スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサドーレ札幌

年末となりましたので、あえて話題にしていなかったコンサドーレ札幌について書きます。

トップチームの今季は圧倒的な弱さで記録的スピードでJ2降格が決定しましたが、U-18は12月24日のJユースカップでガンバ大阪を破り見事優勝しました。

ここ数年、札幌の新人育成はほんとに素晴らしいですね。
ついに札幌ユースの悲願である全国制覇をやり遂げるんですから。

このユースメンバーから来季は6名も昇格する事が決まっています。

正直、実戦経験からするとまだまだ半人前ですが、可能性がある若者達が育っていく姿を素直に応援したい気持ちが強いです。


また、昇格組以外の補強も納得出来る人材を獲得しています。

先ず一番の弱点であるセンターバック。

ここにブラジル人CBパウロンを獲得しました。
なんと192cmの長身であり、やはりフィジカルの強さをウリにしているみたいです。

更に韓国人CBチョ ソンジンが讃岐より完全移籍してきました。
こちらも187cmも身長がありますので、パウロン組むといい感じになりそうです。

左SBは岩沼が抜け、かなり熾烈なポジション争いとなります。

筆頭候補は東洋大から新加入の松本でしょう。
この選手はU-18札幌から東洋大へ進学し、卒業後にまた札幌へ戻って来るという、今までとは違う新しい加入方法を切り開いた選手ともいえます。

この方法が確立されれば、U-18からトップチームに昇格出来なかった選手達にも、再びチャンスが巡ってくるという事なのでモチベーションも上がるでしょう。

松本の対抗選手は前でしょう。
年末からFW横野と共にブラジル短期留学を自分から進言したノリに乗っている選手です。

ユース昇格組の堀米もボランチから左サイドもこなすユーティリティプレイヤーです。
誰がスタメンを勝ち取るのか見ものです。

次に右SB。

日高の去就がはっきりしませんが、多分退団すると思われるのでこのポジションも考え所。
古田を起用するのが安定か?
小山内が成長してくれると古田を攻撃側で使う事が出来るが・・・。

中盤以降は結構人数が揃ってるのでフォーメーションを考えるだけで楽しくなってきます。

そういった意味では来季が楽しみでしょうがないです。



スポンサーサイト

テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。