
物事にはリスクマネージメントというものがあってだな・・・!

依頼完了。ギルドに戻ります。

・・・。



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その22

<<常夜のエンテンディエンド>>

■デサイム樹海
<依頼内容>デサイム樹海を調査せよ 報酬:5000d

敵を10体倒す必要がある

・石碑1
デサイムの森は死霊で溢れる森。
かつてはドゥヴェルガの住む深い森であったがヒトガタによって焼き払われた。
ドゥヴェルガの魂は今もこの森を彷徨い続けている。

依頼完了。


■ルナ砂漠
<依頼内容>ルナ砂漠を調査せよ 報酬:3000d

敵を10体倒す必要がある。

この景色はサビドリアのノボルバ郷でみたものと同じだ。
街があったように見えるが廃墟と化している。

・石碑1
ルナ砂漠は神の吐息の闇に包まれたはずだが闇の空に月が顔を覗かせている。
あれは月なのか、それともルナという月の魔物か。

依頼完了。


■アゴビアド岩盤
<依頼内容>アゴビアド岩盤を調査せよ 報酬:3000d

敵を10体倒す必要がある。

・オベリスク
ここは黒マナと白マナが反発して巨大な竜巻が生まれる場所。
この地のマナは世界で最も濃度が高いと言われている。
下層に白マナが入り込み上空は闇のドームが作られる。
この事から白マナの方が比重が高く、黒マナと白マナは混ざり合わない事がわかる。
黒マナのドームによって空は光を失い、エンテンディエンドは常夜の国と呼ばれるようになった。

・・・長いって。
もっと簡潔にまとめられないのか?

東に進むと隠れ里ロウランの入り口を発見。
しかし、街らしきものが見あたりません。
何かしらの結界が張られているようです。

依頼完了。


さあ、ギルドに戻って隠れ里ロウランの依頼を・・・って、何だ。
依頼されないのか。
でもワールドマップにもロウランを選択する事ができない。
結界の影響なのか?

あれ?この後どうすんの!?

試しにサビドリアのギルドに行ってみる。
特に何も無いようだ。

うーん。
あと調査進度が100%じゃないのはグロリアだけ。
ちょっとグロリアのギルドを覗いてこよう。

すると、ありました!
新たな依頼がっ!


<<夜明けのグロリア>>

■イメンス神殿
<依頼内容>謎の男がイメンス神殿に向った!アリシアに合流せよ
報酬:3000d

神殿には3人の人影があり、何やら話をしている。

モーリア :「ジョバンニ様、グロリアの体の具合はどうでしょう」
ジョバンニ:「その名は口にするな。私は破壊王シャパルロンとして生まれ変わったのだ」
モーリア :「戴冠の儀式でエクスカリバーを手に出来ないとは誤算でした」
ジョバンニ:「まあ良い。一度神聖剣を手にした肉体が混じっていては手に入らぬは予想通り」
モーリア :「神聖剣は一度主人公に引き継がれても、次の者が戴冠の儀式を行った時点で主人公の手から離れます。さすれば我らの障害は無くなったも同然」
ペカード :「それで私にその剣をとらせようと?」
モーリア :「その通りです。ダーマ様」
ペカード :「分かりました。儀式を行いましょう」

なるほど、あの王族と魔族の両方の血を持つペカードに戴冠の儀式をさせエクスカリバーを入手しようと企んでいるのか。
それにしてもグロリア王の魂を分離させて、その肉体だけを運んでどうするのかと思っていたが、まさかジョバンニがその体を乗っ取るとはな。

アリシア :「そうはさせない!モーリアも裏切り者か!」
モーリア :「聞かれてしまっては仕方ない」
ジョバンニ:「まだ生きていたはな・・・偽王の娘。死へと旅立つ前に言っておこう。お前の父と母を手に掛けたのはこの私だ」
アリシア :「うわぁぁぁぁー!!」

それにしても、このゲームのテキストの量は膨大だな。
携帯アプリも最近は侮れないぞ。
まぁ、テキストの圧縮効率は非常に良いはずだから問題無いか。
・・・と考えていたら主人公が颯爽と現れた。

主人公:「アリシア。大丈夫ですか」
大丈夫じゃないようだ。

主人公:「モーリア、何故ここに居るのです。グロリア王まで・・・」
モーリア:「貴方の時代は終った。真王の証はペカード様に」
シャパルロン:「我が名は魔王アルタ。グロリア王の体を得て無敵の破壊王シャパルロンとなった」

ふむ。つまり化け物度を増したという事か?

シャパルロン:「貴様の相手は私だ」

こうして強制的にシャパルロンとの戦闘へ突入。
こちらは主人公が雷神剣Lv3、ダビッド君がライトニングLv3で攻撃する。
あっさり勝った。

シャパルロン:「なかなかやりおる。ひかせてもらおう」
モーリア:「魔王アルタ様、ペカード様の戴冠の儀式は無事に終わりそうでございます」
主人公:「これまでか」

すると、ペカードは主人公の戴冠の儀式の時とは違う呪文を唱え始めた。

モーリア:「そ、それは闇の・・・いけませぬ、ペカード様。奴らを無効化しなければ!」

ペカードは剣を地に突き刺し大地を共鳴させた。
森からはカラスが飛び立ち空を黒く染めていく・・・。
突き刺した剣は地の中にめり込み、しばらくすると地面が盛り上がり禍々しい黒い霊気をまとった剣が現れる。

ペカード:「ナイアルラトホテップ、お前達外なる神の指図は受けぬ。私は闇皇子、我らの闇聖剣が人間の元にあるなぞ我慢できるものではない。闇聖剣ダインスレイヴは返してもらうぞ。今こそ闇王の復活。ドゥヴェルガの王の帰還。」

ペカードは剣を抜き取った。

モーリア:「いけませぬ、ペカード様。それではニルヴァーナが遠のいてしまいますぞ」
ペカード:「魔王カーマはそもそもニルヴァーナを望んでない。あの男が闇聖剣を持つうちはニルヴァーナなどありえぬ」
モーリア:「それでは光と闇が対等に対峙することになりますぞ」
ペカード:「それもまた一興」

何やら難しい話をしているな。
光と闇が混在する世界になるという事か?

モーリア:「まぁ良いでしょう。彼らにもテルシオという切り札がある。ペカード様が闇聖剣を手にしたのは自然の流れかもしれません。少々誤算はあったが神の計画に変わりはありませぬ。では参りましょうか」

帰るのか?
おう、さっさと行け!

主人公:「まて!モーリア、ペカード!!」
えっ!?

モーリア:「貴方がお持ちでしたか、その角は返していただきます」
アザトホートの角を奪われた。

主人公 :「何!?動けない!!」
モーリア:「ニルヴァーナが完成するまで生かしておいてあげます」
ペカード:「またお会いしましょう。貴方と戦える日を楽しみにしています」

二人は去った。

気を失ったアリシアをおぶってギルドへ帰る。

依頼完了。


■ポルボ川
<依頼内容>もう一度ポルボ川の魔物を全て退治せよ
報酬:硬身功

2つのエリアに分かれている。
先程のペカード騒動の余韻も覚めぬ状態で各エリアで敵を7体倒す必要がある。
でも、今の主人公の敵ではなく、全て一撃で倒してしまいます。

あっという間に依頼完了。

これでグロリアの調査進度も100%になりました!
さて、エンテンディエンドに戻ってみるかな。



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『サドンアタック』クラン事情

所属するクランマスターが変わりました。
前マスターはリアルが忙しくIN出来ない事になりクランも脱退しちゃいました。

新しいマスターはクラン設立時からいて、前マスターともリアルでも知り合いだった人なので特に違和感無く交代出来たと思います。

でもクランメンバーのIN率が激減し、一週間ほどクラン戦が出来ないほどでした。
ほんと、このクラン大丈夫なのかと思いましたが、新しく入った人や古参メンバーも盛り上げてクラン戦も普通に出来るまでになりました。

そんな新しいメンバーにやっと待望のSRがうまい人が入ってくれました。
ただし、VCをまだ導入していないのが厳しいところ。
やっぱりSRは話せないとキツイでしょう。

で、個人的には調子が上がらないです。
っていうか、年末は仕事が忙しくてINしてもあまり遊べなかったりします。
うーむ。
このままではポイントが減っていく一方だな・・・。


話は変わって、「HEROES IN THE SKY」ヒーローズインザスカイっていうゲームを軽く遊んでみた。
簡単に言うと飛行機モノの3Dシューティングゲーム。
現在はオープンβテスト中です。

で、遊んでみたんですが、まぁ、こんなもんでしょうかね。
やっぱり昔「ゴールドウィング」で死ぬほど遊んだので、この手のゲームはちょっと新鮮味が無いです。
ミッションもちょっと判りにくいし、爽快感も薄い気がします。

一番気になったのは当たり判定。
かなり曖昧な感じがしました。
絶対に当たっていない筈なのに当たっていたり、その逆もあったりでちょっと疑問ですね。
多分、もうやらないかもです。


あーそういえば「ペーパーマン」も始動しましたね。
私は多分復帰しませんが、ファンは割りといたと思うので今後に期待します。


「オペレーション7」は久しぶりにやりましたが、やっぱり面白いわ。
どうしていまいち盛り上がらないのか分からん。
でも、相変わらず屋根のデスマッチが多いんですね。
まぁ、ここで50キル設定の部屋が一番ポイントを稼げるので仕方ないのかな?





テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『ロストクロニクル』その21

マナの泉を開放する旅。

■アトランティス
マナの泉に直行。
エクスカリバーを掲げると水が湧き出しアトランティスの魔物は姿を消した。


■バベル
エクスカリバーを掲げると・・・!?
黒き龍ヴリトラが襲ってきた!
まぁ、いつも通りに戦えば楽勝だ。

しかし倒したはずなのに復活してくる・・・!

そこへテルシオが登場。
「俺が食い止めるから早く泉を正常に戻せ!」
親父か。うむ、頼むぞ。

「父の仇!うおぉぉ!」
ほう、祖父がこの龍に殺されていたのか?
それにしても親父、アツイな。
こっちは構わずにエクスカリバーを掲げて泉を正常化する。

すると光はヴリトラを貫き粉砕していく。
泉からは水が噴出し、正常なマナを感じるようになった。
バベルの魔物が消えた。


■大ピラミッド
それにしても屋上まで上るのが面倒だな。
エクスカリバーを掲げて正常化に成功。
はい、次~。


■シャンバラ
あ、まだレオンが立ってた(笑)
エクスカリバーを掲げて正常化に成功。

依頼が完了しました。

そうだった。依頼が完了しなくて困ってたんだった。
エンテンディエンドのギルドで報告っと。

おぉ!!
新しい依頼が3件も追加されたぞ!!
でも、その前にマナの泉の解放が先だ。
この依頼を受けるのはその後だ。


■ハイブラシル
エクスカリバーを掲げて正常化に成功。

・オベロン
「ありがとう助けてくださって。我々もあなた方に協力しましょう。ハイブラシルを開放し、マナの道を繋ぎましょう」
うむ。


■ユグドラシル
これだけ進めればユグドラシルの入り口に立ってる門番も心変わりしてるだろう。

・レイヴン
「ここを通すわけには行かぬ。立ち去れ。」

変わってねえぇぇぇ!!(爆)
うーむ。ここはまだ早かったか。


これで一通り現時点でやれるマナの泉の解放は終ったかな?
ようやくストーリーの本線に戻る事ができそうだ。
先ずはエンテンディエンドで追加された依頼を受けるかな。


テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その20

何気なく過去の記事を読み返してみると、まだ行ってない場所があった!!!
それはサビドリアのノボルバ郷!

大ピラミッドに行って満足しちゃってたみたい(笑)
よし。早速ノボルバ郷に行ってみよう。


■ノボルバ郷
ここには街があったようだけど廃墟と化している。
様々な鉱物を発見出来るけど、ストーリー的にはあまり関係ない場所のような気がする。


さて、本格的に行き詰った。

もう頼りは過去の自分の記事だけだ。

めちゃくちゃ時間をかけて過去の記事を調査すると、ちょっと変な箇所があった。

セヴェロのドロール谷でのモーリアの発言。
「王の秘宝である宝剣、ロードストーン、聖杯を手に入れもう一度ここにお戻り下さい」
「聖杯はグロリア王が守っていた」
「迷いの森に手がかりが残されているかも」

そして自分の感想では、
「迷いの森で聖杯を手に入れる必要がありそうです」

これはどう読んでも聖杯は迷いの森にあると言ってます。

しかし、その後の私の行動は迷いの森の入り口でマナレーダーを使ってユグドラシルへ行ってます。
・・・つまり迷いの森には行ってないのです。

この後、聖杯の場所についての情報は無く、むしろ3つの秘宝を手に入れている事を前提とした話の流れとなっています。
プレイしていて違和感があったのですが、どう考えても聖杯はとっくに入手しているべきもののはずです。

マナレーダーを使用せずにちゃんと迷いの森に入る必要がありそうです。
ヴィクトリアへ行くしかない!


■アビスモ大樹海
さて、迷いの森の入り口でマナレーダーを使うか聞かれるのでNOを選択。
順路は過去記事を読むと、↓・→・↓・↑だな。

するとオベリスクを発見。

・オベリスク
賢者ヴィクトリアは森に魔法を施し迷いの森を作った。
ユグドラシルをマナの竜巻で包みマナの泉の危機を救った。
ヴィクトリアを愛したグロリア王は不死となって森の守護者になった。
王の証の剣を持つ者よ。
秘宝の一つを求めるのならば私の後ろを調べるが良い。

お!
ま、まさか・・・こ、これは!

『聖杯』を手に入れた!

やっとだよ。
って言うか、かなり遅すぎたようだ(苦笑)

さあ、セヴェロのドロール谷で待っているモーリアに会いにいくか。
もうかなり待たせてるからな(笑)


■ドロール谷
久しぶりすぎてMAPを覚えていないぞw
迷子になりながらやっとモーリアを発見!

・モーリア
「私が戴冠の儀式のお手伝いを致します。グロリアで戴冠の儀式を執り行いましょう。イメンス神殿で落ち合いましょう。」

モーリアは準備の為、先に行ってしまったけど不気味な角を落としていった。
アザトホートの角を手に入れた。

よし、次はグロリアのイメンス神殿だな。


■イメンス神殿
真っ直ぐ進むとモーリアを発見。

・モーリア
「いよいよ戴冠の儀式です。
プロメティア天壇と地壇の神門を開放しましょう」

そう言うとモーリスはいなくなった。
どうやらプロメティア天壇と地壇両方に行く必要があるみたい。
だったら最初ッからそっちで落ち合えばよかったじゃん。


■プロメティア天壇
・モーリア
「神門を開放します。聖杯に手をかざして下さい。」
すると光が手から溢れてきて光が聖杯を満たした。

「私の示す6つの点に聖杯の中の光をお注ぎ下さい。」
光は円壇の上を流れ魔方陣を作る。

「さあ、天壇の準備は整いました」

そう言うとモーリスはいなくなった。
地壇に向ったのか。


■プロメティア地壇
「神門を開放します。聖杯に手をかざして下さい。」

これ以降天壇と同様なので省略(笑)


■イメンス神殿
・モーリア
「神門は開きました。宝剣を天に掲げなさい」
突然命令口調かよ。
主人公は天にカリバーンを掲げた。

「さぁ、五大精霊を召喚しました。奴らを全て倒すのです」
はい!?
きさま、今何と言った!?

戦闘に突入。
敵はノーム、シルフ、ウンディーネの3体。
しかし、インフェルノLv.1で瞬殺。

次の敵はエンジェルとサラマンダの2体。
エンジェルも一撃。
サラマンダはちょっとだけ頑張ったけど軽くねじ伏せてやった。

「戴冠の儀式は成就せり」
これで儀式は終りのようだ。
『神聖剣エクスカリバー』を手に入れた。

「これでマナの泉を開放できるはずでございます」
だろうな。
もう、何度も「エクスカリバーを掲げて~」と言われてきたからな。
やっとマナの泉を開放出来る。

さあ、マナの泉を解放する旅に出よう!


テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その19

それにしてもこの携帯アプリはすごいボリュームだな。
普通にニンテンドーDS版とかに出してもいいくらいだぞ。

■ポタラ廃街
<依頼内容>レオン博士と一緒にシャンバラを調査せよ
報酬:ニ連

さて、例の四角い縦穴へ直行。
レオンをその傍らに発見。

・レオン
「それではジャンバラへ、レッツゴー。」

・・・ノリが軽いな。


■地底世界シャンバラ

・レオン
「この距離を移動してもバランスを崩さないなんて・・・実験は大成功です。」

じ、実験だと!?
失敗したらどう責任を取ってくれたんだよ!

すると主人公がマナの泉でうごめくものを発見する。
さて、ジャンバラの調査開始だ。
ちなみにレオンは動かずにここに留まっているつもりらしい。

・オベリスク
エンテンディエンドで地下世界が発達した理由はヒトガタがドゥヴェルガの最後の生き残りを殺したのがこの地だった。
ドゥヴェルガはマナを逃れて地下へ逃げたが、最後の黒マナの泉が白マナとなった時、シャンバラはヒトガタの手に渡った。

・石碑1
旧世界の神に風の神あり名はハストゥール。
名づけられ難き異世界の邪神。
ディシムラードに住む。

・石碑2
旧世界の神に水の神あり名はクトゥルフ。
深き淀みに沈む水の邪神。
ルルイエに住む

・石碑3
旧世界の神に土の神あり名はシュブ=ニグラース。
千匹の仔を孕みし黒き豊穣の女神。
深き所に住む。

・石碑4
旧世界の神に火の神あり名はクトゥグァ。
太陽の中に生まれる生ける炎。
サビドリアに住む。

なるほど。
石碑の神はマナの泉にいる魔物のことか。
既に倒した神もいるな。

で、深き所に住むというシュブ=ニグラースは目の前にあるこの泉にいる魔物の事だな。
試しにマナの泉を調べてみると、魔物が襲ってきた。
やはりシュブ=ニグラースか。

この魔物、月隠祭で戦った事があるな。
確かヒールで999ポイントも回復してしまい、全然ラチがあかなかった敵だ。

つまり、一回のターンで999以上のダメージを与えなければ、こちらの攻撃は全く効かない事になる。
攻撃魔法で常にLv3で押していく必要があるのか・・・。
TPの消費が激しそうだな。

でも、実は物理攻撃が結構有効だったりする。
主人公の雷神剣Lv3はかなりのダメージを与える事ができます。

長期戦でも焦らずに戦うと勝ちました。
すると、決まり文句のように例の文章が表示されます。

”マナの泉を開放するにはエクスカリバーが必要のようです。
王家の3つの秘宝を集め、戴冠の儀式を行わなければ・・・。
準備を整えてグロリアへ向いましょう”

はいはい、分かりましたよ。

あれ!?
依頼が完了しないぞ!?

シャンバラで調べる所はもう無いはずだけど・・・

石碑にある4体の神を倒していないからかな?
サビドリアのクトゥグァは倒したし、深き所に住むシュブ=ニグラースはたった今倒した。
残るはルルイエのクトゥルフと、ディシムラードのハストゥールか。

ルルイエはアトランティスの事だよな。
ちょっと行ってみるか。


■アトランティス
マナの泉を調べればいいんだよな。
どれどれ。

魔物が襲ってきた!

はい、きました。クトゥルフです。
いつも通り魔法中心で戦います。

倒すとこれまたいつもの文章である「マナの泉を開放するにはエクスカリバーが・・・」が表示されます。
はい。ここは終わり。


でもこれと言って進展なし。
やばい。
マジで行き詰ったのか!?
どうする!?俺!!!


テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その18

さて、希望のレイノのギルドへ行き、どうしてもクリア出来なかった依頼を受ける。

■クレプス丘陵
<依頼内容>プリムラの眠りを覚ます方法を探査せよ
報酬:1500d

久しぶりに来る夢見の丘。
例の枯れ木を調べると、位相結界の術式を使って眠りますか?と聞いてくるので「はい」を選択。
眠りにつきました。

・プリムラ
「私は天使にこの地に連れてきてもらったの。ここは素晴らしい所。天使様が私を守ってくれるの。私は帰らない・・・絶対に・・・。この体は・・・渡さない・・・ここから・・・出て行け。」

プリムラの心に根を張った魔物、妖花アラウネとの戦闘!

主人公は雷神剣、ダビッド君はライトニングで攻撃。
妖花アラウネを倒した。

よ、弱い!
やはりここに来るのはタイミング的にかなり遅かったようだ。

するとプリムラが目の前から消えた。
どうやら夢から覚めたらしい。

・ヘレナ
「あなたが夢の世界のプリムラを助けたのね。ありがとう」

依頼完了。
これで希望のレイノの調査進度が100%になりました。


いよいよ次に向うのが本命の場所、世界樹ユグドラシル。
ここに聖杯があるはずだ。
豊穣のヴィクトリアへ行こう。


■世界樹ユグドラシル
マナシールドがあって先に進めない。
さあ、位相結界の術式の出番だ。

使うとマナシールドを突破できました。

世界樹ユグドラシルの入り口に人が立っている。

・レイヴン
「ここを通すわけにはいかぬ、立ち去れ。」

そんな事言われても困る。
でもこれ以上進展がない。
まだここは早かったのか?

常夜のエンテンディエンドのロウランにいるカラバジオに会うのが先かも!?
親書ももらってるし。
とにかく常夜のエンテンディエンドのポタラ廃街に行ってみよう。


■ポタラ廃街
<依頼内容>ポタラ廃街にてシャンバラへの道を探せ 報酬:2000d

やっぱりサイモン老師が四角い縦穴の傍に居てレオンを探せと言う。
この四角い縦穴を降りられなければエンテンディエンドは先に進まない。

レオンの居場所はアトランティス、バベルの塔、クラテア湖のどれかのはず。
前回はどこにも居なかったけど、前回よりもイベントを消化しているのでもしかすると居るかもしれない。

よし、再度レオンを探す旅に出かけるか。


■海上都市アトランティス
お、人影を発見!
でもレオンではないな。

・スティーブン
「ずいぶん慌てていますね。レオンならバベルの塔に行くと言ってましたよ。」

そうか。わかった。


■高層塔バベル
お、人影を発見!
でもレオンではないな。

こ、このパターン・・・何だか嫌な予感がする。

・ヘレナ
「レオンならクラテア湖に行きましたよ。」

や、やっぱり(笑)


■クラテア湖
お、人影を発見!
でもレオンではないな。

な、なんだと!?
ここでもこのパターンなのか!?

・モーリス
「俺の掘った鉱石は役に立ってるかい?
レオンなら何か湖に落とす実験をしていたな。大成功!って騒いでいたが、そういえば静かになったな。」

辺りを探そうとしたその瞬間・・・!

「たすけてくれー」
レオンが魔物に襲われている!

魔物シーサーペントとの戦闘に突入!

主人公は雷神剣Lv3、ダビッド君はライトニングLv3で攻撃。
簡単に倒しちゃいました。

・レオン
「助かったっ。そして僕はついに神代の乗り物の原理を解明したんです。神代の乗り物、ヴィマーナと比べたらまだまだですが、飛水晶を動力にした空飛ぶ乗り物なのです。愉快なフワフワお皿。略してUFOです。」

こ、こいつのダジャレはヒドイものだな。

主人公:で、そのUFOを譲って欲しい
レオン:なんで?
主人公:ロマンのために
レオン:ロマンのためならしょうがないですねーっ
主人公:ありがとうございます
レオン:その代わり私も同行しちゃいます。ヨロシクです。
主人公:遊びじゃなく地底世界シャンバラの探索を・・・
レオン:もっと早く言ってくれれば・・・レッツゴー。
主人公:駄目ですよ。
レオン:それじゃ私も駄目です。
主人公:・・・仕方ない。
レオン:君ならウンと言ってくれると信じてたよ。
主人公:それではポタラ廃街の縦穴で落ち合いましょう。
レオン:私も準備があるのでこれで失礼します。

何だ、この会話の流れは。
強引すぎだろう(笑)

依頼完了。

えっ!?
そうか、エンテンディエンドの依頼を受けてたんだった。
すっかり忘れてた。

さあ、次はいよいよ四角い縦穴に入ります。


テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その17

あー。
記事を読み返すのはいいけど、夜明けのグロリアの記事は手を抜きすぎていて全く役に立たないぞ(爆)
ほんとヒドイ内容だな。
我ながら天晴れだ。

こんな事なら神代文字のせいで読めなかった石碑をチェックしておくんだったよ・・・。
どこかにヒントらしいものは無いかな・・・。

ん!?

気になる部分を発見!

豊穣のヴィクトリアのアイスラム大空洞のサイモン老師の発言。
「この大空洞はデュエンデ境界に続いているのかもしれん」

デュエンデ境界・・・。

多分まだ行ってないし、入り口も発見していないはず。
他にやる事も無いし、ちょっとアイスラム大空洞まで行ってみるかな。
でもあまり期待はしないでおこう。


■アイスラム大空洞
入るとすぐに石碑があった。

こ、これは!!!

神代文字で書かれている!
多分、最初にここに来た時はこの石碑の文字は読めなかったはずだ。

一応、過去の記事を確認すると、やっぱりこの石碑の事には触れていない。
多分読めなかったから記事に書かなかったんだ。
俺はそーゆーヤツだ(爆)

・石碑
アイスラム大空洞には秘密がある。
北のオベリスクからまっすぐ南へ進め。
大空洞の上に見えざる道がある。それがデュランデ境界の入り口だ。

な、なにぃ~!!
こんな重要な事が書かれていたのか!?
完全にスルーしてたぞ。

大空洞の北側へ行ってみるとオブジェがある。
これがオベリスクっていうやつか!?
今まで「オブジェ」って表現してたじゃないか。
正式には「オベリスク」っていうのか。今後はこちらの表現に統一しよう。

ここから南に行って・・・!!
大きな縦穴・・・大空洞の上を歩く事が出来るじゃないか!

そのまま大空洞の中心まで歩くと「デュエンデ境界に移動しますか?」と聞かれた。
ちょ、ちょっと待って。
ほとんど期待しないでここに来たからHPやTPの回復をしていないぞ。
先ずは宿屋に泊まってからだ。

ヴィクトリアに戻って宿屋で回復。
何となくギルドを見てみると、何と新しい依頼が追加されているじゃないですか!
冴え過ぎてるぞ!俺!

えーと。
デュエンデ境界のオスクロアールヴの族長より話したい事があるらしい。
ほうほう。アールヴ族のもう一つの種族か。


■デュエンデ境界
<依頼内容>デュエンデ境界にいるアスクロアールヴの族長のもとへ向え
報酬:呼吸法

さて、ここは夜の世界のようだ。

・ティルナ
「アイスラムの縦穴は地球の中心にまで伸びているらしい。大崩壊前の世界は地球と呼ばれこの世界は太陽や月の様に丸いものと考えられていた。」

・チャム
「デュエンデでは魔法が使えない」

・シイサム
「私は長老テイラムの孫で歳は151歳」
・・・だから何!?

しばらく進むと洞窟の入り口を発見する。
ここまで来たんだから躊躇せずに中に入る。

奥にはじいさんがいた。

・テイラム長老
「あなたが来る事は何年も前から予見されていました。
我々の一族はこの予見能力によって子供の時に自分の使命を知っている。
この能力は邪悪なものとして我々はユグドラシルを追われた。
では前置きはこれくらいにして本題に入ります。」

・・・とっとと本題に入れよ。

「あなたは大崩壊の真相を突き止め、この世界を浄化するのが目的ですね。
そして何故アールヴが神の吐息に侵されずに正気を保てたのかを聞きたいのでしょう。
このデュエンデは異界に存在します。
異界にはマナの流れが存在しないのです。」

ふむ。夜の世界ではなく異界だったのか。

「神の吐息の正体は闇のマナ。神の吐息はマナの無い世界には存在出来ない。よって異界には現れることはありません。位相結界の術式をお持ちですか?」

!!!!!!!!!!

な、なんだと!?
俺が今一番欲しいものだっ!!

「では、これをお持ち下さい。」

位相結界の術式を手に入れた!!!
これで夢見の丘や聖杯を取りに行けるぞ!

「ユグドラシルはマナの泉、地中から吹き出すマナの源です。
そのマナの泉の力を利用してマナシールドを作り出しユグドラシルを守ります。
神の吐息はマナエネルギーの逆転現象によって引き起こされます。
マナも神の吐息も元々は同じ物なのです。
右巻きか左巻きかの違いしかないが、生ある物は全て右巻きによって存在する。
そこに左巻きのマナを受けると生命エネルギーは分解・再構成されます。
それが異形化と呼ばれる神の吐息特有の現象なのです。
この世の魔族達は再構成によって生み出されたものなのです。」

は、話が長い・・・。
こっちは早く位相結界の術式を使いたいのだが・・・。

「マナの泉は放っておけば神の吐息によって逆流し始め神の吐息を吐き出すようになります。
全てのマナの泉が逆転し始めると星は死を迎え、砕け散るのです。
ユグドラシルのマナの泉は侵食されていないのでまだこの星を救う道は残されている。
世界を浄化するには、世界中に点在するマナの泉を正常な状態に戻す必要がある。
これがあなたの使命です。マナの道を復活して下さい。
カラバジオ様なら何か知ってるかもしれません。」

もう話しはいいだろ?
記事を書くのも大変なんだぞ!?

「常夜のエンテンディエンドにはロウランという隠れ里があります。そこでオスクロアールヴの真の族長、大老カラバジオを訪ねなさい。これを持って行けば会ってもらえるでしょう。」

テイラム長老から親書を手渡された。

なに!?
エンテンディエンドのイベントまでお前が鍵を握っていたのか!!!
どこまで重要なキャラだよ。長老さんよ。

依頼完了。


さあ、次に行く場所は決まった!
勿論希望のレイノだ!



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その16


さて、レオンを探す旅に出かけるとしますか。

先ずはアトランティスに行ってみようかな。

■海上都市アトランティス
隅々まで探し回った。けど・・・。
・・・誰もいない。
次。


■高層塔バベル
ひたすら登ってやっと辿りついた最上階。
・・・誰もいない。
つ、次っ!


■クラテア湖
ここにいなかったら本当に行き詰る可能性が高いぞ。

・・・誰もいない。

ちょwwwオワタwwww

「ロストクロニクルのプレイ日記」完





















さすがにそれはないな(笑)
もう少し頑張ってみるか。

とりあえず調査進度が100じゃない地域を重点的に調査してみようかな。

何となく荒野のファンダシオンのギルドに行ってみた。
すると新しい依頼があるじゃないですか!
やった!これでゲームを進める事が出来るぞ!


■デブリマ砂漠
<依頼内容>マナレーダー改でデブリマ砂漠を調査せよ 報酬:3000d

デブリマ砂漠へ行くと勝手に進んでいく主人公。

・環状世界ハイブラシルを発見。
ここにマナの泉があるらしい。

依頼完了。
俺は全く操作してないのに依頼完了かよ。

これで荒野のファンダシオンの調査進度は100%となりました。
と同時に依頼も無くなり、再び行き詰りそう。

たった今発見した環状世界ハイブラシルに行くしかないだろう。


■環状世界ハイブラシル
何だか霧がかかったような世界。

・石碑1
ハイブラシルは世界が球体の内側の様に繋がっている不思議な世界。
妖精王オベロンが支配する妖精の楽園である。

・石碑2
妖精の王国は汚された。
神の吐息に汚された。

・オベロン
「楽園を荒らす物よ。ここから去れ。
エンシャントドラゴン、奴を倒せ。」

え!?
ま、まさか、あの伝説のドラゴンと戦うのか!?

はい、そのまさかでした(笑)
このドラゴンには「月隠祭」の時に戦って簡単に負けましたからね。
本当に勝てるのかな?

パートナーのダビッド君はライトニングLv.3を連発。
主人公は回復役に徹して何とか勝てました。
わはは、オベロンよ。俺に何か言う事は無いか?

・オベロン
「・・・うぅっ・・・」

そ、それだけ!?
他に何も言うことはないのかよぅ。

マナの泉を開放するにはエクスカリバーが必要です。
王家の3つの秘宝を集め戴冠の儀式を行わなければ。

・・・って、もうわかったよ。
何回も言われてるって。

収穫ゼロ。
泣く泣くワールドマップへ戻る。

さあ困った。
もうどこのギルドも新たな依頼を出していないな。

どうしよう!?
もう本当に何をすべきかわからんぞ。

いや、正確には一つだけやれる事がある。
でも猛烈に面倒なのだよ。

実は・・・神代文字の解読が可能となったのは麗しのベジェッサからだ。
つまり、それ以前に登場した神代文字が書かれた石碑は読めなかったのだ。

希望のレイノと荒野のファンダシオンでは神代文字なんて登場しなかったような気がする。
従って、夜明けのグロリアと豊穣のヴィクトリアで訪れた場所を隅々まで調査すれば道は開けるかもしれない。
・・・でも、あまりにも面倒するぎるだろwww

と、とにかく今までの記事を読み返してみよう。
何かヒントがあるかもしれない!



テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その15

<<彷徨えるサビドリア>>

■プリシオン砂漠
<依頼内容>転送装置とプリシオン砂漠を調査せよ 報酬:6000d

敵を10体倒す必要がある。
とにかく鉱物や宝箱がたくさんあるので、取り忘れが無い様にします。

・石碑
ノボルバ郷とは帰らずの里という意味らしい
かつてはカムロドゥノンという街だったが今は廃墟

・ラベリント砂漠の入り口を発見

・レオン
転送装置にはアトランティスに運ばれた第二の月のレアメタルが使用されている
レアメタルはラピュータに運ばれたオリハルコンかもしれない
オリハルコン・・・手に入れたい。

・ノボルバ郷の入り口を発見

依頼完了。


ここで恒例の未鑑定品を調べよう!のコーナーです(笑)
・艶のある霊剣:デュランダル
・乙女の鎧  :ジャンヌダルク鎧
・ラジエル書 :絶対零度
・アルバテル書:アースクェイク

良い品がばかりです。
現在装備している七星剣よりもデュランダルの方が攻撃力がありました。
ジャンヌダルク鎧はヴァルキリーに良いでしょう。
絶対零度は道具屋で買うと16000dなので5000dで鑑定した方がお得。
アースクェイクは道具屋では売っていないので貴重かも。


■ラベリント砂漠
<依頼内容>マナレーダー改でラベリント砂漠を調査せよ 報酬:3000d

・盗賊ミゲル
黒騎士マイトはオスクロアールヴだ

・オブジェ
この先ラベリント砂漠
必ず迷うので無闇に入らない事
砂漠の先には大ピラミッドとオアシスがある

マナレーダー改を頼りに進むか聞かれるので「はい」を選択。
すると大ピラミッドを発見。
大ピラミッドにはマナの泉があるらしい。

これにて依頼完了。


■大ピラミッド
自分の意思で行くしかない。

ピラミッドの中は一本道となっており、とにかく先に進んで階段を上がり続けます。
1Fから9Fまで上り、さらに階段を上がると屋上に出ます。

屋上中央を調べるとエジプトの壁画みたいな魔物クトゥグァとの戦闘に突入します。
調べる前にHP・TPの回復は済ませておきましょう。

相手は結構強力な全体魔法を使ってきます。
しかも全能力を上昇させてからインフェルノ等を唱えてくるので、こちらはすぐに瀕死状態となります。
焦らず回復を優先して長期戦の構えで戦いましょう。
比較的こおり系の呪文が効くのでダイヤダストのレベル3で攻撃するのをお勧めします。

クトゥグァを倒すとカーバンクルをGET。
すごいアイテムかと思ったら単なる換金アイテムだった。

さて、中央部分を調べるとマナの泉を開放するにはエクスカリバーが必要らしい。
王家の3つの秘宝を集め、戴冠の儀式を行わなければダメっぽい。

ここまで来たのにそりゃないぜ。

しかもこの場所からワールドマップには戻れないので、また1Fまで降りて行かないといけない。
めちゃくちゃ面倒過ぎる!
そんな時はトランスゲートを使えば一発でワールドマップに戻れます。
うーん、便利だ。


さて、どうしようかな。
彷徨えるサビドリアはエクスカリバーが無いとこれ以上進める事が出来ないので、常夜エンテンディエンドのポタラ廃街にある四角い縦穴を降りるしかなさそうだ。

その為には飛水晶を研究しているレオンの力が必要だ。
たしか、アトランティスか、セヴェロのバベルの塔、クラテア湖辺りにいるって老師が言ってたので行ってみるか。

もうぶっちゃけ何をしたらいいのかわからんぞw




テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その14

<<常夜のエンテンディエンド>>

■ポタラ廃街
転送装置を使って着いた先は「ポタラ廃街」。
いきなりダンジョンの中かよ・・・。
しかも、モンスターとのエンカウント率が非常に高く、それでいて強い敵が多いです。

南に進むとダンジョンを抜け街に出る。
でも人影は無く、モンスターも相変わらず出現する。

・石碑1
ポタラは本当の都は地下にある。
それがシャンバラである。

・石碑2
エンテンディエンドは神代より常夜であり、黒マナが残されたからである。

ワールドマップに戻ると月隠祭(つごもりさい)とかで、各地方の探索範囲が増えてました。
ちなみに現時点で「月隠祭」が何なのかはわかりません。
・希望のレイノ:メグレズが探索可能
・荒野のファンダジオン:フェクダが探索可能
・豊穣のヴィクトリア:メラクが探索可能
・霊峰セヴェロ:ドゥーベが探索可能
・水のミサリコルディア:ベネトナシュが探索可能
・常夜のエンテンディエンド:ミザールが探索可能
・彷徨えるサビドリア:アリオトが探索可能

まぁ、とりあえずエンテンディエンドのギルドへ行ってみると、ポタラ廃街の調査依頼があった。
なんだよ。
ポタラ廃街の調査依頼があるんだったら、先にギルドで依頼を受けてから歩き回れば良かった。
なんか損した気分。

とにかく正式に依頼を受けてポタラに再度行ってみるかな。


■ポタラ廃街
<依頼内容>ポタラ廃街を調査せよ 報酬:5000d

モンスターを10体倒す必要がある。

ダンジョンの奥に4つの像に囲まれた四角い縦穴を調べてみるとシャンバラの入り口を発見。
アトランティスから来た時にも調べていますが、その時は何も反応しなかった場所です。

依頼完了。


■ポタラ廃街
<依頼内容>ポタラ廃街にてシャンバラへの道を探せ 報酬:2000d

ポタラ3連荘かぁ(苦笑)
ダンジョン奥のシャンバラの入り口に行ってみると人影発見。

・サイモン老師
セヴェロには空を飛ぶ皿状の乗り物があったと聞くが、同じ技術で作られた乗り物ならこの縦穴を下りることができるかもしれない。レオンは飛水晶の研究をしているはず。
アトランティスか、セヴェロのバベルの塔、クラテア湖辺りにいる。
無駄足にならないように。
ギルドの依頼をキャンセルして先にサビドリアの調査を進めるのも手。

さて、どうしようかな。
レオンの飛水晶の研究を進める為にも、先ずはサビドリアに行った方が良い結果になるかもしれんな。

それとも、各地方に出現した探索場所を回ってみるのもいいかも。
そうだな。
今が絶好の機会のような気がしてきた。

よし。とにかく今の依頼をキャンセルしよう。
そして「月隠祭」で各地方に追加された探索場所を回ってみる事にする。
先ずはレイノからだ。


<<希望のレイノ>>
■メグレズ
いきなり迷路。面倒そうな感じ。
っていうか、これはやり込みの要素であり、ゲームのストーリー上ではあまり関係ないような気がしてきた。

少し歩くとすぐに敵とエンカウント。
「エンシャントドラゴン」!!!
ちょwww!!

普通、RPGで古代竜(エンシャントドラゴン)と言ったら、ドラゴン族の中でも知力が最もあり、ブレス攻撃の他に上級魔法も自在に操るドラゴン族の長となるほどのモンスターじゃん。

いざ戦ってみると、ドラゴンは先ずは知力をアップさせてからホーリーフレアを唱えてきた。
全滅・・・
つ、強すぎる!!!

試しにもう一度行ってみると、今度はアンドロスフィンクスが現れた。
戦ってみると、凄まじくHPがあるようでなかなか死んでくれない。
でも物理攻撃しかしてこないので、ドラゴンに比べれば楽だったので倒す事ができました。

次はサイクロプスとエンカウント。
これは比較的弱い部類です。パワー系のモンスター。

で、次はシュブ=ニグラースとエンカウント。
見るからに強そう!
こいつヒールで体力999も回復するから全く勝負が決まらない・・・。
こちらの攻撃力から考えてもこれは倒せないな・・・。

戦闘から逃走を選択。
何とか死なずに済みました。

どうやら「月隠祭」巡りは失敗だったと判断するしかなさそうだ。
ファイナルファンタジーで言うならばアルティマウェポンと戦う感じか。

ふとみると石碑発見。

・石碑1
月の始まりの日にはマナの源たる地中の口が開かれる。
惑星の宝珠と七を象徴する武器と防具、合わせて七つを装備して宝箱を開けよ。
究極装備を手にする事が出来るであろう。

もしかすると、プレイした日付が12/1だったから月の始まりとしてこのイベントが発生したのか!?
多分もうクリアしちゃった人用のお楽しみ追加イベントという位置付けだな。

とにかく敵と遭ったら全て「逃走」を選択しつつ進むと宝箱発見。
中から「サトゥルヌス宝珠」を入手する。

ほうほう。
装備すると何とVITがMAXの999になる技アイテムでした。
どうやらDEFも999になるみたい。

これはすごいアイテムだ。
石碑にあった宝箱を開ける条件を満たしていないのにこんなにいいアイテムを入手出来るとは。
早速、エレメンタラーのダビッドに装備。
これで打撃系に弱かったエレメンタラーですが、超頑丈になりました(笑)

帰り道も「逃走」を選択しつつ進み、無事ワールドマップへ帰る事が出来ました!
このゲームは「逃走」の成功率が極めて高いから出来る業ですね(笑)

ん!?
つーことは、全てこの方法で「月隠祭」の追加イベントをクリア出来そうな気がしてきた(爆)
月の始まり限定のイベントだとしたら、今を逃せば今度は一ヶ月後になってしまう。

よし、やってみるか!


<<荒野のファンダシオン>>
■フェクダ
やっぱりダンジョン・・・。
あれ!?
このマップは・・・。
レイノのメグレズと全く同じじゃん(笑)

で、メグレズで宝箱があったポイントへ行ってみると、何もありませんでした。
何だよ。マップは同じだけどアイテムの配置は変えているのか。
まぁ、当然といえば当然か。

逃走を繰返しつつ進むと宝箱を発見。
「ウェヌスの宝珠」を発見。
HITが999になるという技アイテムでした。

こんな感じで回っていく。

・豊穣のヴィクトリア:「サトゥルヌス宝珠」これで2個目。
・霊峰セヴェロ:「サトゥルヌス宝珠」これで3個目。
・水のミサリコルディア:「ユピテルの宝珠」AGIが999になる。
・常夜のエンテンディエンド:「ウェヌスの宝珠」2個目
・彷徨えるサビドリア:「ユピテルの宝珠」2個目

さて、これで「月隠祭」は終り。
次は「彷徨えるサビドリア」の調査に入る。


テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その13

<<水のミサリコルディア>>

■バンコアレナ廃街
<依頼内容>バンコアレナ廃街を調査せよ 報酬:5000d

3つのエリアに分かれたMAP。
各エリアで敵を10体倒す必要がある。

・レオン
マナレーダー改を入手。
次は神の吐息の研究に入るらしい。

・石碑1
円台は念じれば移動する転送装置である。
こころに「アトランティス」と念ずるだけで移動できる。

・石碑2
目を閉じて、ただ心に念じよ。
この円台からアトランティスへ行ける。

・アリシア
どうやら自分が何をすべきか分かってきたようだ。

・ペネロペ
あなたも陽気におどろう。

・アマラゴン平原の入り口を発見。

依頼完了。


■アマラゴン平原
<依頼内容>アマラゴン平原を調査せよ 報酬:5000d

2つのエリアに分かれたMAP。
各エリアで敵を10体倒す必要がある。

・オッソ密林の入り口を発見

・イヌンダク湿原の入り口を発見

依頼完了。
あっさりしすぎ(笑)


■オッソ密林
<依頼内容>オッソ密林を調査せよ 報酬:5000d

3つのエリアに分かれたMAP。
各エリアで敵を10体倒す必要がある。

それにしてもこのMAP。
生い茂った木々の間から通れる場所を探しながら先に進むのですが、それがとにかく面倒です。
エリアによって変化をもたせる訳でもなく、単に正解の道を分かり難くしているだけなのでストレスしか感じません。

RPGが嫌いな最大の理由がこれです。
無意味に広いMAPとか、複雑で面倒なMAPとか、とにかくMAP探索が大嫌いなのです。
延々とMAP内を徘徊していると、もっと別のことに時間を使いたくなってきます。

と、愚痴はこれくらいにしておいて、とにかく頑張って進めてみよう。

・オブジェ
かつてはアールヴが住む癒しの森だった。
大崩壊によって魔物が住むようになりアールヴ達は去ってしまった。

依頼完了・・・!?

こ、これだけのために面倒なMAPを歩いたというのか!?
ガックリ・・・。


■イヌンダク湿原
<依頼内容>イヌンダク湿原を調査せよ 報酬:5000d

2つのエリアに分かれたMAP。
各エリアで敵を10体倒す必要がある。

・石碑1
賢者ミサリコルディアは女性でした。
この地はセヴェロと並ぶドゥヴェルガの聖地だった。
ヒトガタという巨人が彼らを滅ぼし、ミサリコルディアは心を痛めていた。

・石碑2
イヌンダクは洪水が多い土地である。
木はある程度成長すると枯れてしまう為巨木が育たない。
周囲には底なし沼もある。

・コラドル丘陵の入り口を発見

依頼完了。


■コラドル丘陵
<依頼内容>コラドル丘陵を調査せよ 報酬:5000d

2つのエリアに分かれたMAP。
各エリアで敵を10体倒す必要がある。

この場所はいろいろな鉱物を発見できるはずなので取り逃しがないように注意。

・石碑1
アトランティスはこの地に存在する。
第二の月はセヴェロから空を移動し半分がここに落とされた。
物の流通はオリハルコンの力でバンコアレナからアトランティスへ行われた。

・常夜のエンテンディエンドの入り口を発見するが封印されている。
どうやら神の吐息が充満しているようだ。

依頼完了。


■海上都市アトランティス
ここはギルドの依頼では行く機会がないので、自分の意思で行きましょう。

・オブジェ1、2
ルルイエとはこのアトランティスのこと。
最初の滅びの時にムー大陸があった。

・石碑1
神の計画によって第二の月が落とされたのは偽書とされる。
そんな自分達の都合で月を落としたり世界が滅びてしまうのではたまったものではい。
過去に起きた何らかの出来事を残していると思われる。
ヒトガタの時代には無かった内容のため偽書とされているが、アールヴに口伝で伝わったものがあるかもしれない。

・石碑2
オリハルコンは奴らには渡さねぇ。
俺がラピュータへ去ったら転送装置を破壊しろ。

・オブジェ
大崩壊の影響で幾つかの大事な石版はラピュータへ移された。
貴重なオリハルコンも原石は全て送られた。
ラピュータとを結ぶ転送装置は破壊された。
以来、人がラピュータへ行く術は無くなってしまった。

・転送装置1
「常夜のエンテンディエンド」へ移動出来る。

・転送装置2
ラピュータへの転送装置は破壊されている。

・転送装置3
「彷徨えるサビドリア」へ移動出来る。

さて、どこに行くか・・・。

コラドル丘陵から常夜のエンテンディエンドへ行くルートは神の吐息の影響で行く事が出来なかった。
でも、この転送装置を使用する事で移動が可能となるようだ。

「彷徨えるサビドリア」はまだ行くには早いような気がする。

「常夜のエンテンディエンド」に行くのが無難ぽいか!?


テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その12

えーと、パートナーを変更してみた。
エレメンタラーのダビッド君。
彼はさすがにメイジよりも魔法の種類が多く、ヒール系やら上位魔法やらも使いこなします。
これは頼りになりそうです。

この勢いで主人公もジョブチェンジしようかと思い、ソードマスターにしてみました。
すると、今まで使っていた防具が使用出来ないではありませんか。

どうやら剣使いの上位職業であるソードマスターはサムライっぽい感じ。
つーか、見た目もまんま侍。
侍は重装備の鎧はダメなのか・・・。

パートナーがエレメンタラーで防御力が低いので、もう片方は防御力が高くないとパーティとして問題だろう。
何だか嫌な感じなのでジョブチェンジは取り止め。
フェンサーでもいいじゃないか。


ついでに新たな未鑑定品についても調べてみた。
・二頭蛇の杖:ケリュケイオン(装備するとINTとAGIが大幅UP)
・柄杓剣:七星剣(装備すると全能力値が上昇する)
・英雄の鎧:ギルガメッシュの鎧(装備すると全能力値が上昇する)
・レメゲトン書:ドロプストライク
・ドジアン書:インフェルノ
・聖職者究極奥義:ホーリーグロー(味方全てのHP全回復)

杖、剣、鎧は本当にお勧めですね。
是非、鑑定して装備しましょう。
ドロプストライクは普通に道具屋で買うと3000dなので鑑定する必要無し。
インフェルノは道具屋では10000dなので鑑定した方が安いので使う人にはお勧め。
ホーリーグローは使える職業が限定されているので注意。

さて、次の地域に行ってみよう。


テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その11

<<霊峰セヴェロ>>

結局またしばらくはギルドの犬になるしかなさそう。

■クラテア湖
<依頼内容>クラテア湖を調査せよ 報酬:4000d

敵を10体倒す必要がある。

・レオン
ラビオ海岸の砂は高純度の飛水晶だった。
マナを受けると浮力を得、神の吐息にも干渉する。
魔晶石と同じ様な性質を持っているらしい。
その魔晶石がマナを受けると五大元素を分解する力を得られる。
この辺に飛水晶があるので手に入れればマナレーダーをパワーアップ可能。

・・・おい、レオン。
しゃべりすぎだ。理解するのが大変だろう(笑)

・湖の東側で飛水晶のかけらを入手。

・北東に行くとエスメラルダ火山の入り口を発見

・レオンに飛水晶のかけらを渡す。

・南東に行くと水のミサリコルディアの入り口を発見

これにて依頼完了。


■エスメラルダ火山
<依頼内容>エスメラルダ火山を調査せよ 報酬:4500d

3つのエリアに分かれたMAP。
各エリアで敵を10体倒す必要がある。

エメラルダスかと思ったらエスメラルダか。ややこしい。

・オブジェ
ドゥヴェルガはヒトガタによって滅ぼされた。
我らの三つの秘宝はこの山に隠した。
再び我らに栄光を。

ところで、この火山の奥にある宝箱が沢山ある部屋はなにをすべきなのだろう?
全ての宝箱には石ころしか入っていない。

うーむ。何も無さ過ぎる。
ドゥヴェルガの三つの秘宝があるはずだが・・・。
多分、またここに戻ってくるんだろうな。


■ディオス障壁
<依頼内容>ディオス障壁を調査せよ 報酬:2000d

3つのエリアに分かれたMAP。

・オブジェ
レアメタルがアトランティスにあるらしい。

この後、天にも届かんとする絶壁を登り続ける主人公。
どこまでも続く垂直の壁の上を目指します。
まさに「永遠」と思えるほど高く、いくら登っても絶壁の頂上は見えません。

これは無限ループ地獄に陥ったのかと錯覚するほど同じ光景で同じ行動をする主人公。
そこには頑張って携帯電話を操作する俺がいます(苦笑)

登るのはいいんだけど、その後降りるんだよね?
そう考えるとヒマラヤを登る人ってすごいと思う今日この頃。

やっと頂上に出ました。
そこには「高層塔バベル」を発見します。

任務完了。ギルドへ報告しましょう。


■バベル
<依頼内容>高層塔バベルを調査せよ 報酬:3000d

65階を目指して登っていきます。

・石碑1
グロリアの戴冠の儀式は神代から続くもので、イメンス神殿で執り行う。
王族の血はヒトガタから受け継いだ神の血だった。
聖杯に浸した神の血をロードストーンで清め、その聖水で天壇と地壇に魔方陣を描く。
すると天界のマナが流れ込みイメンス神殿へ送られる。
このとき宝剣を掲げれば神の代理の証であるエクスかリバーを出現させるだろう。

・石碑2
王家の秘宝は宝剣、ロードストーン、聖杯の3つだが、それは一組ではない。
あくまでも王家の証明は神の血であり、エクスカリバーである。

・石碑3
セヴェロは知識に長けていたので旧神代文字を読む事が出来た。
そこに書かれていた「神々の黄昏」という世の終わりを記した内容に驚き、バベルの上層に保管される事になった。

・石碑4
世界を王都を中心に七つの遺跡で囲み世界をマナで包む。
それは神の計画の第二段階であった。
それ以前のマナは白マナと黒マナ、光と闇に分けられていた。

・石碑5
神代にこの地を治めた光の神は白マナで世界を覆い、自分と同じ形のヒトガタを作った。
ヒトガタは神の代理として万物の管理を任された。
黒マナのドゥヴェルガはヒトガタによって滅ぼされた。
やがてヒトガタの時代は終わり、その亡骸から人間が生まれた。
ドゥヴェルガの亡骸からはアールヴが生まれた。

・石碑6
知識の塔、空の浮島、海の都市、地底の都市、これらは神の知識によって設計された。
ドロール谷のクラテア湖は空の浮島があった場所だ。
浮力は飛水晶から得られていた。

・石碑7
アルーヴ族はヴァイドの岩窟に住んでいた。
長寿はドゥヴェルガの寿命が500年だったのが由来らしい。
ドゥヴェルガから色素が抜けたアルビノ種が誕生し、神や悪魔に例えられた。
この種は太陽光に弱く主に夜行性であったので好奇や差別の目で見られる事もあった。
それゆえ、少数派の白のドゥヴェルガ、すなわちアールヴはヴィクトリアへ移り住んだ。
ドゥヴェルガの一部はドワーフとなった。

・石碑8~12
神代文字よりも古い文字で読めない。

・石碑13、14
神代文字よりも古い文字で読めない。

・石碑15
泉は枯れています。
マナの泉に真王の証をかかげよ。

・レオン
この泉から噴き出していたのは神の吐息。
これが黒マナの正体であり、神代以降は地上に存在しなかった。
そうなると神代から今までの間、何も研究されていないのも無理は無い。
神の吐息のデータが取れたのでマナレーダーをパワーアップ出来るらしい。

調査完了。

まだまだ沢山の謎を残しつつこのセヴェロは終了するようです。
「位相結界の術式」はどこにあるのか!?
「エスメラルダ火山」は本当に何も隠されていない場所なのか!?
「神代文字よりも古い文字」が読めないが!?
「バベル」の石碑にあった「真王の証を掲げよ」とは多分、エクスカリバーだと思うが!?
「神々の黄昏」はその後に入手できるのか!?

何一つ解決しないまま次の地域であるミサリコルディアへ向う主人公であった。

テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

『ロストクロニクル』その10

<<霊峰セヴェロ>>

■ヴァイド岩窟
<依頼内容>ヴァイド岩窟を調査せよ 報酬:4500d

敵を10体倒す必要がある。

・スティーブン
大きな頭蓋骨を発見した。
この洞窟にはドゥヴェルガという旧人類が生活していたらしい。
サイモン老師は師匠らしい。

・石碑1
ドゥヴェルガはアルーヴとドワーフの原種といえる

・石碑2
この岩窟と同じ居住空間を作り上げている遺跡はヴィクトリアのアイスラム大空洞である。
アルーヴはドゥヴェルガの近種に違いない。

・北東に行くとドロール谷の入り口を発見。

・石碑3
ディオス障壁は神の業で作られた。

・ディオス障壁の入り口を発見。

依頼完了。

どーでもいいけどこのゲーム、名前に「ヴ」を使いすぎ。
こうして記事を書いていると特に気になってきます。
カッコイイの?これを使うと。

あと、北欧神話っぽい名前がちらほら出てきます。
ギリシア神話よりも北欧神話の方が好きな私にとって、中途半端に名前が出てくると何かイラっとします。
まぁ、ホントどーでもいいんですけどね(笑)


■ドロール谷
<依頼内容>ドロール谷の調査をお願いします 報酬:4000d

3つのエリアに分かれたMAP。
各エリアで敵を10体倒す必要がある。

・ギルモア
これからスティーブンとクラテア湖へ向う。
スティーブンはヴァイド岩窟を念入りに調べているらしい

・モーリア
この地は旧人類ハイパーポリアの住拠たったらしい
ペカードは賢者ベジェッサ、アクティー=グランデの子供であり懐妊したのは魔族。
ペカードが真王の証を手にしたら世界はおしまいとなるので、先にグロリアで戴冠の儀式を行わなければいけない。
王の秘宝である宝剣、ロードストーン、聖杯を手に入れもう一度ここにお戻り下さい。
聖杯はグロリア王が守っていた。
迷いの森に手がかりが残されているかも。

うーむ。
何だか面倒な感じがしてきましたねぇ。
迷いの森で聖杯を手に入れる必要がありそうです。
でも、今はこの依頼を完了させる方が先です。

・クラテア湖の入り口を発見。

依頼完了。



<<豊穣のヴィクトリア>>

秘宝の一つである聖杯を求めて迷いの森へ行ってみる。

■アビスモ大樹海
迷いの森の入り口でマナレーダーを使って進むか聞かれるので、もちろんYES!!
すると、世界樹ユグドラシルを発見!

しかし、見えないマナシールドのせいで先に進めない。
「位相結界の術式」を装備する必要があるらしい。
何だよ。先に言ってくれよ。

それにしても「位相結界の術式」がキーになっているな。
確かレイノの夢見の丘でも必要なアイテムだったはず。
先ずは「位相結界の術式」を手に入れる必要がありそうだ。

とにかくセヴェロでどんどん依頼を消化して行くのが吉か!?

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。