スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『昔のパソコン』

80年代、パソコンがかなり普及したとは言え、まだまだ高価なものでした。

しかし、せっかく高い買い物をしても、多くの人はそのままホコリをかぶった置物と化していました。
当時のパソコンは電源を入れると勝手にBASICが立ち上がるという、素人にはまったく理解出来ない作りが敷居を高くしていたのかも知れません。

でも、そのおかげで知り合いからパソコンを譲り受ける事が多く、貧乏学生の私は非常に助かりました。

当時うちにあったパソコンを紹介してみます。

■FM-NEW7(富士通)
FM-NEW 7
タモリがCMしてました。
FM-7の廉価版という位置付け。
本体とキーボードの一体型パソコン。
別売りのデータレコーダを接続していた。(MSXと共有)
グラフィック性能は結構良かった。


■PASOPIA IQ(東芝MSX)
PASOPIA IQ
完全なるゲームパソコンと誉れ高き(?)呼び声が高いMSX。
ファミコンと同じくROMスロットを装備していた。
しかし、16色の3音という、ファミコンにも劣る性能だった。

その様な中でコナミはその性能を限界以上まで引き出した名作を次々と発売し、MSXユーザを歓喜させた。
多分、当時のMSXユーザはほぼ間違いなくコナミを崇拝していたはず(笑)


■HC-80 iO(ビクターMSX2)
HC_80イオ

MSXの上位機種であるMSX2規格のパソコン。
グラフィック性能が向上しておりかなり綺麗な画像(まぁSFCとそれほど変わらんが)だったが、音は3音という貧弱さは変わらず。
「PASOPIA IQ」が壊れた時に購入。

ROMカートリッジのスロットが上部と背面合わせて2つあった。
簡易シンセサイザーやグラフソフトが標準装備されていた。
個人的には一番使用頻度が高かった。


■PC-8801MK2SR(NEC)
88mk2SR

一世風靡したパソコン。新品だと軽く20万円オーバー。
5インチFDDを2機搭載し、本体とキーボードは分かれた作りとなっており、現在のパソコンにかなり近い形となった。
音もFM音源で綺麗な音色だったし、グラフィックスはそれまでのパソコンを凌ぐ性能でした。
ほとんどのゲームがPC88で発売されていたほど。

ただし5インチFDDのつまみが壊れやすく、うちにあったPC88は2ドライブ共壊れてしまい、FDの読み込みが出来なく事態となりました。

この後、派生モデルのMRやFRといった機種が発売された。


さて、PC88の栄光も3年程で衰退を始め、時代は8bitから16bitへ移る中で、PC98やX68000やFM-TOWNSへ主役の座をバトンタッチする事になります。
これら16bitパソコンはWindows3.1が登場するまでの間活躍する事となります。



80年代のパソコンの性能と価格を考えると、今のPCは本当に安くなったと実感します。
だって今の時代だと10万円もあれば、結構いい性能のパソコンが買えますからね。

そういった意味では良い時代になったと思います。


ちょっとMSXの「キーストンケーパーズ」やってくる!



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『PC-1245』

大昔のシャープの「ポケコン」です。
pc1245


「PC-1245」は私がコンピュータの道に進むきっかけを作ってくれました。
中学生の時にBASICやマシン語に夢中になっていましたね。

当時、カシオから「PB-100」というポケコンが発売されていたのですが、それがBASICの実行速度がかなり速く、「PC-1245」は足元にも及びませんでした。

しかし!

「PC-1245」でマシン語が発見されると、たちまち光り輝く名機となりました。
その潜在能力は凄まじく、ドット絵で書かれたキャラクターを操作したシューティングゲームまで作れるほどでした。

まぁ、入力ミスでよく暴走させたりしましたがね(笑)

私の同級生も「PC-1245」を持っていたんですが、そいつは専用プリンタまで持っていました。

本体にそのプリンタを接続すると、ロール紙(レジのレシートみたいな感じ)に印字する事が可能となります。
それがカッコ良くて、もう憧れの的でした。


この後、NEC全盛期と言われるパソコン時代の幕開けとなります。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『サドンアタック』CWルール

さて、今のCWの主流ルールはCTL(2009)/OMTで、たまにACでしょうか。

これらのルールは全て過去に行われた公式大会のルールを指しています。

CTL/OMTはほとんど同じと考えて問題無いでしょう。

しかし、面倒なのはACの時です。

今でも「ACありあり」と言ってくるクランがいます。
でも、SAAC公式大会の後にサドンアタックを始めた人は何が「ありあり」なのか、さっぱりわからないはずです。

そこで今回は原点に戻ってACルールについて書いてみます。

先ずAC独自の主なルールは下記の通りです。
・SRはチーム内で1本
・敵チームのSRを拾って使用しても良い
・女キャラの使用禁止
・D.E使用禁止
※他にも3rdのBロンコンテナのトーテム禁止ルール等も若干CTL/OMTと違ってます。


では、CWで言う「ACありあり」とは何でしょうか?
答えは「女キャラとD.Eの使用あり」という意味です。

SAACの基本概念は、課金アイテムの使用を禁止する事で、有利・不利の差を無くす事を目的としていました。
しかし、女キャラやD.Eは課金アイテム(当時D.Eはポイントで購入出来なかった)なので、大会ではない普通のCWの時に使えないのは悲しすぎです。
そこで「ACありありでいいですか?」と断りを入れて合意を取ってからCWを行うのが日常化しました。

最近では少なくなりましたが、うるさいクランだと「ACルールはSOCOMは禁止」とか言ってきます。
うるせーなとか思いますが、これはSAACが開催された時にはまだSOCOMが実装されていなかったからです。
そんなクランはもしかするとTAVORやSIGもダメとか言い出しそうですね(苦笑)

ACルールは4:4の時は今でも普通に使われているルールです。
しかし現在のACルールは、SRが1本で敵のSRを拾って使用しても良いという部分以外は、概ねCTLルールという感じでしょうか。


個人的には楽しめれば何でも良いです。





テーマ : SA(サドンアタック)
ジャンル : オンラインゲーム

『オズマウォーズ』

久しぶりにレトロゲームを紹介してみますか。

今回は私が小学生の頃に大型スーパーのゲームコーナーでよくプレイした「オズマウォーズ」をピックアップ。
発売元は新日本企画(SNK)。1979年作品。

このゲームはかなり熱中しました。
当時、30円でプレイできたので相当やり込みました。
オズマウォーズ1

多彩な敵の攻撃が本当に楽しくて、私がシューティングゲームにのめり込むきっかけとなったゲームです。

ゲームシステムが当時としては斬新で、エネルギー制となっています。
自機が被弾した場合は当然ですが、移動したり弾を撃ったりしても減っていくので、基本的には常に減少します。
エネルギーが0になるとゲームオーバーです。

でも安心して下さい。

なんと、あの「宇宙戦艦ヤマト」が定期的にやってきてエネルギーを補給してくれます。
オズマウォーズ2

私は宇宙戦艦ヤマトの大ファンだったので、この演出が嬉しくてたまりませんでした(笑)


で、このゲーム。
スコアを見てもらえば分かると思いますが、1万の桁までしかありません。

では、99999点以上のスコアを出すとどうなるのか!?

ゲーマーだったら誰もが夢見る(?)カンストへの挑戦ですが、私はこのゲームが得意だったので99999点以上のスコアをいつも出していました。

実はカンストではなく「00000」に戻るのです!(笑)
多分、内部の処理的には100000点の10万の位が桁落ちして「00000」だけが残ったんだと思います。

もしもこのゲームでハイスコアを狙うのであれば、なるべく「99999」点に近いスコアの時にわざとゲームオーバーになる必要があります。
でもこれがかなり難しい!(笑)
エネルギー制なので、タイミングよく死ぬ事が出来なかったりします。

いや~、当時のゲームは面白かったなぁ。




テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『砂漠の狐V3』

ケムコの携帯アプリ(iモード版)。
タワーディフェンス系のゲーム(略してTD)です。

TDには大きく2種類あります。
敵の侵攻ルートが決まっている「Flash Element TD」系と、自砲台で敵の侵攻ルートを作る「Desktop Tower Defense」系です。
どちらもPCブラウザ(FLASH)ゲームを代表する名作です。

今回紹介するゲームは後者の敵の侵攻ルートを自分で作るTDです。

敵の種類は基本的には「Desktop Tower Defense」と同じようなもんですし、設置できる砲台も似た様なもんです。

では、攻略上の注意点も「Desktop Tower Defense」と同じかと言うと、実は丸っきり同じです(笑)

最大の注意点は「飛行タイプに気をつけろ!」です。

理由は簡単で、自砲台を壁にして敵の侵攻ルートを作るタイプのTDは、飛行タイプの敵には無効なのです。
砲台の上を悠然と通り過ぎて行くので、時間稼ぎが出来ません。
よって、飛行タイプの扱い方が最大の焦点となります。
一番面白い部分なので試行錯誤して下さい。


地上タイプは必殺技の「ジャグリング」を使えば何とでもなります。
しかし、この技は姑息な気がするので、あまりお勧め出来る技ではありません。

どうしてもクリア出来ない人の為に一応「ジャグリング」を紹介しておきます。

この技は「敵は出口に対して最短ルートを選択する」性質を利用します。
具体的には、敵を迷路の中に誘い込みますが、ある程度侵攻させておいてから、どこか途中の砲台を消して別途最短ルートを作ります。
そうすると敵は進路を変えて、そちらのルートへ進もうとします。
タイミングを見計らって消した砲台を復活させると、また進路を変えて最初のルートに戻ろうとします。

これを繰返すことで同じ道を行ったり来たりさせる事が出来るので、お金を節約しつつ簡単に敵を倒す事が出来ます。(でも時間はちょっとかかる)

まぁ、上級者は「ジャグリングなし」の縛りプレイが普通ですがね。


・・・で、「砂漠の狐V3」ですが、昔からあるTDとほとんど同じであり、これと言った特徴も無いので飽きやすいです。
ただし、TD系のゲームをあまりプレイした事が無い人は熱中するかもです。

TDはハマるゲームと言われていて、ホント中毒性が高いので気をつけてください。

尚、PCだとフリーソフトとして膨大な種類が出回っていますので、かなり長期に渡って楽しむ事が出来るでしょうね。
初心者の人には「Flash Element TD」をお勧めしておきます。


 個人評価(5点満点):★★☆(2.5点)

ノーマルモード全クリア時点の評価です。



テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『ドラクエⅥ』DS版やっとプレイできた

ドラクエ6。
DSを子供から奪い取り(!)やっとプレイしてみました。
でも今回はプレイ日記は書かないつもり。

ここ一週間くらいでムドーを倒した所まで進みました。

いや~、久しぶりのダンジョンですが、かなり迷子になりましたね(笑)

特に「月鏡の塔」と「ムドーの島」は何度も行ったり来たりしました。
序盤のダンジョンでこんなに迷子になると後半が思いやられます。

月鏡の塔は玉を移動すれば破壊出来るのですが、それに気付かなくてウロウロ。
ムドーの島では溶岩地帯の中にある階段の発見に手間取りウロウロ。

でも、おかげでかなりレベルが上がったので、ムドーも軽く撃破しました。

さて、この先何をすればいいんだろう?
レイドック王妃が自分探しの旅に出ろみたいな事を言ってたが、どこに行けばいいんだよ。

・・・。

どうやら私が一番RPGで嫌いなワールドマップの探索が待っているようです。
一度SFC版でクリアしているとはいえ、もう15年くらい前の事なので覚えているはずも無く、非常に面倒な事になりそうです。

今回はクリアまで頑張る事が出来るか!?
RPG嫌いの旅はつづく...。





テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『サドンアタック』ポセイドン

やっと野良でポセイドンをプレイ出来ました。

クイックで入ったらCT側でした。

・・・が!

あまりやった事が無いMAPなので、どこに居ればいいのかわからん。

ここ守備難しくないですか!?
特にBサイトが。

部屋の中だと蜂の巣にされそうで怖いし、外にいても微妙に隠れる場所がない。
リスポン付近の通路側まで下がったら守備の意味が無いし。

BサイトはSRが守った方がいいと思うんだが・・・。

■ポセイドン


Bサイトはもう嫌だ(笑)
今度もしBサイトの守備をするなら突撃だな。




テーマ : SA(サドンアタック)
ジャンル : オンラインゲーム

『サドンアタック』Gキューブ

現在うちのクランは定期的に訪れる過疎化状態です。

CWできないので何気なく動画撮ってみました。

それがよりによってGキューブ(笑)

しかも入室した時は残り3分でした。

まぁ、最後まで時間は見ていなかったんですがね;;

■Gキューブ野良動画


特にハプニングとかも無く、グダグダ感だけを体感するための動画です。

うpしようか悩みましたが特にネタも無いので勢いだけで上げました。






テーマ : SA(サドンアタック)
ジャンル : オンラインゲーム

『サドンアタック』大会直前

SAOMTいよいよですね。
最近は大会とか全く縁が無いですが。

参加クラン数は768と、過去に類を見ない程のクランが参加する大規模な大会です。
当選したクランは頑張って下さい!

ま、うちのクランは最初っから申込みしていないので気楽なもんです。

いや、ぶっちゃけ仕事が忙しくてゲームどころじゃないですから。

むしろ学生くらいじゃない?
こんな時期に暇してるのは。

ん?
どうして忙しいのかって?

一般的な会社は総決算月なんですよ。3月は。

会社としては、精算出来るものは何とか今月に全て押し込んで当期の成績としたいのです。
そうなると3月末締めの仕事が多くなってくるんですよ。

決算で一番有名なのは車業界ですね。
何とか当期の売上にするために必死です。
車メーカーの値引率は1年間で3月が一番高いのはこの為です。

ここでは車業界を例にしましたが、「総決算月」は業界に関係なく、どんな会社でも一番力が入る月なのです。


で、次はゴールデンウィークを取る為に忙しくなり、次は夏休みを取る為に忙しくなり、次は半期決算・・・って結局年中忙しいのでありました(爆)


それにしても、この大会が終った後にどれくらいクランが消滅してるのか、そっちの方が気になる今日この頃。




テーマ : SA(サドンアタック)
ジャンル : オンラインゲーム

『ヘッドセットを買ってみた』後編

SANWA SUPPLY USBヘッドセット「MM-HSUSB7W」のレビューです。

購入直後は高音が出ていませんでした。

しかし、聞き込んで行くとその辺が改善され、高低音共にバランス良く出力されるようになりました。
やはりスピーカー系はエージングで音が変わってくるんですねぇ。
こんなに実感したのは初めてです。

今では手元にあるビクターのヘッドホン(これも安物だがw)と同じかそれ以上の音質かも。

装着感ですが、アマゾンのコメントでもありましたが、締め付けが弱いです。
しかもマイクがあるのにとても軽いので、私としては頭痛がしないので非常に有難い。

パッド部分も柔らかく、3時間以上の連続装着でも耳が痛くなりませんでした。
メガネをしながらでも全く問題無しです。

音漏れは普通にしますので、完全にインドア専用(ヘッドセットをアウトドアで使う人もいないかw)ですね。

マイクですが、VCではしゃべらないので全く関係ないのですが、一応マイクテストすると、かなりクリアな音声だったのでヘッドセットとしては十分合格でしょう。


ではDxtoryで動画を撮った時の音はどうでしょうか。

結論から言うと、録音されませんでした。
いや、正確にはマイクの音声だけは録音されますが、ゲーム内の音は録音出来ませんでした。
ゲーム音が録音されないのは致命的ですね...。

動画はサウンドボードを介さないと録音がうまくいかないんでしょうかね。
前から気にはなっていたんですが。

でも、もしかするとBandiCamだとちゃんと出来るかも!?
(以前動画テストした時に録音の仕様がDxtoryとは違うと感じたので)
と、思い早速テスト。

結果は・・・ダメでした。
録音設定をマイクやサウンドミキサーに設定しても無音です。
もう面倒なのでこれ以上の調査は諦めました(笑)

今後は動画を撮ってもゲーム音は無い為、適当にバックミュージックを付ける事になりそうです。


「MM-HSUSB7W」総評(5段階評価):★★★★(4点)

値段を考えると必要にして十分な作り。(音質、装着感、マイク感度)
ただし、見た目が安っぽい。
特に私は白色を購入したので余計に安っぽく見えるみたいです。

780円~2000円の激安ヘッドセットを卒業したい人には超お勧め。
(今回紹介した商品も激安だけどねw)



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『ヘッドセット買ってみた』

いままで使用していたヘッドセットですが、接触不良が多発するようになり、SA中に何度も音が聞えなくなったりしていました。

まぁ、自分はVCでも聞き専なので、ヘッドセットである必要性がないという事で普通のヘッドホンでゲームをしていたのですが、どうも雑音が混じって聞き取り難いのです。

これはPC内の音(HDD駆動音やファンの音等)を直接拾ってしまうのが原因らしいです。

そこで雑音を拾いにくいUSBタイプのヘッドホンが欲しくなりました。

...といっても、USBタイプはやはりPCで使う事を前提としているらしく、そうなるとマイクがついた商品が必然と多くなるようです。
別にマイクがついていてもいいんですがね。
音質が良くて装着感が悪くなければね。

ここで悩んだのは「ネックバンド型」にするか「ヘッドバンド型」にするかです。

今まで使っていたヘッドセットは「ネックバンド型」でした。
理由は「ヘッドバンド型」って長時間使用していると頭痛がしてくるのです。
頭にあんな重いものを載せて、両側から締め付けられる事が原因のようです。

その点「ネックバンド型」は基本的には軽いものが多く締め付けも強くないので頭痛はしないです。
ただし、眼鏡をしている人は耳への負担が大きくなるのでツライかも。
あと音質もあまりよくないです。

今回は音質にこだわりたいので「ヘッドバンド型」でいいものがないか探していると、気になる商品発見。

SANWA SUPPLY USBヘッドセット「MM-HSUSB7W」です。
MM-HSUSB7W


アマゾンで6300円→2786円で売ってました。
レビュー内容を見ると、音質についてはまあまあ良さそうです。
しかも軽いらしく値段も安い。
(見た目がちょっと安っぽい感じはするが...)

これは買いでしょう(笑)


で、土曜日に注文して月曜日に仕事から帰ってきたら届いてました。

さて、実物を見た第一印象は「安っぽい」(爆)
思いっきりプラスチッキーです。

早速実際に音楽を聴いてみました。

ふむ。低音はまぁまぁ出ています。
しかし、高音はこもった感じ。

ま、新品だからこんなもんでしょう。
エージング(慣らし運転みたいなもの)してみてから音質の結果をまたブログで紹介します。






テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『最近のゲーム』

最近注目しているゲームを何気に紹介してみます。

「勇者のくせになまいきだ3:D」
3/11に発売されたPSPのゲームですが、自分は体験版で遊んでます。
今回は新たに「魔水」が登場するので、更に戦略性が広がりました。
危なく勢いで正規版を買うところでした(笑)

いや、別に買ってもいいんですがね。


「北斗無双」
3/25発売予定のアクションゲーム。
「三国無双」や「ガンダム無双」で人気の無双シリーズ。

このゲームは普通に買います。
何が何でも買います。
たぶん、買います。
きっと...。


「アフターバーナークライマックス」
ネットワーク配信限定のシューティングゲーム。
そろそろ正式な配信日が告知されるらしいけど、いつなんだろう。
もう、めちゃくちゃ待ってるんですけどっ!

これが配信されたらSAどころじゃない。
っていうか、北斗無双もあるしPS3の稼働が一気に高くなる気がする。


「バトルフィールド:バッドカンパニー2」
PS3でFPSとか無理って思うけど、このゲームはマジで欲しいと思わせる一品。

とにかく破壊が楽しいゲーム。
見えているオブジェクトのほとんどが破壊可能。

ビルとか壁に隠れていても破壊されて隠れる所がなくなったりします。
この破壊活動も戦略的に重要となるんです。

単に敵を狙って撃つだけではない、一味違ったFPSがこのゲームです。
多分、買うと思います。


最近はどうも家庭用ゲームに面白い作品がリリースされない感じでしたが、ここで紹介したゲームは個人的にはかなり購入の可能性が高いものばかりです。





テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『Perfume』新曲!

Perfumeの一年ぶりとなる新曲「ナチュラルに恋して」4/14発売決定!
基本的にPerfumeは新曲を出すスピードは遅いのですが、さすがに一年は長すぎ(苦笑)

昨年の後半は「I still love U」で何とか乗り切ったけど、この曲はシングルじゃないからなぁ。

何はともあれ久しぶりのニューシングル。
ファンとしては待ちに待ったって感じです。

■Natural beauty basic のCM


このCMめちゃくちゃイイ!
最近、あーちゃんが可愛くなったと思うんだけど、どうですか!?


■「ナチュラルに恋して」途中まで


諸事情により3/18まではフル版を公開できないらしいです。
それまで首を長くして待つとして、ホント今回の曲はイイです!
既に何度もリピート再生してます(笑)




テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

『サドンアタック』フローズンシティ

はい。めったにプレイしないシリーズ!?のT側動画です。

今回はフローズンシティ。
BロンにSRがいるだけでT側としては絶望感が漂うMAPです。

グレネードを断続的に投擲しつつAかBポイントに突入するしかないでしょうね。
スモークがあれば楽かも。
でも、所詮は野良プレイ。
意識統一するのは無理で、突撃しても誰もついて来ないのは仕様と言えるでしょう。

Bのフェンスをトーテムで越えるという手もありますが、CT側からは影がやら銃身やらが見えたり、ジャンプ音が聞えたりするのでバレないように注意が必要でしょう。

■フローズンシティ


残りはポセイドンとエアポートか。
マジで全然やらないMAPだな...。





テーマ : SA(サドンアタック)
ジャンル : オンラインゲーム

『ドラクエⅥ』DS版

嫁が最後のボスが倒せず、もう飽きたらしいのでやっと私にプレイする順番が回ってきました!

ちなみに子供にはスーパーファミコン版をやらせています。
スーパーファミコン版と言っても、当時の販売価格は1万円以上もするカセットROMだったので、値段的には侮れません。

「Ⅵ」は天空シリーズ最終章であり、私がドラクエが面白いと思えた最後のソフトです。

むしろ「Ⅲ」をDS(もしくはPSP)でリニューアルして欲しいです。
ドラクエシリーズの中では屈指の作品です。


さて「Ⅵ」をやろうと思ったらさっそく問題発生!

・・・。

DSが空いてねぇ(爆)

嫁はドラクエはやらないけど、DS版の桃鉄をやってるのでDSを占有しています。
もう一台のDSは子供達が使っているので、実質ドラクエⅥがプレイ出来ない状態です。

つまり、私は一切DSのゲームを遊べない身分だという事ですね。
わかります。





テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『サドンアタック』海洋中継所

めったにプレイしないシリーズ!?のT側動画です。

本来、入口となる2箇所を固められたらT側としては手も足も出ないMAP。
もしも建物内部に侵入出来たら一気に形勢は逆転するので、本当にポイントは入口だけです。
せめてスモークやフラッシュが欲しいところだが...。

■海洋中継所


何故かあっさりT側が勝ちました。
CTの人達が入口を積極的に固めてこなかったのが幸いしたと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

また仕事が忙しくなってきて、帰宅したら23時を過ぎています。
ヘトヘトです。
今週は平日にIN出来ない可能性が高いです。
デスピとか飛鳥とか、これを見てたらCMに伝えておいて。

ちなみに今回の動画は先週撮ったものです。
もう一つエンコしていない動画がありますが、今週中には公開しようと思っています。




テーマ : SA(サドンアタック)
ジャンル : オンラインゲーム

『脱出ゲーム-震度7-』

携帯アプリの「脱出ゲーム-震度7-」をやってみました。

ダウンロードサイトはケムコです。
本当は「シンフォニーオブエタニティー」というRPGをやろうと思って入会したのですが、ダウンロードする時になって急遽「RPGの大作か...メンドくせ」といういつものRPG嫌いが発動した為、こちらの脱出ゲームをダウンロードする事になりました。

ただ、ちょっとまだ興味はあるので、もしかすると「シンフォニーオブエタニティー」もダウンロードするかもです。


さて「脱出ゲーム-震度7-」の話し。
この手のゲームはストーリーは無い様なもんなのですがザックリ言うと、会社で大地震に遭遇し閉じ込められたので脱出しましょう、という内容です。

スタートすると先ずは「廊下からの脱出」です。
どうやらパート単位で分かれていて、廊下から別の場所へ移動(脱出)出来たらそのパートはクリアとなり次のパート(場所)での脱出となるようです。

真っ暗な廊下で懐中電灯を照らすとその場所を調べる事が出来る仕組み。

ドアの横に大きなひび割れがあり、覗いても真っ暗でベランダしか見えない。
その横にはスイッチがありONにしてみるが何も起きない。

廊下を進むとブレーカーボックスがあるのでONにしてから大きなひび割れを覗くと、明かりがついていてベランダが見え雨といが確認出来る。
ブレーカーをOFFにして再度大きなひび割れを覗くと雨といから「針金」をGET。

ブレーカーをONにしてからブレーカー横付近にある小さめのひび割れを覗くと、うっすらと資料室内部が見えるが人影は無いようだ。

ブレーカーボックスを調べて資料室のブレーカーをONにすると人の声が聞える。
小さめのひび割れを覗くと明かりがついていて奈々を発見。
後で落ち合う約束をする。

廊下を進み窓を何度か調べると窓枠が歪んでいるらしい。
窓枠の上部と下部を何度か調べて窓枠を引っ張って歪みを修正すると窓が少し開く。
隙間から事務室内を覗くと窓に鍵がみえるので「針金」を使って開ける。

窓が全開となるので事務室に入るとこのパートはクリア。

次は「管理事務室からの脱出」となります。


こんな感じで一通りプレイした感想。

「フラグ立てが面倒」

何度か同じ事を繰返してフラグを立てないと進展しないケースが多いので面倒に感じます。
最近主流となっている脱出ゲームとはちょっと違う感じです。
20年以上前のアドベンチャーゲームみたいな印象です。

まぁ、途中で暗号解読もあったりして、ちょっと悩ませる箇所もありますが、単に脱出するだけなら比較的簡単でしょう。
でも同僚の奈々も助けるとなると、もう少し悩むかもしれません!?


●評価(5段階):★★(2点)
正直、それほど面白いとは思わないです。



テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『ハイボール』

うーむ。
完全にハマってます。ハイボール。

もうあれです。
ハイボール缶では満足出来なくなり、自分でソーダ割りにしてます。
まぁ、自然な流れでしょうね。

久しぶりにスーパーの酒コーナーでウイスキーを選んだのですが、このどれにしようか悩んでいる時間って楽しいですよね(笑)
もちろん、お手頃価格でうまいウイスキーを探します。

昔から好きだった「WHITE HORSE」にしようか、それとも私の基本的な考えである「日本人の食べ物は日本産がベスト」というこだわりで選ぼうか・・・。

実はワインに凝っていた時もフランス産やチリ産等のワインを飲んでいましたが、最終的には小樽ワインの「おたる初しぼり」シリーズに行き着きましたからね。

白ワインのナイアガラはフルーティーで飲みやすいので、ワインが苦手な人にお勧めです。


さて、ウイスキーを選ぶ時に先ず悩むのがメーカーでしょうか。
サントリーとニッカ。

具体的には、サントリーの原点とも言える「トリスウイスキー」か、ニッカの顔とも言える「ブラックニッカ」の二択でした。


で、出した答えはこれです。

宝酒造「キングウイスキー 凜」(爆)


宝酒造は焼酎のイメージが強かったのですが、昔からトリスウイスキーと安さとうまさの両面で競ってきたのですから、旨いという確信がありました。

で、帰宅して早速試飲。
先ずはストレートで一口。

最初辛口ですがすぐにほのかに甘く、風味豊かな味わいが広がります。
「WHITE HORSE」にも通じる後味で気に入りました。

598円で購入したのですが、この安さでこの旨さは感心しました。


それでは私の飲み方を公開します。

先ずグラスにウイスキーを注ぎ、そこに氷を入れ、更にレモンを少々入れてから炭酸で割ります。
隠し味にウイスキーを注いだ後に、ほんの一つまみだけ塩を入れるのがミソ(塩なのにミソっていうのもアレですがw)

この飲み方で完全にハマってしまいました。

「キングウイスキー凛」は割ると、辛口の部分が薄まりより一層その風味が実感できるので、ストレートよりも割った方がおいしいです。
ハイボールには超お勧めです。(値段の安さも含めて)





テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『サドンアタック』エンブル研究所

「エンブル研究所」。

超マイナー(?)なマップ。

別にこんなMAPはやるつもりは無かったんですが、クイックの選択ミスで入ってしまいました。

超久しぶりにプレイするMAPだったので、ちょっと動画を撮りながらやってみよう、って事でそのまま続行。
クイックで入室してCT側だったので躊躇しましたが、面倒なのでそのままプレイ。

■エンブル研究所


これからは大会MAP以外の赤側視点の野良動画を撮って行こうかな?
まぁ、需要は全く無いだろうけどね(笑)




テーマ : SA(サドンアタック)
ジャンル : オンラインゲーム

『サドンアタック』WS野良

久しぶりに野良動画をアップしてみます。

CWではお馴染みのMAP。

ネタが無い時は動画でお茶を濁すのが一番です?

■ホワイトスコール


短くて、コレと言って面白い事も起きない野良動画。




テーマ : SA(サドンアタック)
ジャンル : オンラインゲーム

『ワルキューレの栄光2』その6(最終回)

早速続きから。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

地下水脈。
奥へ行くと水棲人がいて今後は協力してくれるらしい。
先ずは地下水脈からカエルの里へ繋がっている橋を架けてくれる。
更にガントレットもくれる。なかなかイイ奴。

では、カエルの里へ移動。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

カエルの里は要所に鼻が大きな番人が居て通れない。
番人と話しをする時は、その前に近くの水の中にいる水棲人と話をしておくと良いでしょう。

で、奥へ進むとカエルの親分との戦闘に突入。
爆弾や電撃を避けつつアイスロッドを連射していれば勝てます。
ちょっと時間がかかるけど焦らずやれば楽勝のはず。

親分に勝つと大地のエレメントを入手。
次は聖域を目指すらしい。

そういえば、ここまでで何箇所かに剣士の魂があったので、忘れずに取って置いた方が良いでしょう。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

さて、北東に向うと番人がいるけどすんなり道をあけてくれる。

奥へ進むとローウェルがいて長話しへ突入。
昔話を語っていたようだけど聞くのが面倒なのでスキップ(笑)

するとリザードマンが沢山現れて戦闘へ突入。
「力をためて回転斬り」は威力があるので逃げる⇒発動を繰返す。

全滅させると今度はローウェルとの戦い。
ここでも同じ戦法であっさり勝つ。

すぐ上にある橋が通行可能になるので先へ進む。
(この場所でも剣士の魂が2個あるので取っておく)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

想念樹へ到着。(ちなみに想念樹の陰にも剣士の魂がある)
さくっと中に入る。

でも一度入ると戻れないので注意。
剣レベルや経験値もある程度上げておいた方がよいでしょう。

今回の仕掛けは古代文字を探して石板に入力して道を切り開く。
まぁ、特に難しい事はないです。
見つけた古代文字の形も、ちゃんと画面左下に表示されているので、石板の入力の時も楽に出来るはず。

しかし、想念樹の中ではセーブが出来ないので体力には注意しておく方が良いです。
結構強い敵が多く、特にワーム(ムカデ?)はかなり強いです。
ゲームオーバーも何度か体験する事になるかもです。

で、石板に古代文字を入力すること3回。
想念樹の奥へ進むとローウェルが現れ、ゴールドキーを渡してくれる。

ここまで来るのにかなり長い道のりです。
文章だと伝わらないけどかなりキツイ。(めんどいw)
先ずは近くのツボを割って体力を全回復しておきましょう。
(スーパーマントがあれば楽)

さあ、ゴールドキーを使って扉を開けるといよいよ佳境へ突入。
イデアシードとの戦い。

このボス敵は普通に戦ってもダメージすら与えられません。
しかも広範囲のレーザー攻撃、電撃、砲台設置等、かなり多彩な攻撃を仕掛けてきます。
ここまでセーブ出来ないので、死ぬと想念樹に入る所からやり直しとなるのでそれだけは勘弁。

先ずは周りの砲台(?)を全て倒してから本体を攻撃します。
そうしないと敵はダメージを回復してしまいます。

「力をためて回転斬り」で一気に周辺砲台を倒し、ボスの横で「力をためて回転斬り」を連発。
もしも砲台が復活したら急いで倒す。
これを繰返せば倒せるはず。

倒すと「負のエレメント」が出現し戦闘となる。
どうやらこれが最終形態のようです。

基本的には同じ様に攻撃すれば問題無いでしょう。
こいつを倒すと見事クリアとなります。

クリアタイム:5H46M06S
ゲーム中に放置していた時間を考えると、かなりサクっとクリアしたのがタイムからもわかります。


==ワルキューレの栄光2 総評==

アクションRPGですが操作ミスで致命傷とか、特殊なテクニックが必要とかも無いので、アクションが苦手な人でも何とかなりそうな気がします。
逆に言えば、アクション部分の緊張感があまり無いので、爽快感とか達成感もありません。
アクションで言えば前作の方が面白かったです。

また、RPGと言いながらも経験値稼ぎはほとんど不要で、謎解きもあまり無いゲームなので、幅広いユーザに対応した気軽に楽しめる作りだと感じました。

ただし、あまりにも簡単過ぎなので、もう少し考えさせる作りにして欲しかったです。
伏線も無ければ謎も無いRPGは、単なる作業と化します。
ストーリー性も乏しいと感じました。

マニア向けのやり込み要素というか、隠しアイテムは結構あるようです。
ヘルメット類やマント類等もあるので暇があれば探しに出かけても良いかもしれません。

ヒントは、一見何も無いような場所でも爆弾を設置すると入口が現れたりします。
頑張って探して下さい。私は遠慮しておきます(笑)

・評価(5点満点):★★☆(2.5点)

まぁ、こんなもんでしょう。





テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『ワルキューレの栄光2』その5

私は携帯の電池消費を抑える意味と、周囲に迷惑が掛からないようにという意味で、音量は0でプレイしています。
本当はすごくいい曲があったりするのかもしれませんが、音系に関しては完全にスルーしますので、そこんとこよろしくです。

では、プレイを続けましょうか。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

さて、灼熱の聖域へ行きたい所だけど、剣士の魂がそこそこ集まったので、剣レベルを上げに行って来る。
フィールド上はワープで移動出来るので便利。

サクッとレベルを上げてもらい戻ってきた。


灼熱の聖域に入り、スタート地点近くにある封印された扉を目指す。

封印された扉へ行くと自動的にに封印石を使い扉が開く。
奥に進むと祭壇があり、調べると毒ガス?が噴射され気を失う。

そこへサンドラの里の住人(サンドラ人?)が現れて助けてくれる。
結晶盤の場所は別の行き方があるらしく、ここからはこのサンドラ人を操作する事になる。

何だか緑色のバイキンマンに見えるサンドラ人。
ダッシュも使えるし、HPもそれなりにあるのでそこそこ使える。

操るキャラが変わるって事は、そのキャラの特徴を活かした仕掛けがあるはず。

丁度、橋が架かっておらず、その近くに像のようなオブジェクトがあるエリアを発見。
サンドラ人は石を投げるスキルがあるので、その像に石を投げてみる。
すると予想通り橋が架かった。

どうやら石を投げることで道が開かれるMAPのようです。

そんな事を繰り返しながら進むと、ワルキューレが復活するのでサンドラは御役御免。
クリスタルを4つ集めればマグママンとの戦闘に突入。

マグマママンとその仲間達はアイスロッドで凍らせてから攻撃すれば良いでしょう。
ちょっと長期戦となりましたが何とか撃破。

灼熱の結晶盤を入手しました。
これで二つの結晶盤が集まった。
一旦サンドラの里へ行ってみる。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

サンドラの里へ戻り長老と話すと、カエルは人見知りなので地下水脈に棲む「水棲人」に相談すれば良いらしい。
で、その地下水脈への入口はサンドラの里の近くにある閉ざされた扉がそうらしいが、墓場に出入りする者が閉ざしたんだとさ。

つまり、墓場に行けばいいみたい。
墓場と言えば、多分アイツだ。

とりあえず墓場へワープ。
大方の予想通りローウェルがいるので地下水脈の入口を開けてもらう。

よし。次は地下水脈だ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

それにしても迷わないっていうか、よく言えば親切なゲームだ。
どこへ向えば良いのか全部教えてくれる。

俺に考える余地を全く与えてくれない。
悪く言えば、完全なる操り人形状態。

これは賛否両論ありそうだな。




テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『サドンアタック』重い・・・その後

めちゃくちゃ重くてゲームが出来る状態では無い!と騒いでいましたが、その後の報告です。

一番問題にしていた影設定ですが、結局「ON」にしています。

影なしだと、敵の姿を見失うんですよね。
撃ち合っていると。
何か、背景に溶け込むっていうか、メリハリが無い感じです。

ただでさえAIMが悪いのに、更に悪くなります。

しかも、影なしにしてPCの動作が軽くなったのかといえば、それほど効果が無かったです...。


話は変わってハンドガン。
何を思ったのか「C.Anaconda」を購入しました。

どうせならもう少し奮発して「D.Eagle」を買えば良かったと、多少の後悔を抱きつつ使用しています。

そこで思ったことは「精度が悪い」

アナコンダって前からこんなに精度悪かったかな。
全然まっすぐ飛ばないじゃないか。

命中精度はDEと同じはずなのに、実感としてはアナコンダの方がかなり悪い感じがします。

同じ値段だったら「Samurai Edge」を選ぶべきだったか!?

ま、いっか。

期間切れたら、またベレッタに戻るから。





テーマ : SA(サドンアタック)
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。