スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『次世代ゲーム機』

E3で注目の2機種について発表がありましたね!

先ずはPSPの次世代機「PlayStation Vita」

価格は3G&Wi-Fi両対応モデルが2万9980円(税込)
Wi-Fiのみに対応したモデルが2万4980円(税込)
発売日は年末を予定。
Vita本体
Vitaカード

スペックは5インチ16:9ワイド有機ELに静電容量マルチタッチパッドを搭載。
アナログスティックが左右につきました!
これが一番嬉しい。

さらに背面にもタッチパッドを搭載しています。

他には、カメラ、3軸ジャイロ・3軸加速度センサー、3軸電子コンパス、GPS(※3G&Wi-Fiモデルのみ。Wi-Fiロケーションサービス対応)

■個人的な感想
みんなタッチパネルとかが気になるみたいだけど、個人的にはUMDが廃止されてカード式となった点が一番気になります。

そうです。「読み込み速度」です。
UMDは読み込みが遅かったので本当に嫌でした。

カードとなってそこが改善されれば、ユーザーとしては本当に嬉しいですね。
ストレスが軽減されるのは大歓迎です。

あと、3Gにも対応していますが、私は不要ですね。
GPSは要らないし(携帯電話についてる)、Webからのダウンロードサービスも特に必要としません。
今まで通り、PS3を経由してダウンロード出来れば問題無い。

しかも、3G版は購入時の手続きが面倒だと思う。
3G無し版で問題なし。

マルチメディア機器(音楽・動画再生等)としての使用も出来るのが良いです。



さあ、次に任天堂の次世代ゲーム機「Wii_U」
Wii_U本体本体
Wii_Uコントローラー新型コントローラー
Wii_U使用時使用時イメージ

新コントローラは6.2インチ、16:9のタッチスクリーンを搭載した充電式コントローラ。
2つのスライドパッドがついている。

・・・それにしても、デカイ!(笑)

他には加速度計、ジャイロセンサー、振動機能、カメラ、マイク、スピーカー、タッチペンを備えている。

しかもWiiとは後方互換があり、WiiのソフトやWiiの周辺機器も使用可能。


■個人的な感想
うーん・・・ちょっと微妙。
6.2インチも必要か?コントローラーに。

携帯ゲーム機のように遊べるらしいけど、ゲームソフトやセーブ用のメモリカード等は本体にあるので、本体周辺からは離れる事は出来ないはずです。
つまり、あくまでもコントローラーという扱いなんですよ。
どうも中途半端ですね。その存在が。

しかもどう考えてもデカイ。
普通のコントローラーでさえ、使っていない時の置き場所が微妙なのに、こんなにデカイ精密機械をどこにしまえばいいんだ?(苦笑)

たしかにタッチパネルがあれば遊びの幅は広がるかもしれない。
Wiiとの互換性があるのも評価出来る。

でも携帯ゲーム機として考えた場合は3DSを買うし、据え置き型として考えた場合はWiiで十分じゃないか?

もっと言うならば、Wiiの周辺機器として(タッチパネルの扱いで)発売しても大差は無い気がするんだが?

正直、現時点では3DSよりも魅力は無いです。



スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。