スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『惨敗』

ホームでシュート数2本(しかも枠外)しか打てず0:2で惨敗した前節。

監督が意図している事が出来ず・・・っていうか、むしろ監督が何を考えているのかわからないと言ってもいいのかも。

当然サポからは監督解任の声が大きくなってきました。

ところで、コンサドーレ札幌はシーズン途中で監督を変更した事が何度かありますが、一度も事態が好転したことがありません。

だけど石崎監督は確かに選手の起用方法に疑問が多いのは事実。

個人的にはあまり賛成しませんが、現状のままでも事態は好転しないので、思い切って監督を変えるのもいいのかも。


例えば、前節は守備の要である芳賀が怪我で出場できない状況でした。
中盤の底で一番運動量が多い芳賀の離脱はチームにとって深刻だ。

そこで石崎監督はよくわからん奇策を取る事になる。

左SBに本来FWの上原を入れ、元々左SBの岩沼をボランチへ上げて本来FWの宮澤とのダブルボランチとした。

更に本来ボランチであるブルーノをトップ下とし、本来トップ下のアンドレジーニョを上げて1トップとした。

ちなみに右SBは本来攻撃的MFの純平であり、CBにも本来ボランチの河合が入っており、更に左SHに本来FWの近藤が入ってる。

つまり、本職としてスタメンに入っているのは、GKの李 昊乗とCBの山下、右SHの古田の3人だけって事になる。

それ以外のメンバーは本職ではないポジションであり、力を出し切れないのも当然のように思える。


確かに選手にとって複数のポジションが出来るのは良い事だとは思う。

しかし、それをほとんどのスタメンに適用するのは無謀と言うほか無い。


個人的には、CBにはまだ一人前ではないかもしれないが櫛引を使い続けて欲しい。
そして河合をボランチへ上げる事で中盤とのバランスを取り中央を安定させる。

また、右SBは日高とし純平は左SHで使い、FWは2トップとして横野と宮澤とする。
宮澤はちょっと下がり目でもいいかもしれない。

宮澤をターゲットとして、横野は常に宮澤を意識して動くようにすればいいだろう。

もしも1トップにこだわるのであれば、トップ下にアンドレジーニョを入れ、トップは宮澤がいいと思う。

宮澤はボランチではなく攻撃的ポジジョンに入れてこそ、その才能が開花するはず。
FWに固執して使う事でシュートへの意識も高くなるはずだ。

攻撃的なポゼッションサッカーを目指すならブレた選手起用はせずに、攻撃への組み立てを意識した選手起用を考えるべき。

この戦術が機能した場合、ボールの支配率が上がるはずであり、必然的に防御にもなるという考えのはずだ。


まぁ、私の考えはあくまでもサカつく的な考えを脱しないかもね。

でもこのままではコンサドーレ札幌は低迷を続ける事になるだろう。

チーム存続の危機にも繋がる重大な問題なので、フロントはそろそろ手を打つ必要がある。




スポンサーサイト

テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。