スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『史上最強 宮元ジュリア』その18

長々続けてきたこのシリーズもやっと最終回です。

-----------------------------------------------------------
銀河連邦本部:未来のために
-----------------------------------------------------------
東を追いかけるため宇宙に飛び立ったジュリア。
今、最後の決戦の幕が上がる。
-----------------------------------------------------------

シャトルから宇宙空間へ飛び出すジュリア。

ジュ:「このスーツの対真空時間は…3分!」
アル:「まだ追ってくるなんて往生際の悪い」

でかいロボットに乗ったアルタイルとの戦闘。
こいつは瞬間移動を駆使して様々な攻撃をしてくる。
しかし、逃げながら慎重に対処すれば楽に倒せるはず。

アルタイルは星に墜落した。

アル:「君は…公人を殺そうというのですか?」
ジュ:「殺す気はないけど…きゃあ!!!」

アルタイルは不意をついてジュリアを攻撃した。

アル:「甘いですね。そんな事では官僚にはなれない。さようなら」
とどめの攻撃を放つアルタイル。
万事休すのジュリア。

…そこへ山田が割って入り、ジュリアの盾となる。

山田:「黙ってられるか!」
ジュ:「山田さん!」
山田:「ジュリアがこんなふうに消されるなんて…うがああああ!」

アルタイルと山田が放つレーザーがぶつかり合う。
力と力のぶつかり合い。

アル:「こしゃくな!!」
山田:「うがあああああ!!!」

山田のレーザーがアルタイルのレーザーに勝り、アルタイルは吹き飛ばされる。
しかし、よろよろと歩いてくるアルタイル。

アル:「人類の…進化は…限界まで来ています…」
山田:「こいつ、まだ…!!」
アル:「我々が…DNAをデザインして強くしてあげなければ…人類に未来は無い…」
山田:「人間は兵器アリとは違う。平和に向かって進化していくものだ」
アル:「人間も神から見ればアリです」
ジュ:「神の視点とか妄想ばかりの官僚のママゴトはたくさんだよ!」
アル:「客観的に下した判断です…」
ジュ:「私達は明日もちゃんと働いて給料貰わないと生きていけないんだからね!そのあたりどう考えてんの?」
アル:「え…あの…何と申しましょうか…」
いきなり現実的な事を言われ戸惑うアルタイル。

アル:「…早急に…対処を…」
アルタイルは姿を消す。
そこには艦隊の制御コードが落ちていた。
これで艦隊は止められる。

ジュ:「…でもあいつに逃げられて大丈夫ですか?」
山田:「アルタイルは生かした方がいい。この件に関する証拠は銀河中にばら撒いておいたからあとは銀河中の人々がどう判断するかにかかっている。ぼくらの未来も…。」

ここで結ばれる二人。


──エピローグ

銀河FM放送
 …次は厚生労働省の疑惑についてのニュースです。
 先日、匿名の情報提供者から寄せられたビデオによって明らかになった…
 事務次官の東アルタイル氏の失言と疑惑に多数の非難が寄せられています。
 厚生労働省大臣の辞職も時間の問題と思われます。また、これにより
 ここ数年語られることの無かった「宇宙は誰のものか」議論が復活しており
 各地で論争となっております

山田:「ミラ、ジュリアはどこかな」
ミラ:「さあ、わからないですぅ」
山田:「このヤバそうな案件を頼もうと思ったんだが」
アナ:「ジュリアなら今…シャトルで出てったのそうじゃない?
山田:「え!ちょっと、呼び戻してよ!ジュリアー」

一方、ジュリア
ジュ:「アレ以来、山田さんの所行には目に余る。」

しばらく頭を冷やしてもらうために他の銀河へ旅立つジュリア。

まだ誰も見たことが無い次の銀河。

わたしは派遣のプロだ。

なんだってこなしてみせる。

なのに・・・

うしろ~!!!

会社が小惑星ごとついてきてるの~~~!!

山田:「お~い!まだ経費清算が終わってないぞ~」
ミラ:「もっと仕事おしえてくださ~い」
アナ:「まだ決着はついていないわよ」
ジュ:「ちょ!そんなに近づいたらぶつかる!ぶつかるってば~!!」

うきゃあああああ!!!!


─史上最強 宮元ジュリア  完─


はい、そうーゆーわけでクリアしました。

では続きで総括してみましょう。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その17

もう前フリなしで行きます。

-----------------------------------------------------------
銀河連邦本部:死して屍 拾うものなし
-----------------------------------------------------------
山田の口から語られる真実。
ジュリアは全てを終わらせるため単独で敵地へ向かう。
-----------------------------------------------------------
静かに山田が語る。

山田:「ぼくは志摩とSRCの関係を暴くために銀河危機管理機構(株)に潜入した捜査官だった。だがこれからもっと巨大な敵と戦う事になる。そこで類まれな才能を持つジュリアを手放したくないと思った」
ジュ:「私を利用しようと思ったんだね」
山田:「最初はそうだった…。しかし、いないとだんだん辛く感じるようになった…」
ジュ:「山田さん…」

いい感じの所にミラが乱入してくる。
ミラ:「大変です!レーダーに大艦隊が!!こっちに向かってきます!」
アナ:「あれは連邦の自衛艦隊ね」
山田:「やはりそうか…公安局長は屈したのか…」
アナ:「山田さんの所属は銀河連邦公安調査庁でしょ。本当の狙いはSRCが多大な献金をしていた厚生労働省なのよね?」
山田:「そうだよ。DNA技術をSRCをスケープゴートにして国家的統治に使用するため吸い上げる…そういう厚生労働省の計画を調査していた」

ちなみに通常、公安調査庁とはスパイ等をつかって情報収集するのが主たる仕事だ。
基本的には逮捕権は無い。

山田:「厚生労働省はDNA操作で言うことを聞く労働層を作り上げるのが目的で、放って置くと奴隷制度の復活となる。事実、甘い汁を吸うために政治家たちが賛成し、我が局も圧力に屈しそうになっていた」
アナ:「それが市場原理ね」
山田:「その前に悪事を世間に公表して阻止するのが僕の狙いだった…」

…しかし自衛艦隊が迫っているという事は遅かったという事になる。
艦隊戦となると今までのような白兵戦とは全く違う。
自衛官の波動ビーム砲で蒸発することは目に見えている。

ジュ:「山田さん。厚生労働省全体が敵なの!?」
山田:「いや、首謀者はいる。SRCとこの計画を進めたのは厚生労働省事務次官の東アルタイルという男」
ジュ:「じゃあちょっと連邦本部に行って話をつけてくる」

単身連邦本部がある星へ潜入するジュリア。
そこは敵がうようよいた。

かなり手強いけど何とか倒すとタナトスが現れる。
…が、そのヘルメットを取るとタイラーくんだった。

タイラーくんとの戦闘。
まぁ、先ほどの雑魚戦の方が難しいくらいあっけなく倒れるタイラーくん。

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その16

CFはプレイしているんですが、人口が少ないので楽しみきれないって感じ。
やはりSAの方が人が多いのが一番良いです。

と言うことで宮元ジュリアの続きをやっていきましょうか。

-----------------------------------------------------------
エクセレント星:突入せよ!
-----------------------------------------------------------
山田救出のためSRCに突入するジュリア。
そこには憎き男が待っていた。
-----------------------------------------------------------

ミラが止めるも全く聞かずにSRCに乗り込むジュリア。

そこに銀河危機管理機構(株)の志摩が現れる。

ジュ:「あんたが…SRCと?」
志摩:「そうだな。長山さんには良くしてもらってる」
ジュ:「山田さんを…どうしたのよ!」
志摩:「SRCの庶民課の床でぐっすり眠ってやがる」

行く手を阻むのは連邦政府御用達の軍隊にDNA操作で強化した6人の兵士たち。
この敵たちはレーザーを撃ってくるけど、攻撃速度が遅いので余裕で回避できる。

巨額のコストと投入して借りてきた強化兵士たちがジュリアによって全滅となり、志摩は精神の糸が切れてしまったらしく、サプリメントを自ら服用してしまう。

ジュ:「!?・・・なにも変わってないじゃない」
志摩:「そう見えますか。戦いでわかってもらえると思います」

ここで志摩との戦闘。

志摩はとにかく執拗に追いかけてくるので、逃げながら溜め攻撃を繰り返すと簡単に勝てます。

志摩:「ここは一旦、引き上げさせていただきます」
逃げ去る志摩。

ジュリアはミラと二手に分かれて戦う事にする。

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『コンサドーレ札幌』第37節

敵地で昇格の望みをかけて湘南と戦う札幌。

札幌は現在勝ち点62で4位。
3位の徳島とは勝ち点3差となっており、徳島が全勝すると札幌は昇格できないというまさに崖っぷち。

でも僅かでも昇格の可能性を信じて全力で勝ちに行くしかない。

■札幌のスタメン

GK:李 昊乗
DF:高木純平
DF:山下達也
DF:奈良竜樹
DF:岩沼俊介
MF:宮澤裕樹
MF:河合竜二
MF:古田寛幸
MF:内村圭宏
MF:砂川 誠
FW:ジオゴ

個人的には現状で一番計算出来る布陣だと思います。
アウェーでどこまで積極的に攻める事が出来るかがポイントとなるでしょうね。

試合開始。

案の定、一方的に攻められ苦しい展開。
GKホスンがスーパーセーブを連発し何とか前半をしのぐ。

後半、札幌はシステムを3-5-2に変更し攻撃の人数を増やす作戦をとる。

そして後半16分。
古田の二試合連続となるゴールで札幌が先制する。
このシュートは素晴らしいシュートでした。

その後は一進一退の緊迫したゲームとなりましたが後半38分。
近藤が相手DFを引き付けておいてゴール前の宮沢へパス。
これをあわや宇宙開発かと思うくらいのヒヤっとしたシュートで追加点。

宮沢よ~。
インサイドで落ち着いてシュートしたのにどうしてそんなシュートになるんだよ。
マジで心臓に悪いわw

ゲームはこのまま終了し見事勝利。
本音では得失点差を考えるともっと得点したかったが、とにかく勝つことが大事だったので先ずは合格。

あとは2位鳥栖と3位徳島の直接対決の結果を待つだけ。


・・・で、ここでまた奇跡が発動する。

何と3位徳島が0-3で鳥栖に完敗を喫したのだ。

これで札幌は得失点差で3位に浮上。
4位徳島との得失点差は僅かに2。

3位昇格争いはついに最終節までもつれる事となりました。

札幌の最終節の相手は既にJ2優勝が決まっているFC東京が相手だ。

何が何でもこの強敵を札幌ドームで倒してJ1へ昇格だ!!




テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

『史上最強 宮元ジュリア』その15

そろそろ終盤に向かって物語が転がって行かないと飽きるぞ?
特に私はテンポが悪いとモチベーションが下がる傾向にあるので危険信号が点灯しそうな状況だ。

ではゲームを続けてみよう。

-----------------------------------------------------------
ムーア星:会社の危機
-----------------------------------------------------------
山田が帰ってこないことに不安を覚えるジュリア。
そんな中、一本の電話が…。
-----------------------------------------------------------

■ある飲み屋
山田:「やはり君だったのか。証拠ビデオを送ってくれたのは」
アナ:「…。」
山田:「SRCの秘密裏な取引についてもよく調べてある。君は知っていたのか」
アナ:「銀河連邦公安調査庁秘密調査官…山田ユー捜査官」
山田:「お見通しか」
アナ:「アナタ、ジュリアには嘘をついたんでしょう?ズルイ男ね」
山田:「きみは何をしようとしているんだい?」
アナ:「あなたへの協力と復讐よ」
山田:「!?」
アナ:「一年前のあの事件。突然の白い光。それから爆発音と振動が星を襲った。爆風はその後。みんなは地面に突っ伏した。爆風の中で…アナタはジュリアに向かって手を伸ばしてた」
まぁ、簡単に言うとジェラシーってやつか。

山田:「これから本拠地に最後の証拠を暴きに潜入する」
アナ:「一緒に連れて行ってくれないの?」
山田:「無理だね。ぼくはお礼を言いたかっただけだ。ありがと…う、う!!」
苦しみだす山田。

山田:「アナスタシア…毒を!?」
倒れる山田。


■山田オフィス
山田が帰ってこないので不安になるジュリア。
既に敵にばれているこのオフィス。
どうすればいいのか一人悩むジュリア。

そこへ山田からもう会社には戻れないので全て任せると電話が入る。

山田の異変にどうすればいいのかわからなくなるジュリア。
しかし、ミラが今の電話を逆探知して山田の居場所を突き止める。

早速現場に向かうがそこに敵が現れる。
まぁ、簡単にクリア。

ミラ:「やっぱり罠ですぅ~。敵は色んなところで戦線を張ってます」
ジュ:「弱音はかない!こうなったら全部まるまるつきとめてあげようじゃない!」

やっとストーリーが動き出しそうだ。

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その14

では第4区のベンチャー星から始めましょう。

-----------------------------------------------------------
ベンチャー星:謎の訪問者
-----------------------------------------------------------
しばらく会社を離れることになった山田。
会社を任されたジュリアに訪問者が…。
-----------------------------------------------------------

 ■???
 エージェントYMDより。本部へ報告。
 今まで調査対象の通信ログは傍受不可能な状態だったが、今回の証拠は
 データ通信の現場をカメラで撮るという古典的な方法で得られたと判明。

 巧妙なハッキングAIによってセキュリティ自体を暴走させ、小型カメラが
 現場を撮影した。
 ともあれ、結果的に次の段階にいける証拠が揃った。

 時期を見てSRCへの潜入を開始する。

 尚、以下に証拠映像を添付しておく…。


志摩:「…もしもし、SRCの長山様ですか」
長山:「名前は呼ぶな。声紋でわかるだろう。…例の件は始末できたのか?」
志摩:「万事進行中です」
長山:「まだ未遂という訳だな。一刻も早くカタをつける為に応援を送る」
志摩:「もしかして…」
長山:「そう。DNA上書きの完了した自衛バイオニクス隊だ。頼んだぞ」


第四章 潜入

ミラはジュリアとDNAを活性化させて人間に戻るために走りこみをしていた。
そこへ山田がやってきた。

山田:「実はぼく、しばらく会社を離れなきゃいけなくなった」
ジュ:「え?」
山田:「その間君に管理を任せたい。よろしく頼む」

山田がいなくなったオフィス。
そこに謎の訪問者が現れ、突如戦闘行為におよんできた。

戦闘開始。
でも楽勝。

敵を全滅した…が、ミラの姿が見えない。

ジュ:「あれ?置いてきた?」

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その13

だらだらと続く感じがイラついてきたが我慢して続きをやっていきます。

-----------------------------------------------------------
ミーゴ星:暴走メカ
-----------------------------------------------------------
会社でミラの秘密が明らかになる。
その時、惑星でメカが暴走したときの一報が…。
-----------------------------------------------------------

ヤマダ銀河ケアーズ(株)オフィス。

山田:「SRCに毎日投与されていた抑制剤の効果が切れてきたのでDNAパターンが人間に近づいているようだ。やがて元通りになるはずだ」
ミラ:「わたし治るんですかぁ?」
山田:「君のDNAを信じるよ。容赦なくはびこる生命力を」
ミラは大喜びで部屋を出て行った。

さあ業務に入る。
ゴミ処理惑星でメカが暴走しているのでメンテナンスに向かう。

サクッと暴走メカを掃討する。

メカのメモリーを調査すると遠隔操作によるサイバーテロと判明。
操作している者の位置も特定出来たので早速向かう。


-----------------------------------------------------------
ミーゴ星:サイバーテロ
-----------------------------------------------------------
メカの暴走は何者かによるサイバーテロと判明。
果たして犯人の狙いとは…
-----------------------------------------------------------

メカ暴走を継続して排除するジュリア。

しかし何のためにメカを暴走させたのか全くわからない。
意図された行動のはずだが動機が不明だ。

これからは慎重に行動することに。

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その12

マグマグ星。
ぶっちゃけここのクエストはあまり中身がないんだよね。
サクッと行きたいと思います。

-----------------------------------------------------------
マグマグ星:あなたを追いかけて
-----------------------------------------------------------
山田からの連絡に戸惑うも指定の惑星に向かう。
そこで待っていたのは…
-----------------------------------------------------------

この星はその名の通りマグマが至るところにある荒れた星のようだ。

ジュ:「こんな所で待ち合わせ?」

疑惑は現実となり、傭兵に囲まれるジュリア。

ジュ:「悲しいね。山田さん」

群がる傭兵を軽く全滅させる。
ってか、このゲームで苦戦したことがないんだがwww

するとまた山田から入電があり、已む無く移動したから別の場所に来いと言う。
また騙されるんじゃないの?

…ふと振り返ると大量破壊兵器を繰り出してきた傭兵たち。
まぁ、軽く勝ってしまうんだがね。

とにかく今は山田の所へ行ってみるしかない。


-----------------------------------------------------------
マグマグ星:やりくり傭兵団
-----------------------------------------------------------
ジュリアを襲撃する傭兵団。
実は彼らにもいろいろ悩みがあるようで…
-----------------------------------------------------------

傭兵達が割が合わないとグチを言い合っている。
この業界はSRCの独占らしく、かなり経費を削られているらしい。

そこへジュリアが登場。

傭兵が見逃してくれと頼んでくる。
が、ジュリアはその根性が気に入らない。

軽く傭兵達を殲滅するジュリア。
なんか敵がかわいそうになってくる。


-----------------------------------------------------------
マグマグ星:再開は花火とともに
-----------------------------------------------------------
罠と疑いつつも指定の場所に向かうジュリア。
そこで待ち受けているものは…
-----------------------------------------------------------

指定の場所に着くと山田が待っていた。

しかし、詳細の説明が出来ないという山田。
疑いが晴れない以上、力ずくで聞くしかないジュリア。

山田は逃げながら応戦する。

山田:「待ってくれジュリア。君と戦う理由がない!」
ジュ:「そんなの信じられない!」

ジュリアは尚も山田へ攻撃する。
逃げながら応戦する山田。

ジュ:「奥さんと子供がいるのにアナスタシアと付き合ったりして!」
もうどうして怒っているのか訳がわからんジュリア。

山田:「わかった。言う。言うよ」
ついに観念する山田。

山田:「入社の時に途中採用で歳もいってるし信用ないと出世に響くからデータを改ざんした」
ジュ:「じゃあアナスタシアとはどうして付き合ったの?」
山田:「へ?いや、全然?」
ジュ:「そもそもどうして待ち伏せしてあたしを狙うの?」
山田:「志摩がぼくらを狙っている。一緒に来てくれないか?」

つー事で山田と行動を共にすることになったジュリア。
これにてマグマグ星は終り。
次はシュニーン星だ。

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その11

今回から営業第3区クバッサ星となります。

いよいよストーリー的に面白くなってきた感じです。

早速いきましょう。

-----------------------------------------------------------
クバッサ星:新たなる旅立ち
-----------------------------------------------------------
アントラ星消滅事件から1年後。
新しい物語はここ、クバッサ星から始まる。
-----------------------------------------------------------

銀河FM放送
 …次の話題です。
 昨年、アントラ星が消滅した原因不明の事故から今日で丸一年となります。
 当時惑星のメンテナンスに当たっていた合資プロジェクトの数社を代表して、
 株式会社SRCが一周忌の追悼の辞を発表しました。

 SRC取締役局長の長山です。
 あの忌まわしき事故から一年。遺族の方には──。


第三章 再会

クバッサ星で相変わらず派遣の仕事をしているジュリア。
今では伝説の最強派遣社員としてかなり名が通っているようだ。

軽く本日の業務…チョコボみたいな鳥を50体排除をクリアする。
どうやらこのチョコボが恐竜らしい。

緑の男、熊谷が登場。
こいつが今のジュリアの派遣先の担当だ。

熊谷:「恐竜をこんなに簡単に排除するとは…恐ろしい…」

涼しい顔をするジュリアであった。

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その10

突然ですが、口の中をヤケドした事あります?

私はあります。

あるんですが、他の人のように口の中の皮が剥けるほど酷いヤケドは経験がありません。
っていうか、そんな熱いものを冷まさずに口に入れるってのが理解出来ません。

どうやら私が思っていたヤケドと他の人のヤケドはレベルが違ったみたいです。

いや、だって私は自他共に認める猫舌です。
熱いものを食べるときは人一倍気をつけます。
そんな酷いヤケドなんて無理ですよ。

はい、そーゆーことでその10です。(なんのこっちゃw)

-----------------------------------------------------------
アントラ星:アリ撲滅プロジェクト
-----------------------------------------------------------
他社と合同で開始されたアリ撲滅プロジェクト。
だがその作戦中についに仲間が…。敵を90体排除せよ。
-----------------------------------------------------------

銀河危機管理機構(株)オフィス

志摩:「君たちのこれまでの失敗で俺がどれだけ迷惑していると思う?」
山田:「はい。すみません」
志摩:「経費ばかりかけて納期びちっと決めた事があんのかよ」
山田:「何分、最近は不測の事態が頻発しておりまして」
志摩:「そういうの危機管理対応っていうんじゃないの?ゼッコが可哀想だよ」
山田:「お言葉ですが部長。彼は自業自得かと」
志摩:「バカだがいい奴だった。こんな所に回すんじゃなかった。今度何かあったらこの部潰すから覚悟しておけ」

いつかこの志摩部長を倒す事になりそうだな。


つー事で次は数社合同でアリの根絶を狙うプロジェクトらしい。
今回は命令系統統制のため山田も現場に向かうらしい。

さて都市部のアリ駆除となる本件だが、アナスタシアは相変わらず虫がだめらしく逃げ回るだけ。
仕方ない。彼女の分までやるしかない。

さくっと90体倒しクリア。

そんな中、ミラは彼氏と電話中にアリに襲われ生命反応が消える。
山田は調査のため残り、ジュリアは次の現場へ行くことになった。

■作業報告
レベル:50
戦闘力:258639
HP :25580
破壊力:1515
耐久力:1278

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その9

えーと。
早速進めます。

-----------------------------------------------------------
ヤッコ星:打ち合わせの甘い罠
-----------------------------------------------------------
得意先の部隊と組んでアリを掃討することに。
一方で先方の担当者とミラが…。敵を40体排除せよ。
-----------------------------------------------------------

 エージェントYMDより。
 調査報告、並びに私見。

 銀河危機管理機構のゼッコとタナトスの結託、SRCに培養されたアリ兵器、
 持ち去られたゼッコの死体。
 私はこれらすべての要素に関係性を感じざるを得ない。

 巨大企業SRCを中心に何かの計画が進行していると予測。
 引き続き調査を続行する。通信終り。


銀河危機管理機構オフィス
アナ:「ブリーフィング中に寝ないで下さい」
山田:「すまない。どこまで言ったっけ?」
ジュ:「トルーパーの手配はミラ担当でってとこまでです」
山田:「そうそう。で、注意事項。半田トルーパー商会担当は適当だから確認を怠らないでね」
ミラ:「はいっ!りょうかいです~。」

解散しシャトルで現場に向かう。
ジュ:「最近山田さんみょーに疲れてない?」
アナ:「そうね。山ほど残業している様には見えないけど」
たぶん山田は影で何かやってるんだろうね。
それは間違いないだろう。

ヤッコ星に降下するジュリア。

さくっとアリ退治。

そろそろトルーパー部隊と合流出来るはずだが姿を見せない。
不安になりミラに確認すると半田商会の担当が側にいるらしい。

半田社員:「それよかミラちゃんコレ脱ごうよ脱ごう」
ミラ:「いやですぅ。きょうはしませんよ~」
半田社員:「じゃあ下だけ脱ごうよ脱ごう」
ミラ:「ひっぱっちゃだ~め~で~す~、もう~えへへへ」
アナ:「ミラ!!何してんのよアンタはッ!!!」

完全に半田商会の担当といちゃいちゃしてるミラ。

アナ:「ジュリア。だめだこりゃ!戦線離脱!」

■作業報告
レベル:40
戦闘力:166665
HP :16480
破壊力:973
耐久力:823

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その8

それにしてもさくさく進むゲームですね。

もう少し謎解きの要素があっても良い気がするが、ゲームのテンポを損なう恐れがあるのでこれはこれでいいのかも。

-----------------------------------------------------------
ユーダ星:ゼッコの罠
-----------------------------------------------------------
ゼッコとミラが新しく配属された。ジュリアはゼッコと仕事に行くが…。
???を5体排除せよ。
-----------------------------------------------------------

ゼッコと不法滞在している海賊を蹴散らす仕事に赴くジュリア。
さくっと海賊を排除し、帰還するためシャトルに乗り込むが何故かシャトルが動かない。

ゼッコ:「かかったでゲスな。エンジンに細工したので飛べないでゲス」
ジュリア:「どうしてこんなことをするの?!」
ゼッコ:「それを説明する義理も人情も無いでゲス」

そう言うとゼッコは何処かへ逃げてしまう。

群がるアリを退治するが、このアリは結構硬い。
溜め攻撃を使い、5体倒せばクリア。

すると山田が到着。
山田:「前回キミ達が持ち帰った幼卵をゼッコが盗んだ事が判明した。怪しいと思って追ってきたらこれだ」
ジュリア:「ゼッコが裏切ったということですか?」
山田:「そうらしい。狙いはキミだ」
また変なヤツに目をつけられたもんだな。

山田:「ゼッコの行き先は判明したのでミラ・アナスタシアチームに頼んだ」

しばらくするとシャトルが到着し、一緒にゼッコを追うことになった。

■作業報告
レベル:31
戦闘力:101163
HP :10000
破壊力:588
耐久力:499

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その7

このゲームのボリュームってどれくらいなんだろう。
今のところ全然先が見えない感じ。

とりあえず第2区のカマガーサから始めましょうか。

-----------------------------------------------------------
カマガーサ星:カマガーサ暴動
-----------------------------------------------------------
カマガーサ星で暴動が発生。
救助に向かったジュリア達を待っていたものは…。敵を50体排除せよ。
-----------------------------------------------------------

???からの通信内容
SRCによる反連邦の軍備活動を確認
自衛バイオニクス隊失踪事件との関わりを調査する

追伸
銀河危機管理機構(株)の特定の戦闘行動においては調査の一環である以上
一部の違法行為を黙認するよう銀河警察隊上層部に圧力をかける事を要請する


第二章 陰謀

どうやら銀河危機管理機構は社員旅行らしく、会社に残っているのはジュリアとアナスタシアの二人だけのようだ。

そんな中、一通のメールを受信する。

 関係者各位。
 緊急の業務依頼について。
 対象 カマガーサ星域
 当該営業区画でのSOS信号受信に伴い緊急メンテナンス。
 暴動との情報もあり。至急確認に向かわれたし。

社員がいない中、二人だけでカマガーサへ向かうジュリアとアナスタシア。

荒れた星カマガーサに到着すると、なにやら言い合いしている現場に遭遇する。

話を要約するとカマガーサに巨大な蟻が発生し、カマガーサ人は衣食住を奪われているらしい。
それをSRC社員にどうにかしろと詰め寄っているようだ。

つまりアレだ。
SRCがまた何か企んでいると見て間違いないだろう。

SRC社員はトルーパーを投入しカマガーサ人の鎮圧を行う行動に出る。
ジュリアは虐殺されていくカマザーサ人を助けに入る。
─SRCは銀河機器管理機構のクライアントなのでややこしい事になりそうだ。

軽く50体倒しクリア。

しかしSRCは各地にトルーパーを投入しカマガーサ人鎮圧を行っているようだ。

こうして独断で泥沼の戦いに関与する事になる二人であった。

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その6

えーと、どこまで続くかわかりませんがその6です。

-----------------------------------------------------------
アンタクティ星:エコロジカル・ビジネス
-----------------------------------------------------------
謎の集団の正体が判明。クジラをかけた戦いが始まる
-----------------------------------------------------------

「スターシェパーズ」との戦いの後、志摩部長の太鼓持ちであるゼッコ・ゼッコが現れた。

ゼッコ:「まだ業務完了していないのでゲスか。早くしろ」
ここで言う業務とはもちろんクジラを排除する指令の事だ。

アナスタシア:「それどころじゃない。スターシェパーズって集団に襲われた」
ゼッコ:「たしか宇宙クジラの捕獲に反対する自然主義団体でゲス」
まぁ、名前で予想出来たがな。

ゼッコ「クジラ保護を訴えているが、最近は武力を行使するらしい」

どうやら保護活動を支援して金を払う企業があるらしい。
保護活動と言っても所詮は金か。

そこへスターシェパーズがやってくる。
ゼッコは一目散に逃げ去った。

パンダの顔したスターシェパーズとの戦い。
さすがに50体を倒すのは結構大変だった。

何が大変って、残党がどこにいるのかを探すのが一番大変で時間がかかるんだよね。

■作業報告
レベル:18
戦闘力:31831
HP :3177
破壊力:203
耐久力:174

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その5

はい、その5です。

最近のネタはこのRPGばかりだけど、地味にCFだけはちゃんとデイリーミッションをクリアしてるんだよね。

SAはあまりやってないけど。

では宮元ジュリアの続きをやっていきましょう。

-----------------------------------------------------------
トアール星:思い出の用心棒
-----------------------------------------------------------
目的:EO電器の裏取引現場を抑えた。用心棒と???を排除せよ
時間:8分
-----------------------------------------------------------

EO電器と海賊の取引現場を抑えたジュリア。

まあ、取引と言ってもEO電器の奴らがブツだけ受け取って海賊を全滅させた殺人現場なんだけどね。

ここで満を持してジュリア登場。

しかし、EO電器は既に銀河危機管理機構の動きを察知していたらしく、傭兵を大量に配置していた。

そこであの元カレであるタイラーと再会。
どうやらEO電器に派遣で警備部に配属されたらしい。

タイラーくんとの一騎打ち。

結構いい攻撃をしてくるタイラーくん。
まぁ、それでも雑魚には変わらんがね。

タイラーを倒すとEO電器社員が大量破壊兵器を繰り出してきた。

弱点は足のジョイント部分だと山田が教えてくれたが聞いてないジュリア。

ぶっちゃけ斬撃系の武器は敵のレーザーを打消してくれるのでその場でボタン連打していれば勝てるんだよね。
数秒で大量破壊兵器を破壊するジュリア。

すると今回の作戦を考えた叔父貴とは本社SRCの幹部役員と言い残し爆発するEO電器社員。

・・・しかし、SRCは発注先のはず。

非常に厄介な事態となってきたのであった。

■作業報告
レベル:14
戦闘力:22075
HP :2180
破壊力:125
耐久力:108

トアール星はこれにて終り。
次は同じ営業第1区のアンタクティ星が現場となる。

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その4

はい続きです。

前回でスパロウ星は終了。

次は同じ営業1区にあるトアール星だ。

ここで現在の装備を確認しておこう。

武器:Killer Bee 1
防具:Hard Suit

ちなみに強化系武器は私の肌に合わないので、ここしばらくは「Killer Bee 1」しか使ってない。

しかし、そろそろ火力不足を感じてきている今日この頃。
やはりタスクリサーチを見ながら過去のクエストをやり直す必要がありそうだな。

実は武器や防具によっては、タスクリサーチにある入手条件を満たさなければ入手できないものがある。

例えば、1分以内でクリアしたクエストの数が10以上になれば、防具「Hy Speed Suit」を入手できる。

この入手条件は武器や防具それぞれ様々あり、これらを気にしながら進めると後々有利になると思います。

また、これとは別に敵を倒した時にアイテムとして拾う事も出来るので、なるべく敵を倒してアイテムを回収した方が良いでしょうね。


…ではうんちくはこれくらいにして続けよう。
(実際はこっそり過去のクエストをやり直してますw)

-----------------------------------------------------------
トアール星:合コンと陰謀
-----------------------------------------------------------
目的:同僚と合コンに出るジュリア。そこには懐かしい顔が…
時間:5分
-----------------------------------------------------------

明日以降のクライアントについて社員の山田が説明を始める。

要約すると、クライアントであるSRCという会社の1開発部門であるEO電器が大量破壊兵器を製造して海賊に横流ししているらしく、SRCは内部処理が出来なくて仕事を持ち込んできたらしい。

話が終り帰ろうとすると現れたのが桜木アナスタシアだった。

どうやら合コンを同じ派遣社員のミラ田中と出るらしく、頭数合わせで強引にジュリアを引っ張っていくのであった。

合コンの席には山田が話していたあのEO電器の社員がおり、更に小野タイラーという元カレと対面するジュリア。

しばらくした後、お開きとなり皆帰宅する中、EO電器の社員である武田がジュリアを呼び止める。

武田:「貴様私の正体に気づいておるな」

ここでやっと戦闘に突入。
武田とのサシの勝負。

まぁ、こっそりレベル上げして武器も取り揃えた俺様にとって武田ごときは雑魚だな。

武田を倒しEO電器の武器密売取引スケジュールを入手。

■作業報告
レベル:10
戦闘力:11956
HP :1180
破壊力:67
耐久力:58

このクエストはサブキャラを登場させたかっただけっぽいな。
次いこつぎ。

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その3

はい、その3です。

ところで、ちょっと前の記事でオーソドックスな昔風RPGをやりたいと書いておきながらこの手のRPGを始めるってのもアレですが、まぁ、何であれ面倒じゃなければいいんですw

では進めましょうか。

-----------------------------------------------------------
スパロウ星:食の不安
-----------------------------------------------------------
目的:山田が別件で離れ上司不在の中、ジュリアは海賊団と戦う事に
時間:5分
-----------------------------------------------------------

さて、山田が弁当の発注でいない間に海賊団と戦う事になったジュリア。

このシナリオから敵の攻撃が激しくなってくる。
落ち着いてプレイすればそれ程難しくは無いが。

■作業報告
レベル:5
戦闘力:3848
HP :380
破壊力:25
耐久力:21

レベルアップ。
獲得アイテム:武器【強化系】SRC-R2、防具【防御系】Hard Suit

サブタイトルの「食の不安」ってのは山田の弁当の話なのか・・・。
全っ然こっちとは関係ねぇーぞwww

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『コンサドーレ札幌』第35節

vs 大分トリニータ戦。

もう絶対に負けられない札幌。
しかも得失点差の争いになる可能性があるので、なるべく得点して勝利したいところ。

前半8分。
内村が難しい位置から相手DFをかわして右足で素晴らしいゴール。

やっぱりこの内村はいい選手だわ。
よく見えているし、思い切りがよい。
プレーに迷いが見えない。

先制すると強い札幌。
相手は3バックということもあり、両サイドを深くえぐる事を意識していてよい展開となっている。

しかし、何度も決定的な場面があるのにもかかわらず追加点を奪えない札幌。

後半40分。
古田が嬉しい追加点を取る。

つーか、内村のダイレクトで出す絶妙なスルーパスが光ってたね。
このパスが出た時点で勝負ありだった。

結果 札幌2:0大分

今回はよい動きを見せた札幌。
シュート数は17本も打っている事から昇格への気持ちが現れていると思います。

しかし、同時にそれだけ打って2点しかとれないという決定力不足を何とかして欲しいですね。
せめてシュートは枠を捉えてほしいところ。

一方、大分は滑って転ぶシーンが目立った。
スパイクが芝のコンディションに合っていないのは一目瞭然だったのに、ポイントを換える事が出来なかったってことは、そもそもそのような準備をしていなかったのだろうか?

ちょっと大分の対応には疑問が残る。



テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

『史上最強 宮元ジュリア』その2

では早速次のゲンバへ行ってみよう。

-----------------------------------------------------------
ポイポイ星:狂い咲く凶敵
-----------------------------------------------------------
目的:海賊排除の任務中に謎の男が登場。強敵相手に生き残れるか。
時間:5分
-----------------------------------------------------------

強敵が登場するらしいこのゲンバ。

武器を貫通系の「Javelin」にしたけど、攻撃力は基本系が一番高いんだな。
で、この貫通系はかなり低い。
貫通する分、攻撃力が劣るようだ。

で、実際このミッションで有効かと言えば、はっきり言って微妙だった(笑)

ぶちゃけ前のミッションとほとんど同じだったので貫通である意味もなかった。

あっさりクリア・・・って、あれ!?

強敵が出てこなかったぞ。

・・・と思ったらクリア後のイベントで登場。

「俺の名前は・・・」
と言いながら強力なエネルギー弾を撃ってくる。
不意を突かれて直撃する宮元ジュリア。

「・・・タナトスっていうんだ」
この青い化け物、なかなか卑怯で見込みがあるな。

虫の息のジュリアに詰め寄るタナトス。

そこへ今度は赤い化け物が登場。
「大丈夫か!?ジュリア」

お前、誰だよ。
宮元2

「山田だけど?ああ、顔を合わすのは初めてだね」

ああ、いろいろ教えてくれた山田ね。
ってか、山田。
お前の顔はほんっとに悪人面だなwww

そんな山田の活躍のお陰で助かったジュリア。

派遣であるジュリアのために社員である山田が体を張って助けてくれたので、ちょっと山田の事を見直すジュリアであった。

■作業報告
レベル:3
戦闘力:1423
HP :154
破壊力:11
耐久力:9

レベルアップ。
何だかいきなり数字が増えた気がする。

これにてポイポイ星の業務は完了。

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『史上最強 宮元ジュリア』その1

ケータイ用のiアプリです。

ゲームを簡単に説明すると、派遣社員の主人公、宮元ジュリアは派遣先で色々な業務という名のミッションをクリアしていくアクションRPG。

方向キーで移動。
決定キーでエネルギー弾発射(溜めあり)

シンプルな操作が好感持てる。

面倒な操作は苦痛ですからね。
特にアクション系は。

ついにRPGをやる事になったので、何とか途中で挫折しないように(ナムコクロなんちゃらの二の舞は避けたい)頑張りたいと思います。

では早速プレイしてみましょう。

-----------------------------------------------------------
ポイポイ星:掃除屋 始業
-----------------------------------------------------------
目的:沢山のゴミをエネルギー弾で木っ端微塵にしろ
時間:3分
-----------------------------------------------------------

さて、一番最初の業務(ミッション)ということで、まずはエネルギー弾の使い方をここで覚えることになる。

適当に溜め攻撃をしていれば良い。

■作業報告
レベル:1
戦闘力:1000
HP :100
破壊力:6
耐久力:4

つーことで、クリアすると作業報告というのが表示されて現状のステータスが見ることができるみたいだ。

この後に派遣先の山田っていうオペレーターがガイド役でこのゲームのシステムをいろいろ教えてくれるので覚えておこう。

システムを簡単に書くと、次の現場を自分で選択して業務をクリアしていくって感じかな。
宮元1



-----------------------------------------------------------
ポイポイ星:巻きこまれた才能
-----------------------------------------------------------
目的:射撃訓練をする事になったジュリア。指示に従い敵を排除せよ。
時間:3分
-----------------------------------------------------------

何となく武器の装備を「Barrett」に変更してみた。
どうやら連続で攻撃弾を発射できるみたい。

さて、このミッションから初めて敵が出現する。
でも一撃で倒せるので簡単にクリアできます。

まあ、まだ雰囲気に慣れるためのミッションですね。

■作業報告
レベル:1
戦闘力:1000
HP :100
破壊力:6
耐久力:4

前回と全く変わらん。
レベル上がってないので当然といえばそうだが。


続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

ネタなし

なーんにもやってません。

だからネタがありません。

ケータイでRPGをかる~く探してみたんですが、どうもパッとしない。

「ロストセイヴァー」がちょうど一年前くらいか。

もうかなり前の気がしたんだけど、意外にまだそんなに時間が経ってないんだなぁ。

とりあえず今は「デイトナUSA」が欲しいんだよね。

でもPS3が手元に無い今はどうしようもない状況。

ああ、RPGだっけ。

個人的にはアイテム合成とか隠しジョブとか配信イベントとか、はっきり言って「どーでもいい!」

やり込み要素なんて全く不要。

一回のエンディングで十分だから、その一回で満足できるRPGがやりたいのです。

3Dとか派手なエフェクトとかもイラねぇ。

視点は見下ろし型の昔ながらの2Dで十分。

ストーリーや謎解きをメインに楽しませてくれるRPGをプレイしたい。

簡単に言えば昔のRPGのスタイルですね。

そう言いながらもRPGは苦手なので途中で投げ出すんですけどね(笑)



テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『CALL OF DUTY BLACK OPS』

「コールオブデューティ ブラックオプス」

…カタカナで書くとなんだかカッコ悪いな。

さて、CODの最新版であるBLACK OPS。

日本語吹き替え版の体験版をPS3でプレイしてみた。

・・・。

やっぱりこのシリーズは面白いわ。

特にロープで下降して外から窓ガラスを破って建物に侵入するシーンがカッコ良すぎです!

スローモーションになる演出も手伝って、映画のワンシーンを観ているような錯覚に陥るほどシビレましたね。

ヤバイな。
これは買ってしまうかもしれんぞ。


地味にアンチャーテッドの新作も気になっている今日この頃。



テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

『コンサドーレ札幌』第34節

vs 東京ヴェルディ戦。

3位の札幌としては上位陣がなかなか負けてくれないので、何としても勝ち続ける必要がある。

4位の徳島も勝ち点1差でついて来ているので我慢の試合が続く。

一方、東京Vもこの試合で負けるとJ1昇格の芽が摘まれてしまうという重要な試合。

両者にとって絶対に負けられない試合です。


さて、札幌はジオゴを外して近藤を1トップとして、中央に内村、左右に純平と砂川という布陣。

うーむ。
ジオゴの調子が悪いとはいえ、その存在が相手にとって脅威となるはずで、近藤や内村が二列目から飛び出すからマークがつき切れずにいい形になるはずなのだがね。

あと、純平を右サイドバックから左サイドハーフに上げたんだけど、たしかに純平の攻撃は魅力的だ。
でも最近の純平は守備での動きの良さが目立っていた。
ここ2試合失点しなかったのは、純平の功績が大きかったと思う。

調子が良いときはあまり布陣を弄る必要はないのだが・・・。

嫌な予感を抱きつつ試合開始。

そんな予感が的中。
前半16分。
札幌ゴール前で恒例の札幌選手達のドタバタ劇の末、敵の目の前にボールがこぼれ先制される。

しっかりクリアしてくれよw

まぁ、でも札幌の選手達の動きは悪くない。

が、シュートの精度がよろしくない。

そんな中、後半10分に東京Vが追加点。
あのアーリークロスは敵ながら素晴らしいと思った。

さあ、ヤバイ状況の札幌。

近藤に変えて上原を投入し、右サイドバックの日高に変えて岡本を投入。
3バックとして攻撃に厚みを出す作戦を取る札幌。

後半39分に砂川が得点しやっと1点差とする札幌。

しかし反撃もそこまで。

札幌は痛い敗戦となりました。


これで4位の徳島が愛媛に勝てば、勝ち点2差で3位の札幌と順位が逆転するという展開。

終盤まで徳島が2点差で愛媛にリードしていたのですが、ロスタイムになんと愛媛が2得点してドロー。

絶好の機会を徳島も逃すという、何とも混沌としたリーグ戦です。


札幌は運があるのか無いのかわからないですが、まだ勝利の女神は見放していません。

残り4試合全て勝つ意気込みで行くしかないです。


ちなみに札幌のシュート数は15本。
対するV東京は8本。

いつもの札幌の試合展開をV東京にやられたような気がします。



テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

『サドンアタック』あたらん

SA。

いや、マジで。

ノートPCだからと言い訳してみる。

それにしても当たらん。

動向のARのキルデスが大幅に50%を割り込む事になろうとは・・・。


ああ、そうそう。

CF。

今日も問題なくゲームすることが出来ました。

これでwindows7問題も直ったと考えて良いでしょうね。

よかったよかった。


何だかまったりとRPGでもやりたくなってきた今日この頃。



テーマ : Sudden Attack
ジャンル : オンラインゲーム

『クロスファイア』三度目

今回のメンテでWIN7ユーザの不具合が修正されたらしい。

そう言いながら今まで二回も騙された訳だが、今回で三度目の正直となるか!?

それとも二度ある事は三度あるのか!?

半信半疑の中ゲームスタート。

・・・。

何の問題も無くデイリー消化。

うむ。

ちゃんと修正されたようだ。

でも安心するのはまだ早い。
何故なら、過去二回ともメンテ後の初プレイはちゃんと出来たからだ。

問題なのは二日目以降だ。

明日も問題なくプレイ出来ればほぼ改修されたと考えてよいだろう。

さてどうなる事やら。



テーマ : クロスファイア
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。