スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行りは終わりました

何故か、14秋~15冬アニメに限定して自分の中で流行っていましたが、15春からは一切見てません。

「四月は君の嘘」が終わり、そこで糸が切れた感じでしょうか。

気になるのは「Fate」くらいですかね。

そこで、これまで記事にしていなかった14秋~15冬アニメの感想を一気に紹介してみます。

点数はいつものように5点満点です。


■魔弾の王と戦姫 お勧め度:3.5点
<感想>
普通に面白いけど、会戦シーンはチェスの駒みたいなユニットが動いて、ナレーションが入るだけ。
もっと戦略的なかけ引きや、人間ドラマを見せて欲しかった。
そうじゃないと、英雄譚としては物足りない気がする。
2期目を早く頼む。


■アルドノア・ゼロ お勧め度:4点
<感想>
個人的には、何でもアリのスーパーロボット軍団に対して、リアルロボット系(しかも訓練機)で立ち向かうのが面白かったです。
最後の終わり方がちょっと微妙でしたが、まぁこんなところか。
作画が半端なく綺麗で、戦闘シーンが非常に良かったです。
また、音楽も良かっただけに、やっぱりストーリーの収束のさせ方さえ良ければ・・・。


■艦隊これくしょん お勧め度:3点
<感想>
全然史実と違うんですが・・・。
まぁ、このようなアニメで歴史を忠実に再現するのもどうかとは思いますが、それにしても「ミッドウェー海戦」をこれほど歪曲させられると、歴史好きな自分としては唸るしかないです。
軍艦好きからすると、駆逐艦にフォーカスする点は非常に良いと思うのですがね。


■冴えない彼女の育てかた お勧め度:3.5点
<感想>
予想以上に面白かったwww
個人的にはあまり縁が無いジャンルですが、意外にも最後まで見てしまいました。


■蒼穹のファフナーEXODUS お勧め度:3点
<感想>
ストーリー的にはそれほど特筆すべきものはなく、作画もまぁこんなもんだろう。
ちょっとだらだらやってる感が否めない。
本作は2期目ですが、最終回でも全然終わる気配がありませんでした。
3期目に続くようです・・・。


という訳で、一気に感想を書いてみました。

実は上記以外にも見てるんですが、正直、覚えていない(笑)

どれも似たような絵に、似たような内容です。

最近のキャラの特徴は鼻の下が長い(口の位置がアゴ寄り?)のが流行りなのでしょうか?




スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

「君嘘」とストーリーが似ている!?

「いちご同盟」───。

「君嘘」は、確かに話しの展開が「いちご同盟」とオーバーラップしますし、作品中でも「いちご同盟」が出てきます。

かをりの「わたしと心中しない?」や、公生の「僕はラヴェルなんて絶対弾かない」は「いちご同盟」ありきのセリフです。

死を覚悟したかをりは、病室で読んだ「いちご同盟」のヒロインのセリフを口にします。

同じく「いちご同盟」を読んだ公生は、それを否定します。

かをりは希望を胸に手術を決意します。

君嘘_心中しない
かをり「わたしと心中しない?」

君嘘_小説のヒロインじゃない
公生「君は小説のヒロインじゃない。僕はラヴェルなんて絶対弾かない。だからもう一度、一緒に弾こうよ。君は忘れられるの?」

君嘘_ワルツをだなんて
かをり「また夢を見ちゃうよ。いつか、君とワルツを──だなんて。」


実は、もっと「君嘘」と同じような展開のアニメがあります。

「ef-a tale of melodies」です。

「ef」の2期目のタイトルなのですが、この中で登場する人物も「不治の病の天才ヴァイオリニスト」です(たしか)。

まぁ、こちらは男なのですがね。

手術の成功率も低く、たとえ手術が成功しても寿命を少し延ばすだけ、という点も似ています。

自暴自棄になっていたところに運命の出会いがあり、その人のために手術を決意します。

「ef」では無事、手術が成功し残り少ない人生を静かに過ごすというストーリー(だったはず)です。

最後だけ違いますが、大まかな流れは非常に似ていると感じました。

興味がある人は見てください。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

「消滅都市」for Android

プレイを始めてからかなり経つけど、面白くてずっと遊んでます。

イベントが盛り沢山で飽きないんですよね。

平日は仕事があるので参加できないものもあるくらいです。

そして、一番気に入っているところは、「軽快」に動作することです。

アクションゲームで処理が重くなることは致命的な問題となりますが、「消滅都市」はサクサク動くので爽快感があります。

のんびりゲームを進めるのであれば、全く課金する必要が無いのも魅力です。

ストーリーもシリアスあり、ギャグありで楽しませてくれますし、音楽もヘッドホンを推奨するくらい自信を持っているようで、実際、ノリノリでプレイしちゃいます。

ゲーム中の操作方法は、タップとスワイプだけなので超簡単。

個人的には超お勧めゲームなので、興味ある人はどうぞ。



「君嘘」マンガ全巻購入

「四月は君の嘘」。最新11巻を含め、全巻大人買いしました。

活字として数々の名シーンを読むと、アニメとはまた違った感動がありました。

また、アニメでは削られているシーンもあるので、アニメしか知らない人は、マンガ版も超お勧めしておきます。

それにしても、この作品の涙腺破壊力は凄まじいですね。

今では第一期OPの「光るなら」のサビを聞くだけで泣けますからね。

かをり風に言えば、変なスイッチが入った状態になります。

「君嘘」を楽しむには、一人で静かな場所、できれば自分の部屋で楽しんでください。

涙腺崩壊時の準備(ティッシュを用意しておく等)をしておけば完璧です。

ちなみに私は、タオルも用意しました(笑)

アニメもマンガも最終回は号泣必至です。

本当に素晴らしい作品なので、たくさんの人に見て欲しいと思います。




テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

「ソードアート・オンライン」

本当は一押しアニメとして本作を紹介したかったんですが、「君嘘」があまりにも素晴らしい作品だったので、ちょっと微妙になっちゃいました。

でも、「ソードアート・オンライン」(略してSAO)も非常に面白かったです。

いつも通り5段階評価してみます。

<シナリオ>3.5点
世界観は非常に良くて、ゲーム内での死は実際の死へ繋がるデス・ゲームという状況下で、100層あるステージをどのように攻略するのか、という部分が非常に興味がありました。
が、残念ながらステージ攻略はあまり詳細に描かれていません。
そこをもっとしっかり描いてくれたら満点だったのですが、元ネタとなる小説版がこのような作りなので仕方ないか・・・。
でも、一つひとつのエピソードが非常に良い作りになっていて、結構泣かされます。
(ちなみに1層からの攻略については小説版「プログレッシブ」シリーズでどうぞ)

<作画>4.5点
「A-1 Pictures」はいつもいい仕事をしますね。
元ネタとなる小説の世界観を全く損なうことなく美しく映像化しています。

<音楽>4.5点
めちゃくちゃいい!
特に戦闘時の音楽が雰囲気を盛り上げます。

<お勧め度>4点
ちょっとストーリーが駆け足で進み過ぎる感がありますが、それ以外は申し分ありません。
特に、主人公が強いのが良いです。
主人公がヘタレなアニメって結構多いですが、SAOは主人公が最強なのでイライラしないです。
アニメはやっぱりこうじゃなきゃ。
そしてかなり泣かされます。
1期の「赤鼻のトナカイ」や2期の「マザーズ・ロザリオ」は涙腺崩壊です。

で、あわせて小説版も読んでほしいです。
アニメでは説明しきれていない背景や設定が補完されるので、よりSAOを楽しむことができます。

あと、アニメでは声優陣が非常にいい仕事をしています。
特にキリト役の「つぐつぐ」の熱演が光っています。

超おすすめアニメです!

個人的にはAlicization編のアニメ化、待ってます!




テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

「氷菓」

謎のタイトルですが、実はこのアニメはミステリーに分類されます。

通常ミステリーと言えば、誰かが死んで、それを探偵が名推理で犯人を当てる、というのが王道でしょうか。

でもこのアニメでは誰も死にません。

日常の中で気になること、もっと言えばヒロインが気になる事を解消するために主人公が活躍する、という設定になっています。

それでもしっかりとミステリーとして成り立っているのは、さすがと言えますね。

タイトルでもある「氷菓」も、ストーリー上、重要な要素となってきます。

今までかなりの数の本格推理小説を読んできた自分にとって、このようなミステリーはすごく新鮮であり、非常に興味深く見ることが出来ました。


<ストーリー>4点
今までのミステリーとは違う切り口でありながら、ちゃんとミステリーです。
序盤では謎の多いヒロインが、話しが進むにつれて少しずつ人となりがわかってくるのも良いです。
ミステリーでありながら、恋愛ものとしても成り立っています。

<作画>4.5点
綺麗な風景が良いです。
特にラストの「桜」と「生き雛」、最高でした。

<音楽>4点
その雰囲気にあった、非常に効果的な音楽でした。

<お勧め度>4.5点
タイトルからは想像もしなかったストーリーですが、非常に面白い作品でした。
本質が「謎を解く」のではなく、ヒロインに「納得してもらう」ことが重要というのが良いです。
この作品は世の中に受け入れられたのか「わたし、気になります!」が、
個人的には大・大満足でした。超お勧めのアニメです。


プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。