スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『史上最強 宮元ジュリア』その18

長々続けてきたこのシリーズもやっと最終回です。

-----------------------------------------------------------
銀河連邦本部:未来のために
-----------------------------------------------------------
東を追いかけるため宇宙に飛び立ったジュリア。
今、最後の決戦の幕が上がる。
-----------------------------------------------------------

シャトルから宇宙空間へ飛び出すジュリア。

ジュ:「このスーツの対真空時間は…3分!」
アル:「まだ追ってくるなんて往生際の悪い」

でかいロボットに乗ったアルタイルとの戦闘。
こいつは瞬間移動を駆使して様々な攻撃をしてくる。
しかし、逃げながら慎重に対処すれば楽に倒せるはず。

アルタイルは星に墜落した。

アル:「君は…公人を殺そうというのですか?」
ジュ:「殺す気はないけど…きゃあ!!!」

アルタイルは不意をついてジュリアを攻撃した。

アル:「甘いですね。そんな事では官僚にはなれない。さようなら」
とどめの攻撃を放つアルタイル。
万事休すのジュリア。

…そこへ山田が割って入り、ジュリアの盾となる。

山田:「黙ってられるか!」
ジュ:「山田さん!」
山田:「ジュリアがこんなふうに消されるなんて…うがああああ!」

アルタイルと山田が放つレーザーがぶつかり合う。
力と力のぶつかり合い。

アル:「こしゃくな!!」
山田:「うがあああああ!!!」

山田のレーザーがアルタイルのレーザーに勝り、アルタイルは吹き飛ばされる。
しかし、よろよろと歩いてくるアルタイル。

アル:「人類の…進化は…限界まで来ています…」
山田:「こいつ、まだ…!!」
アル:「我々が…DNAをデザインして強くしてあげなければ…人類に未来は無い…」
山田:「人間は兵器アリとは違う。平和に向かって進化していくものだ」
アル:「人間も神から見ればアリです」
ジュ:「神の視点とか妄想ばかりの官僚のママゴトはたくさんだよ!」
アル:「客観的に下した判断です…」
ジュ:「私達は明日もちゃんと働いて給料貰わないと生きていけないんだからね!そのあたりどう考えてんの?」
アル:「え…あの…何と申しましょうか…」
いきなり現実的な事を言われ戸惑うアルタイル。

アル:「…早急に…対処を…」
アルタイルは姿を消す。
そこには艦隊の制御コードが落ちていた。
これで艦隊は止められる。

ジュ:「…でもあいつに逃げられて大丈夫ですか?」
山田:「アルタイルは生かした方がいい。この件に関する証拠は銀河中にばら撒いておいたからあとは銀河中の人々がどう判断するかにかかっている。ぼくらの未来も…。」

ここで結ばれる二人。


──エピローグ

銀河FM放送
 …次は厚生労働省の疑惑についてのニュースです。
 先日、匿名の情報提供者から寄せられたビデオによって明らかになった…
 事務次官の東アルタイル氏の失言と疑惑に多数の非難が寄せられています。
 厚生労働省大臣の辞職も時間の問題と思われます。また、これにより
 ここ数年語られることの無かった「宇宙は誰のものか」議論が復活しており
 各地で論争となっております

山田:「ミラ、ジュリアはどこかな」
ミラ:「さあ、わからないですぅ」
山田:「このヤバそうな案件を頼もうと思ったんだが」
アナ:「ジュリアなら今…シャトルで出てったのそうじゃない?
山田:「え!ちょっと、呼び戻してよ!ジュリアー」

一方、ジュリア
ジュ:「アレ以来、山田さんの所行には目に余る。」

しばらく頭を冷やしてもらうために他の銀河へ旅立つジュリア。

まだ誰も見たことが無い次の銀河。

わたしは派遣のプロだ。

なんだってこなしてみせる。

なのに・・・

うしろ~!!!

会社が小惑星ごとついてきてるの~~~!!

山田:「お~い!まだ経費清算が終わってないぞ~」
ミラ:「もっと仕事おしえてくださ~い」
アナ:「まだ決着はついていないわよ」
ジュ:「ちょ!そんなに近づいたらぶつかる!ぶつかるってば~!!」

うきゃあああああ!!!!


─史上最強 宮元ジュリア  完─


はい、そうーゆーわけでクリアしました。

では続きで総括してみましょう。

はい、総括です。

■グラフィック:★★★★(4点)
携帯電話のアプリと言うことでまぁこんなもんでしょう。
変に3Dにして見辛くなることも無く、視認性は良いです。

また、動作が軽いのでちょっと前の携帯電話でもある程度ぬるぬる動きます。
そういった意味ではこれで正解だったと思います。


■操作性:★★★★(4点)
携帯電話での操作を考慮しており、非常に簡単操作で楽しめます。
多分、事前に操作方法を知らなくても何とかなるでしょうね。


■システム:★★☆(2.5点)
よくあるシステムだがそれだけに完成されていて安心感がある。
一度クリアしたクエストは何度でも受けることが出来、経験値稼ぎやアイテム回収を何度でも出来るのも良い。

ただし、謎解きは皆無であり、用意されたストーリーを辿るだけのゲームなのが残念。
しかもその肝心なストーリーも壮大に見えて実は稚拙。


■総評:★★★(3点)
最終的にはレベル200くらいだったけど、面白いくらい簡単にレベルが上がる。
つまりすぐに強くなる。

これは誰でも簡単にクリアできてストーリーを楽しめるという部分を売りにしているからだと思う。
事実、敵は非常に弱く、とてもアクションRPGとは呼べないくらいアクション性が低い仕上がりだ。
アクションがダメって致命的です。

数年前のドラマ「ハケンの品格」をベースにSFちっくに仕上げてみたらこうなりました、って感じでしょうか。

途中、中だるみが激しく、もう止めようと何度か思うくらいでした。

結構厳しい意見を書きましたが、気軽に遊べるゲームなので、そういった意味ではRPGとしての裾野を広げた気もします。

強くお勧めはしませんが、3日間の無料プレイも可能なので試してみるのもいいかもしれません。




スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。