スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『三国志』

「レッドクリフ」という赤壁の戦いを題材にした映画がこの前TV放送されていた影響もあり、また三国志の本を読みたくなってきました。

と言っても、既にかなりの資料を持っており(一部引越しの時に捨ててしまったものもあるが)、普通の「三国志演義」の内容では満足できません。

今欲しいと思っているのは、諸葛亮の死後から呉滅亡までの話が詳しく載っている本です。

諸葛亮が五丈原で倒れてからは、読み物としては一気につまらなくなるのが「三国志演義」であり、史実としても曹氏が司馬氏のクーデターで倒され、蜀・呉が滅ぼされ司馬炎が晋を建国し三国を統一しますが、まぁ、淡白です。

確かに魅力ある武将達が活躍するような描写は無いので、ぶっちゃけ退屈な内容なのですが、そこをもう少し掘り下げた本が無いか探しています。


ちなみに、蜀滅亡の原因を作ったと言われる姜維を主人公にした小説は昔持っていたのですが、引越しの時に捨ててしまいました。

まぁ、ゆっくり探す事にします。


ああ、そうそう。

「レッドクリフ」の感想は「まぁ、映画だしいいか」です。

そもそも諸葛亮と周瑜が親友とかあり得ないですし、諸葛亮が呉で行った舌戦もいまいちでした。

っていうか、諸葛亮が風向きを変える祈祷のシーンも無かったので、どうも消化不良でしたね。




スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。