スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone4S

KDDIとSBM(ソフトバンクモバイル)。

どちらも予約を開始し、どちらも行列が出来る盛況ぶり。

うちの会社でも予約に行った人が数名おります。

どうやらSBMで3Sから機種変更するみたい。

そりゃそうでしょうね。
iPhone3/3Sのユーザーは4Sに機種変する場合、割賦残金をゼロにしてくれるって言うんだから飛びつきますよ。


さて、どちらも料金プランが発表され、同時に予約を受け付けている現状ですが、実際にはどちらを選ぶべきでしょう。

■KDDI
<良い点>
・800MHz帯を持っている恩恵から「つながりやすい」

<悪い点>
・通信速度はSBMよりもかなり劣る
・「つながる」が途中で回線が切れる事が多い
・料金体系が若干SBMよりも高い


■SBM
<良い点>
・安い
・何だかんだで今までの実績がある

<悪い点>
・そもそも繋がらない


KDDIはつながると言ってるけど、スマホは最近になってやっと本格化した後発会社だ。
回線についても今後どうなるのかわからんぞ。
いや、間違いなくパンクするだろうな。

今までの携帯電話の何倍ものデータ量をやり取りする訳だけど、「つながりやすい」のに通信速度が遅いので回線の負荷はかなりのものになるだろう。

SBMも回線の負荷でずっと苦しんでいる。
Wi-Fiルーターを無料で提供しているのも回線を分散させるための苦肉の策だ。

しかし、起死回生の一打がSBMにはある。

プラチナバンドである900MHz帯の獲得だ。


700~900MHzの帯域は通信速度というよりは、つながりやすさに影響を及ぼす。

docomoやKDDIはこの800MHz帯を持っているのでつながりやすいのだが、SBMは1.5GHzと2GHz帯域しかもっておらずどんなに頑張っても2社には敵わないのが現状だ。

しかし、この通信帯域が不足している現状を総務省が考慮し、アナログTV終了で空いた700MHzと900MHzを携帯会社へ割り当てることになった。

そこでSBMが先ずは900MHzに手を上げて何とか他社に追いつこうと狙っており、それを見越して基地局増設に着手しています。

無論、SBM以外の会社も手を上げているのでどうなるかわからない状況ですが、SBMとしては見切り発車だけど認可が下りたらすぐに運用できるようにやっちゃうらしい。

早ければ来年には割り当てられるはずなので、SBMに決まれば「つながりやすさ」は改善するかも?


現状では「今のところつながる」KDDIを選ぶか、「安さと実績」のSBMを選ぶかになるだろうね。

個人的には来年の春くらいに通信回線が各社どうなっているのか興味があります。


10月18日に開催予定のdocomo冬春モデル発表会もちょっと気になるな。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。