スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夢幻戦士ヴァリス』

久しぶりにレトロゲームの話題。

今回は日本テレネットの「夢幻戦士ヴァリス」です。

たしか、AV(audio/visualの事です!)を売りにしていたゲームで、ステージ終了ごとにビジュアルシーンが盛り込まれていました。

主人公は女子高生でセーラー服を着たまま戦い、女戦士は俗に言う「ビキニアーマー」で登場する美少女系であったため、ギャルゲーの走りと言われたゲームです。

当時はかなりの人気を得たので、「アルバトロス」と並び、日本テレネットの看板ゲームソフトとなりました。

勿論、私も購入しプレイしました。

MSX版ですがwww

知ってる人も多いと思いますが、MSXというパソコンはファミコンの劣化版と言っても過言ではない性能でした。
(16色、3和音なのでファミコンよりもかなり酷い)

ビジュアルが売りの「ヴァリス」でしたが、さすがにMSXでは如何ともし難いようで、OPやEDはもとよりステージ終了ごとのビジュアルシーンも全てカットされたためストーリーが全くわからないゲームでした。
しかも、敵はほとんどが単色で、ステージ数も他機種の半分しかなかったので、PC-88と比べるとかなり見劣りしていました。

・・・でもMSX版は高い評価を得ました。

何故か!?

そうです。スプライトです。
当時のパソコンでは唯一、MSXに搭載されていた素晴らしい機能です。
(PC-88系はハードスクロール機能はあったが、キャラクターを滑らかに動かす機能は無かった)

この機能により、キャラクターを滑らかに動かす事が可能となり、「アクションゲームとしての楽しさ」はMSX版が他機種を凌駕していました。

そういった意味で、友人のPC-88版をプレイした時はかなり驚きましたね。

「ビジュアルシーンが綺麗でストーリーもわかる!」
「でも思い通りにプレイ出来ずにストレスが溜まる!」

個人的にはアクションゲームをプレイしているのだから、ストレス無くゲームが出来るMSX版の方が楽しかったです。

■MSX版
ヴァリスMSX版

■PC88版
ヴァリスPC88版

■PC88版ビジュアルシーン
ヴァリスPC88ビジュアルシーン

MSXにこんな綺麗なビジュアルは求めていないけど、せめてストーリーがわかるような工夫は欲しかった…。



スポンサーサイト

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。