スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」簡易検査編

会社の健康診断で、頭痛に悩んでいることを医師に相談したところ、レントゲンで心臓肥大も見つかったと言われました。

どちらもその元凶となるのが、長年悩んでいた「睡眠時無呼吸症候群」(略称SAS)じゃないか、という事になり、急遽睡眠外来に通されました。

すぐに簡易検査の機械が入った箱を渡され、睡眠時に装着するように指示されました。

看護師に使い方やら、検査後にその箱をどうするのか等のレクチャー受けてから帰宅。

その夜、検査機器を装着してから寝ました。


ところで、この簡易検査機器。

実は、起きている状態と寝ている状態を判断できないらしく、本当に眠る直前に電源を入れなければいけません。

しかも、一度電源を入れると電源を消すまで記録され続けるため、失敗は許されない一発勝負の機械なのです。

やり直しが出来ないという変な緊張感のため、なかなか寝つけない状況でしたが、気が付いたら寝てました(笑)

──しかし。

午前3時半すぎに目が覚め、それ以降、装着した機器が気になって眠れなくなりました。

このままだと寝不足になりそうなので、電源をOFFにして機器を外して寝ました。

実測時間は3時間くらいでしょうか。

ちょっと計測時間が少ない気もするけど、寝不足になるのは嫌なので仕方ない、と割り切りました。

翌朝。

簡易検査の箱にヤマト便の着払いの送り状が入っているので、箱をコンビニに出してから会社へ出勤。

結果は2週間後に病院へ行って聞くことになります。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。