スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロストセイヴァー』その19

オルデンの依頼がやっと終ったので次のクエストだ
-------------------------------------------------------------
<クエスト:オルデンの護衛>
オルデンの護衛をしろ
・報酬:2500d
・仲間条件:キャロア
・レベル条件:なし
-------------------------------------------------------------
結局またオルデンの依頼じゃんwww

ロータス老師の葬儀に出席するので護衛して欲しいんだとさ。
しかもオルデンはいつもと雰囲気が違ったらしい。

王都へ行くとオルデンがいて、アフェクトとコルテージアが葬儀に参列しないので怒っていた。
しかし、アフェクトは主人公の親とも言える人だと気付き、謝るオルデン。

──葬儀も恙無く終り、ネアルラート卿から故人の遺業が語られ、後任の自分はまだ未熟なのでどうか力を貸してくれと演説し拍手が沸き起こった。
ネアルラート卿め。どこまでが本心なんだか。


葬儀の帰りにオルデンが現在の心境を話し始めた。

簡単に話をまとめると、念願の十賢人のひとりとなったが、自分が誰かに監視されているようで不安でたまらないらしい。

そこで主人公にずっと自分の傍で支えてくれないかと頼んできた。
しかし、主人公はここで終るような奴じゃない。人は不安になると誰かに頼ってしまうらしいと前言を撤回するオルデン。

…やはりこいつ何かがオカシイ。

すると雨が降り出したので近くの宿に駆け込む事になった。

宿に入りロビーのテーブルにつくと、同じタイミングで一人の黒装束も入ってきて別のテーブルに座った。
この黒いやつ、あからさまに怪しいんだがww


続きは↓をクリック
黒装束も気になるが、とりあえずオルデンに話しかける。

すると、オルデンの長いターンとなる。

要約すると、真王であるグランデ家は統一国家ティエラを十賢人へ譲り一貴族となった。
だが十賢人は、影響力があるグランデ家を反乱分子としてレイノ…今のグラン自治区に追放した。
グラン自治区に住むものは官職に就くことは出来ないらしい。
そこで資本主義のソレスへ単身で渡り、帰国するとネアルラート卿の支援でギルドを設立した。
ギルドは大きく成長した。

ここまで話してオルデンはハッとする。
「……俺は何を話そうとしたんだ!?」
知るか。

「そうそう、アフェクトが金の為なら何でもやるんだなと私に言ったんだ・・・違う、アフェクトはそんな事を言ってない」
うーむ。かなり混乱しているようだ。
というよりも、もう一つ人格があるような感じか。

「そうだ。俺が自分に言ったんだ。分かっている。俺が今までしてきた罪を償えと内なる神のささやきに俺は従うしかなかった。俺はいつからこんな血も涙もない化け物になったんだろう」
重症だな。
もう聞くのもめんどくせぇ。

「親友すら平気で・・・・・・・・あああああぁぁぁぁ」
おい。オルデン。
今何て言った!?

「違うっあれは私ではない!」
まさかとは思うが、お前がアフェクトを陥れたんじゃないだろうな?
そもそも英雄アフェクトがロータス老師を見殺しにするような事はしないはずだろ。

・・・オルデンは一人で帰ってしまった。

残された黒ローブの女に話しかけるが黙秘権を発動される。

仕方なくオルデンを追いかける為に外へ出ようとすると情報屋と傭兵の二人組みが入ってきた。
すると情報屋のくせにデカイ声で噂話を始めやがった。

「英雄アフェクトが自害したらしい」
これまたビックリな話だな。
もう少し詳しく話せ。聞いてやる。

「ユグドラシルで門前払いをくらって、ゆらゆらとアビスモ大樹海へ入って行ったらしいぜ」
樹海に入ると自殺という発想は日本人っぽいな。

「どうやらアフェクトはユグドラシルの女王であるコルテージアを振ったらしく、そのコルテージアに門前払いされ失意の中で樹海に入ったんだとさ」
おいおい。
事態はそんなロマンチックな話じゃなく、世界がどうなるかのもっと壮大な話しなんだよ。

すると別の方向から軽蔑する口調で声がした。
「そんな安い噂話で盛り上がるなんて滑稽ですわね」

黒ローブの女だ。やっと口を開いたと思ったらキツイ一言だな。

怒った情報屋は黒ローブへ突っかかった。
しかし、強い力に弾かれる情報屋。
情報屋は驚き逃げていった。

黒ローブの女は騒ぎを起こした償いに髪飾りを店主に渡しこの場を収めた。

女は主人公に外に出るように促す。

外に出ると黒ローブの女は実はコルテージアだと正体を明かした。

コルテージアが何しに来たのかわからんが、お爺さんにあたるロータス老師が亡くなった事は予め覚悟していたらしい。
また、アフェクトも無事らしいが行く先はわからないらしい。

アフェクトはこの一連の事件は王都の誰かが仕組んだ事だと考えていて、このままでは主人公には更なる困難が降り注ぐ事になるっぽい。
そこでコルテージアに主人公を守るように頼んだらしいのだ。

こうしてコルテージアがパーティに入る事になった。

クエスト完了。


…かなりストーリーが複雑化しているが、とにかくクエストを消化するしかない。




スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。