スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『勇者のくせになまいきだ そして携帯へ』その4

「おまけ01 地中の静止する日」です。
ここまでクリアしてきた人であれば、多分この面もあっさりクリア出来るはずです。
時間も堀パワーも十分あるので準備を整えてから勇者を呼びましょう。

この面をクリアすると次のおまけ面が出現します。


「おまけ02 毎日が堀ディ」
この面もボーナスステージです。
勇者はこちらが呼ぶまで来ないので心置きなく自分好みのダンジョンを作りましょう。


これで全面Sランククリアしたので、恒例の評価を行うとしますか。
いつも通り5段階評価です。

■グラフィックス:★★★(3点)
っていうか、もともとこのゲームはグラフィックスを売りに
している訳ではないし、事実、昔のドットが粗い雰囲気をあ
えて出してるゲームなので(ゲームボーイのような感じ)画
面の美しさは問題ではないです。


■サウンド:★★★★(4点)
携帯アプリ版なので当然、携帯電話の電池残量を考える必要
があるので、なるべく電池を消費しないように、また他人に
ゲームの音が聞えないようにサウンドはOFFにするのが基本。

従って、あまりサウンドも重要じゃなかったりしますが、実
はこのゲームは音楽が良かったりするんです。

イヤホンがあり、充電しながらゲーム出来る人は是非聞いて
みて下さい。


■ゲーム性:★★★★☆(4.5点)
戦略的なダンジョン作りが楽しいゲームです。
と言いながら、慣れてくるとダンジョンを作るって感じでは
無くなるんですがね(苦笑)

ある意味、アクションパズルゲームと言っても良いかも知れ
ませんね。


■操作性:★★☆(2.5点)
携帯アプリ版としては不親切だと思います。
そもそも最近の携帯ゲームはキーコンフィグ機能は普通の事
だと思います。

0キーで掘るのは問題無いですが、決定キーでも掘る事が出来
れば片手での操作がし易いと感じました。
携帯電話なので片手で遊びやすいのは基本中の基本です。


■総評:★★★★(4点)
操作性はちょっと辛口にしましたが、基本的には十分面白い
ゲームです。

まぁ、嫌いな人は絶対に受付けないゲームかもしれません。

でもハマると、とことんハマります。
中毒性があるんですよね。

ただ、携帯アプリ版で残念な点は「ストーリーモード」が
無く全て出題形式の面クリアゲームとなっているところです。

PSP版では勇者を倒してもそのまま継続され、次の勇者がやっ
てきます。
この連続性がストーリーモードの面白いところでした。

もしも掘り方を失敗してもそのまま継続されます。
掘りすぎたら、後で掘る所がなくなり手の打ちようが無くな
るという、更なる戦略と先を考えた堀り方が必要となります。

そういった「アツイ」モードが無いのがちょっと痛いです。

まぁ、PSP版へ誘導する為の携帯版だと思うので、そこは
割り切って考えましょうか(笑)


つーか、仕事忙し杉。



スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。