スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスゼロ

アニメ「マクロスゼロ」を今さらですが見ました。

これは2002年から2004年までのOVAで全5話の作品。

マクロスは最初のTV版と映画版、それと「7」を何話か見たくらいです。

「F」は全く知らないです。


さて、今回の「ゼロ」ですが絵は奇麗ですし、ロイ・フォッカーも登場します。

戦闘シーンは相変わらずミサイルがイイ感じです。

しかし決定的に「違和感」があり、それが話が進むにつれ増大し、ストーリーの中心となっていきます。

以降はネタばれです。

圧倒的な違和感。

そうです。

「鳥の人」と「呪術師サラ」の存在です。

この存在がSFアニメと思っていたマクロスをファンタジーの世界へ誘うのです。

物語の収束もSFとしてではなく、ファンタジーとして収束するので、正直釈然としません。

また、文化を知らない異星人との接触も無いため、マクロス作品のキーとなる「歌」についてもあまり重要視されていないようです。

3DCGで表現されたビジュアルに目が行きますが、ストーリーが微妙であるため作品にのめり込めないです。

たぶん、もう見ないです。


■個人評価:65点(100点満点)

ちなみにこの後、初代マクロス映画版のDVDを見ましたが、めちゃくちゃ面白かったです。

やはりこれを超えるのは無理なのでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。