スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蒼天』仕様見直し?

工作の是非についていろいろ意見があるようですが、ぶっちゃけ工作の重要性を軽視していた呉が、今になって騒いだところでどうにもならない。

全員が同じ条件下でゲームをプレイしているのに、自分たちが不利な状況になったからって、そのゲームの仕様に対して文句言うなんて、同じ呉民として恥ずかしさすらある。

別に滅亡してもいいじゃん。(そりゃあ、したくないのは当然だが)
所詮はゲームの世界であり、最終的にはどこかの国が滅亡するゲームです。

もし滅亡すると、残りのどちらかの国へ移住する事ができ、統一されるとまたリセット状態で元の国からプレイできるみたい。

つまり、滅亡しても普通にゲームを楽しめるのです。

っていうか、移住先の魏や蜀の狩場を大手を振って入れるんですよ。
更に国チャや戦争時の状況等も見ることが出来るのです。
(本当に可能なのかどうかは仕様がはっきりしないのですがねw)

これらをリセット後に生かして楽しめばいいのです。
滅亡することが必ずしもネガティブな要因とはならないと思います。
むしろ「滅亡クエ」を楽しめばいいのです。

そう考えれば、滅亡が嫌だからと言って他国に別アカを作る必要も無いと思います。
「糞仕様」とかいちゃもんをつける必要も無いです。

まぁ、でもこれは完全に大人の意見であり、負けたくない。悔しい。という感情もわからないでもないですがね。




さて、話は変わって昨晩の展開。

呉は首都から戦争を仕掛ける事が出来るのか、テストを兼ねて合肥攻めらしい。
まぁ、蘆江の防衛の観点で言えば、魏の政策時間を潰す事が出来るのでこれもアリでしょう。

ただし米を消費するのが痛い。

合肥戦中に蜀が江陵に攻込んできましたが、事前に米と武将を移動済みで蜀に江陵を取らせるつもりだったのでスルー。

結果的には合肥・江陵どちらも負けましたが想定通り。

魏はさらに蘆江を攻めてきました。

呉は全員武力100未満の英雄しかいませんでしたが、魏の英雄は豪華ラインナップでその破壊力は凄まじかったです。
しかも呉は人数が不足しており苦戦しましたが、粘りに粘って何とか防衛成功。

この防衛によって呉民の雰囲気はかなり良くなりました。
魏には感謝ですね。

そして、更に蜀が南海を攻めてきました。
先ほどの防衛戦で勝利し、モチベーションも上がっているので人数は不足しても、前に出る気持ちは全員持っていたと思います。

すると、こちらも完勝でした。


でもどうして蜀は南海に固執するのでしょうか?

理由は、既に蜀は五虎将を南蛮に配置しており、それを江陵方面へ移動するには時間がかかる事もあるでしょうが、もう一つ、輸送を気にしているのだと思います。

蜀は江陵から武陵・桂陽と南下したいはずですが、補給線が延びることを不安視しているはずです。
もしも襄陽を魏に取られれば、蜀の江陵以南の都市は孤立します。
それを避けるためにも、蜀は南海を取っておき、南回りの補給線を確保したいのだと思われます。

また、同じように、魏が江夏から柴桑・山越と攻め取った場合、現状は苑方面からしか輸送出来ません。
そこでもしも蜀に苑をとられた場合、新野以南は完全に孤立します。

そう考えると蜀も魏も、相手が南下したタイミングで攻込むのがベストだと思われます。

そして、呉は南海と蘆江を死守すべきです。

もしかすると呉が今後の展開の鍵を握っているのかもしれません。
楽しくなってきた。

でも戦争は一日2回でお腹いっぱいです・・・



スポンサーサイト

テーマ : 蒼天
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。