スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サッカー』

先ずは9/2の「日本代表」。

W杯アジア3次予選C組 日本1-0北朝鮮(埼玉スタジアム)

個人的にはあまり評価していない(でもサカつくではお世話になっているw)吉田麻也が後半ロスタイムに劇的な決勝ゴールをあげて見事勝利。

相手は退場者を出して一人少ない状態。
でも、もともと守備に徹してカウンター狙いの北朝鮮にとっては、一人少なくなっても守備にはあまり影響しない。

案の定、ゴールを割る事ができず、引き分けと思われたくらいギリギリのゴールだった。


パスサッカーの怖いところは、相手守備陣を崩せない場合、手詰まりになる可能性があることだ。

これは日本選手のFWに長身選手がいない事が原因だ。

いわゆる「電柱」と呼ばれる前線でパスのターゲットとなるポストプレイヤーのことだ。

引いた相手DFの裏にはスペースがあまり無く、ボランチDFラインの前方をカバーしているのでシュートエリアに侵入できない。

本来、ここで日本は本田のような俺様プレーで強引に相手に仕掛ける事で敵DFをかき乱すのだが、本田が不在であるためその役目を長谷部がやる事となった。

長谷部の強引なドリブルで何度もチャンスを作ったが、決定打にはならなかった。

しかし、ここで日本はマイクを出した事で、やっとターゲットが見つかりいい流れとなる。

あとは押せ押せムードとなり何とか勝利。

あまり遠藤も効いておらず、駒野の左サイド起用も微妙で課題が残る試合だった。


つぎになでしこJAPAN。

五輪アジア最終予選 韓国1-2日本(中国オリンピック・スポーツセンター)

こちらも後半は韓国に押されっぱなしとなり、守備で手一杯の状況となった。
それを象徴するように後半のシュート数はゼロ。

韓国は上手くパスを回してゲームを支配。
本来日本がやりたい事を韓国にやられた感じ。

こうなるとズルズルディフェンスラインは下がってしまい、間延びした悪い形となってしまう。

中盤にぽっかりとスペースが出来てしまい、面白いようにパスを回され、セカンドボールも拾われて成す術なし。

まぁ、これだけ引いてしまえば韓国といえども簡単には得点出来ないとは思うけど、日本は体力的にかなりきつかった。

休み無くボールを追いかけているので消耗は激しいだろう。

それでも韓国に得点させず、勝ち点3を取ったのは大きい。
何だかんだで勝つ事がなにより大事なのだから。


最後にコンサドーレ札幌。

第4節 水戸ホーリーホック1-2コンサドーレ札幌。

札幌のシュート数5本に対して水戸は17本。

普通、どう考えても札幌が勝てるとは思えない数字だけど、これが勝っちゃう所がサッカーの怖いところ。

ジオゴが加入して明らかに札幌はいい感じだ。

理由は日本代表のところでも説明しているけど「電柱」がいるから。

札幌もパスサッカーを目指しているけど、精度が低くパススピードも無い札幌のサッカーははっきり言って、現実離れした理想だけを追求したサッカーだった。

しかし、ジオゴが加入した事で様々なオプションが出来たのが大きい。

近藤のごりごりサッカーも生きてくる。

ただし、ポゼッションサッカー=ゲーム支配率上昇が目標であるのに、基本的には支配されている状況というのがまだまだ改善しなきゃならない点。

とにかく判断を早く、パススピードを上げる事を意識して欲しい。

もちろんそれを上手くトラップする技術も上げる必要がある。

次節もしっかり勝ってトップ集団に喰らいつきたい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

latumofis

Author:latumofis
プロフィール

SAバナー



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。