スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリッキー&アッポー

セガのレトロゲームシリーズ。

今回は1984年の2作品を紹介してみます。

■フリッキー
アイテム回収型アクションゲーム。

フリッキー

1983年に発売された名作シューティングゲーム「エクセリオン」を彷彿とさせる慣性が働く操作感がこのゲームの特徴です。

ゲームはヒヨコを全て回収して家に戻れば良いだけなのですが、高得点を取るには一度でたくさんのヒヨコを連れていかなければなりません。

しかし、そうするとヒヨコが親鳥の後ろに長く連なることになるため、敵である猫に当たりやすくなります。

そこに慣性が相まって、絶妙のゲームバランスが生まれています。

前回紹介した「ペンゴ」もユーザーに高得点を意識させたゲーム調整となっていましたが、この頃のゲームはうまくプレイヤーの心理をついた良作が多かったです。


■アッポー
1983年12月。データイーストからゲーム業界初となるプロレスを題材としたゲームがリリースされました。

それが有名な「ザ・ビッグプロレスリング」です。(知らん?www)

ザビッグプロレスリング

ファミコン版ではナムコから1986年に「タッグチームプロレスリング」として発売されたので、そっちは知ってる人も多いでしょう。

当時プロレスが大好きだった私としては、めちゃくちゃ遊びましたね。

それから半年後・・・

セガから名作「アッポー」がリリースされます。

アッポー

このゲームの良いところは、実在するレスラーが登場し(実名ではありませんが・・・)、それぞれの必殺技を出すことができる点です。

操作はレバーとパンチ、キック、ホールドの3つのボタンで行い、いろいろな組み合わせで技を繰り出すことができます。

コミカルなグラフィックとは裏腹に、かなり難易度が高いゲームでした。

特に相手との距離によって出す技が違っていて、その距離感が非常にシビアで、必殺技を出そうとして自爆なんて良くありました。

そういった意味では、操作が簡単で手軽に技が出せる「ザ・ビッグプロレスリング」とは一味違ったゲーム性でした。

いや~久しぶりにプレイしてみたいなぁ。


ちなみに「アッポー」の後はプロレスゲームが沢山リリースされます。

その続きはまた次の機会にでも。



スポンサーサイト

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。