スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『7 -アルメセラ年代記-』その2

面倒なゲームの予感がする中、ゲームスタート。

適当に主人公の名前と騎士団の名前を決めるとストーリーが語られます。

~ストーリー概要~
勇者が平和を取り戻したのも束の間、また魔物が街を襲うようになった。
魔物は退治してもまた復活して繰返し街を襲った。
騎士団は長い年月で衰え、今や騎士団を率いる者もいない。
そんな時代に勇者の末裔と噂される主人公が騎士団の隊長に名乗り出たのだった。


さて、先ずは執務室にある訓練所で模擬戦闘を行い、戦いのコツを掴みます。
どうしてRPGなのに戦闘にコツが必要なのかと不思議でしたが、実際にプレイしてみると分かりました。

はっきり言って、戦闘は完全にシミュレーションゲームです。

何となく戦ってみて勝つ、という運的要素は全く無いです。
敵の情報から3×4マスの中で味方ユニットの特徴を考えて陣形を組みます。

この「陣形を組む」(隊列を組む)事こそ戦いの中で一番重要であり、このゲームの最大の特徴です。

□□□□←後列:回復列
□□□□←中列:補助列
□□□□←前列:戦闘列

基本的には一回の行動の都度、列をローテーションしながら戦います。

前列で攻撃をしたらローテーションボタンで後列にして回復します。
更にローテーションで中列にして前列の補助を行います。

この一連の流れを繰返し行い敵を倒します。

ただし、敵には特徴があり、HPが低いユニットを優先して攻撃するやつがいたり、戦士を優先して攻撃してくる敵もいます。
更には属性(火、水、土、風、無)も関係してきます。

この敵の情報を元に、味方ユニットを7体使って陣形を考えます。
味方ユニットにも特徴があり、攻撃力があるけど自分で回復出来ない「戦士」、補助列にいるときに前列の仲間を敵の攻撃から一度だけ防御してくれる「騎士」等、それぞれのユニットの特徴を活かしつつ弱点をカバーする陣形を考える必要があります。

しかも、リアルタイムで戦闘は進むので、よそ見とか出来ません。
敵を倒すまで気が抜けないのです。

先ずは味方ユニットの特徴を把握し、一番基本となる陣形を確立してから敵の特徴に合わせて組み替える感じで行こうかな。

しばらくは模擬戦闘でコツを掴む事になりそうです。


他にも貢献度、疲労度、家系、育成等の要素があり、ほんと盛り沢山のゲームです。

逆に言えば、間違いなく面倒なゲームだと言えそうです。





スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。